法律時報 編集部ブログ 今月の最新記事

 

jihoubanner01a.JPG

《法律時報》とは
時事法律解説をはじめ、中堅法律家のライフワークともいえる研究論文発表の場として定評のある唯一の専門誌。創業以来、「市民のための法律学」の立場に立ち、問題提起を行ってきた。最新の法律問題、判例情報にも素早く対応しつつ、理論的に深みのある本格的な分析を行う。特集は、学会のオピニオンリーダーとなっている。

◆2018年10月号 家族への公的介入<好評発売中!>

家族内の弱者を支援せず、ただ自己責任をとらせるという日本家族法の特徴は、家族に対するこの国の諸政策に一貫して現れていないだろうか。民法だけにとどまらず、複眼的に考察する。

 
<特集 「家族への公的介入」より>

◆家族への公的介入――企画の趣旨

1 家族間の多様化:相続法改正の論点 本年7月に国会で成立した相続法改正は、最高裁大法廷の非嫡出子相続分違憲決定を契機とする … (本誌より抜粋/本文内容一部参照できます!

 
 

—— 2018年10月号目次——

◇特集=家族への公的介入

家族への公的介入――企画の趣旨 … 水野紀子
家族への法的介入と憲法――夫婦同氏強制を素材として
蟻川恒正
婚姻への公的介入 … 森山浩江
親子関係と公的介入――生殖補助医療の立法に向けて
木村敦子
家事事件手続における諸問題 … 今津綾子
児童虐待への国家介入――分析的考察 … 横田光平
精神保健福祉法に基づく非自発的入院における本人と家族
太田匡彦
社会主義国家ソ連と家族――法による自由、援助、介入
河本和子
死と臓器移植への公的介入 … 米村滋人

 

▼小特集 景表法の実現方法の多様性

企画趣旨 … 根岸 哲
景表法の実現方法の多様性と違反要件論 … 白石忠志
表示に際しての「確認」に関する考察 … 古川昌平
景表法の実現方法の多様性――独禁法の視点から … 泉水文雄
 
【新連載】 中間総括・刑事司法改革・1-1
企画趣旨 … 川崎英明・後藤 昭・白取祐司
裁判員制度――その現状と課題 … 川崎英明
 
【連載】
 憲法の規整力・2-1
憲法典のデザイン――「簡潔・厳格」モデルの意義と限界 … 山本龍彦
憲法秩序の変動と解釈の担い手――浦和事件と「憲法争議」 … 出口雄一
 
【連載】
 原発問題から検証する公法理論・8-1
わが国における原子力災害対策について(上) … 小澤久仁男
 
【連載】
 拐取罪を巡る比較法的・沿革的分析・8-1
スイス刑法における未成年の子の奪い合いを巡る議論状況(上) … 深町晋也
 
 
リアリティを失った日本の死刑【法律時評】 … 浜井浩一

◆2018年9月号 国際刑事法の現在<好評発売中!>

国際社会の中で発展してきた国際刑事法に焦点をあて、その実務を担う国際刑事裁判所(ICC)の現状と、法規範の理論的な発達を確認することで、将来を展望する。

 
<特集 「国際刑事法の現在」より>

◆国際刑事法の現在――企画趣旨及び解題

1 本特集は、2つの意味で2017年9月号「『国際立法』の現在――国連国際法委員会創立70年を契機に考える」の継続企画である … (本誌より抜粋/本文内容一部参照できます!

 

—— 2018年9月号目次——

 

◇特集=国際刑事法の現在

国際刑事法の現在――企画趣旨及び解題 … 寺谷広司
国際刑事裁判所の現在 … 尾崎久仁子
国際刑事裁判所における証拠法――各国の証拠法との比較分析 … 成瀬 剛
国際刑事裁判所の新たな課題――侵略犯罪に関する公判について … 洪 恵子
人道に対する犯罪の法典化の系譜 … 竹村仁美
混合法廷 … 野口元郎
国際司法裁判所と国際刑事裁判所――手続的観点からみた協働と補完 … 石塚智佐
国家の刑事管轄権 … 竹内真理
政府職員の外国の刑事管轄権からの免除 … 坂巻静佳
国際経済法と経済活動に対する刑事的規律 … 石井由梨佳
人権の国際保障における刑事的規律
――国際人権法と国際刑事法の構造的同一性と展開の諸態様 … 寺谷広司

 
 

■特別企画 市民社会と市民法を論ずる

 
企画の趣旨説明にかえて
楜澤能生
社会構成原理としてのcivilと法の基本思想としてのcivil
吉田克己
覚書:グローバル化時代における『市民社会』志向の憲法学の構築に向けて
山元 一
人権宣言におけるdroit概念再考
水林 彪
 
【連載】 憲法の規整力1-2
[ディスカッション]「世論」と「立憲主義」をめぐって … 「憲法の規整力」研究会
 
【連載】 原発問題から検証する公法理論7-2
自治体の関与の正統性と法的根拠(下)――安全規制への周辺自治体の関与を中心に … 中嶋直木
 
【連載】 拐取罪を巡る比較法的・沿革的分析
フランス刑法における未成年者の奪い合いを巡る議論状況
佐藤結美

【連載】【債権法判例の行方】
定型約款 … 宮下修一
 
子の引渡しの強制執行と民事執行法の改正【法律時評】 … 棚村政行
 
袴田事件・確定判決からの50年を問う
――東京高裁平成30年6月11日決定【判例時評】 … 水谷規男

◆判例回顧と展望 2017年度版(法律時報臨時増刊)

≪2018年5月下旬 発売≫

2017年度に文献掲載された重要判例を法分野別に整理し、その意義と位置づけを簡潔明快にコメント。毎年好評の判例特集号最新版。

——  目次 ——

憲法/松原光宏・阿部純子・石田若菜・太田航平・土屋武
行政法/岡田正則・田村達久・加藤祐子・宮尾亮甫
刑法/本庄武・野澤充・中村悠人
民法/末川民事法研究会=野口大作・山田到史子・舩越優子・古川瓔子
商法/和田宗久・白石智則・菊田秀雄・内田千秋・尾形祥
労働法/浜村彰・沼田雅之・細川良・根岸忠
民訴法/川嶋四郎・池田愛・石橋英典・渡邉和道・山中稚菜
刑訴法/石田倫識・服部朗
経済法/渡辺昭成
判例索引

◆法律時報増刊

◇戦後日本憲法学70年の軌跡
 

法律時報編集部 編 ≪2017年5月≫
定価:本体価格 2,200円+税

施行から70年を迎える日本国憲法。この節目に、2017年の現在を見据えた泰斗の議論を確かめ、憲法学の蓄積を描き出す。

◆ご購入・詳細は こちら からどうぞ。

  

◇改憲を問う――民主主義法学からの視座
 

民主主義科学者協会法律部会 編 ≪2014年11月≫
定価:本体価格 2,700円+税

安倍政権のめざす新自由主義政策と改憲構想を法学者が総力をあげて徹底批判。民主主義法学の立場から現政権への対抗軸を打ち出す。

◆ご購入・詳細は こちら からどうぞ。

  

◇「憲法改正論」を論ずる
 

法律時報編集部 編 ≪2013年8月≫
定価:税込み 2,900円(本体価格 2,762円)

安倍政権下で進行している「憲法改正」論に警鐘を鳴らし、理論的な対抗軸を示す。憲法学はもとより、隣接領域や諸外国からの知見をも盛り込む。

◆ご購入・詳細は こちら からどうぞ。

  
 
◇国公法事件上告審と最高裁判所
 

法律時報編集部 編 ≪2011年12月≫
定価:税込み 2,900円(本体価格 2,762円)

東京高裁で結論が分かれ、現在最高裁大法廷に係属している2事件。猿払事件大法廷判決が変更されるかどうか注目の中、検討する。

◆ご購入・詳細は こちら からどうぞ。

  

◇安保改定50年――軍事同盟のない世界へ
 
anpo50.jpg

民主主義科学者協会法律部会 編 ≪2010年5月≫
定価:税込み 2,900円(本体価格 2,762円)

安保改定から50年目の本年、安保体制の歴史を総括し、その克服の展望を探る。
キーワードは「軍事同盟のない世界へ」。

◆ご購入・詳細は こちら からどうぞ。

  

◇民法改正 国民・法曹・学界有志案●仮案の提示
 
minkai.JPG

民法改正研究会(代表・加藤雅信) 編 ≪2009年10月≫
定価:税込み 2,700円(本体価格 2,571円)

法制審議会での民法改正作業に向けて、民法改正研究会が広く学界・法曹界に意見を聞いてまとめた民法改正試案(仮案)を提示。

◆ご購入・詳細は こちら からどうぞ。

◆法律時報 論文投稿・審査規程