経済セミナー 編集部ブログ 今月の最新記事

「経済論文の書き方[はじめの一歩編]」ガイダンス(2021.07.24)

特集「経済論文の書き方[はじめの一歩編]」でお送りする『経済セミナー』2021年8・9月号、
2021年7月27日発売です!【リンク】

今回の特集は、「座談会」と3本の記事で構成されています。

巻頭の座談会は、「論文の書き方はどう教えている?」と題して、以下のバラエティに富んだ4名の先生方にお集まりいただき、

【座談会登壇者(敬称略)】
中室牧子
(慶應義塾大学総合政策学部)
平賀一希(名古屋市立大学経済学部)
室岡健志(大阪大学大学院国際公共政策研究科)
森知晴(立命館大学総合心理学部)

それぞれの指導経験をふまえて、4つのトピックに分けてディスカッションをいただきました。

【座談会のテーマ】
.リサーチクエスチョンのみつけ方
.先行研究の探し方、読み方
.アカデミック・ライティングの心構え
.論文の内容を伝えるコツ

続いて、以下の3本の記事を収録しています。こちらでは、座談会で触れた内容をさらに詳しく掘り下げ、具体的な分析事例や論文のテーマを紹介しつつ、より実践的な解説を行います。

【タイトル、執筆者(敬称略)】
小原美紀
(大阪大学大学院国際公共政策研究科)
 統計分析で論文を書くための手順とコツ
萩原里紗(明海大学経済学部)
 独自性のある経済論文を書くコツ
本田圭市郎(熊本県立大学総合管理学部)
 経済論文執筆の「はじめの二歩目」と具体例

小原先生の記事では、データに基づいた分析を進め、論文を書くための基本的なステップを丁寧に解説していきます。
萩原先生の記事では、実際の論文テーマやデータの入手方法などを詳しく紹介しています。
そして、本田先生の記事は、どうやって先行研究を活用するか、自分のオリジナリティはどう出すかなどなど、少し進んだポイント(二歩目!)をレクチャーします。

以下の「経済セミナー編集部note」にて、特集の内容と参考資料やウェブサイト、参考文献をリンク付きで紹介していますので、ぜひご覧ください!!

作法を知れば、論文執筆はこわくない!:経済論文の書き方[はじめの一歩編]付録【リンク】

 

訂正のお知らせ:(連載)室岡健志「行動経済学」(2021/05/12)

訂正のお知らせを申し上げます。

『経済セミナー』にて現在連載中の、

室岡健志「行動経済学」

につきまして、連載第2回(2019年12月・2020年1月号掲載)の ⑵ 式、第3回(2020年2・3月号掲載)の第3節に誤りがございました。

  • 訂正情報を本連載サポートサイトで公開しています(リンク)。
  • 正誤表への直リンクは【こちら】です(PDFが開きます)。

ご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。お詫びして訂正いたします。

連載・休載のお知らせ:経セミ2021年6・7月号(2021/05/12)

『経済セミナー』2021年6・7月号での休載のお知らせです。

現在連載中の

は、今号は都合により休載とさせていただきます。読者の皆さまには深く御詫び申し上げます。

いずれも、2021年8・9月号にて再開予定です。ぜひご期待ください。

「毎月勤労統計調査の『不正』に対する反論 」参考資料:経セミ2021年4・5月号掲載(21/04/20)

『経済セミナー』2021年4・5月号に掲載させていただきました、高原正之「毎月勤労統計調査の『不正』に対する反論 」につきまして、関連する資料を高原先生よりご提供いただきましたので、本ページにて参考資料として公開させていただきます。本誌とあわせてご覧いただけましたら幸いです。

  1. 総務大臣宛、厚生労働省からの申請文書「毎月勤労統計調査に係る統計法第7条第2項の規定による承認事項の変更について(申請)」(平成14年9月6年)【PDFをダウンロード】

  2. 厚生労働大臣宛、総務省からの承認文書「毎月勤労統計調査に係る統計法第7条第2項の規定による承認事項の変更について(通知)」(平成14年9月18日)【PDFをダウンロード】

  3. 旧統計法【PDFをダウンロード】
    公開する文書が作られた時代の統計法です。改正されていますので、文書に記載されている関連条文を確認したい方は、現在の統計法ではなく、こちらをご覧いただく必要があります(関係するのは第7条第1、2項)。【現時点のリンク】

  4. 「行政文書不開示決定通知書」(総務大臣開示、500人以上承認関係)【PDFをダウンロード】
    高原先生が、「500人以上事業所については全数調査することが、2004年時点において旧統計法第7条1項の承認を得た事項であったか」を確認できる文書の開示請求を行った際の回答。結果は「開示しない」。その理由は「いずれの請求対象文書も作成又は取得しておらず、当該文書を保有していないため」。
  5. 総務大臣宛、厚生労働省からの申請文書「基幹統計調査の変更について」(平成28年10月27年)【PDFをダウンロード】

  6. 厚生労働大臣宛、総務省からの承認文書「基幹統計調査の承認について」(平成29年2月13日)【PDFをダウンロード】

経セミ・ウェブ付録を随時更新中(2020/01/31)

『経済セミナー』では、各連載の補足情報や資料を、
特設ウェブサイトで随時更新中です。

 

■現在連載中の記事のウェブ付録はこちら!

室岡健志「行動経済学 人の心理を組み入れた理論」(2019年10・11月号~連載中)【付録へのリンク

各回の内容に関連する文献を毎回紹介していきます。理論、実証、応用、サーベイ論文などさまざまな文献を紹介しますので、ぜひご覧ください。

林良平・佐々木俊一郎・川越敏司「体験して学ぶ経済学:教室実験のすすめ」(2020年4・5月号~連載中)【付録へのリンク

各回の実験サポートを提供します(実験ツール、記録用紙、補足説明など)。その他、本連載に関するお役立ち情報をたくさんお届けします。

石原章史・伊藤秀史「関係的契約の経済学:長期継続的関係が支える自己規律のメカニズム」(2020年8・9月号~継続中)【付録へのリンク

各回の内容に関連する詳細情報やテクニカルな部分の補足説明の提供、参考文献などの紹介を行っていきます。

仲田泰祐「ゼロ金利制約下の金融政策:FRBの政策運営」(2020年12月・2021年1月号~継続中)付録へのリンク

各回の補足説明や理論の詳細解説、分析コードの提供(MATLAB、Dynare)、演習問題の解説・解答など、さまざまな情報を提供しています。


■過去の連載のウェブ付録

直近では以下の連載のウェブ付録も提供していました。

北尾早霧・砂川武貴・山田知明「定量的マクロ経済学と数値計算」(2018年12月・2019年1月号~2020年2・3月号連載)【付録へのリンク

本誌内の分析等を再現するためのコードがアップされています(MATLAB、Python、Juliaなど)。

青柳恵太郎・小林庸平「EBPMの思考法 やってみようランダム化比較試験!」(2019年4・5月号~2020年8・9月号連載)【付録へのリンク】 【連載まとめ記事へのリンク

本誌の各トピックに対する演習問題を掲載しています。補足説明や問題の解説も提供します。

日本評論社・教科書目録2021年度版、公開!(2020/12/18)

EpbMlv9U0AAeTRX

日本評論社「教科書・参考書目録2021年度版」が完成しました!

このページでは、2021年度版の教科書・参考書目録をPDF形式でダウンロードいただけます。

「経済」「法律」「数学・自然科学」に分けて、それぞれご覧いただけます。定番・イチオシの教科書はもちろん、注目の新刊までご紹介。ぜひご覧ください!!

■ 経済【こちら

2021_toc_econ

■ 法律【こちら

  2021_toc_law

 

■ 数学・自然科学【こちら

 2021_toc_math

オンラインで読める「経セミ」(2020/0919)

オンライン上でご覧頂ける『経セミ』関連記事を、以下のサイトでまとめてご案内中!

https://sites.google.com/view/keisemi-online/

主なコンテンツや以下です。ぜひご覧ください!!

  • 海外論文SURVEY (新刊、バックナンバーから随時公開中)【リンク】

  • 経セミインタビュー記事(巻頭インタビューのロング版を公開) 【リンク】

  • 経セミウェブ付録(特集、連載の補足情報など) 【リンク】

  • 過去に掲載した「書評」「新刊紹介」記事を公開【リンク】

  • 経セミ「note」もやってます!【リンク】

  • 『経セミe-book』のご案内!【リンク】

小島武仁・特別インタビュー「経済学の社会実装を目指して」(2020/09/10)

2020年9月に、スタンフォード大学から東京大学へ移籍された小島武仁先生。2021年度・日本経済学会中原賞の受賞も決まりましたね!

経セミ編集部では、そんな小島先生に、去る2020年7月15日にインタビューを実施していました。

その記事は2020年10・11月号に掲載されますが、先行して、抜粋・再編集したバージョンをお試しで、【こちら】(経セミnote)からご覧いただけるように公開しました。以下のテーマに沿って、熱く語って頂きましたので、ぜひご覧ください!

(1) 小島先生の研究テーマであるマッチング理論とその社会実装
(2) 経済学の社会実装について小島先生が感じたアメリカと日本の違い
(3) 経済学を積極的に伝えていくことへの抱負
(4) 日本に帰ってからの活動予定(東大マーケットデザインセンター始動)

連載「EBPMの思考法」を振り返る!(2020/09/10)

『経済セミナー』2019年4・5月号から2020年8・9月号まで、計9回にわたって掲載した連載:

青柳恵太郎・小林庸平「EBPMの思考法 やってみようランダム化比較試験!」

の内容をざざっと振り返る記事を作成しました。

【こちら】(経セミnote)からご覧いただけます!

隔月誌で1年以上の連載でしたので、過去の内容など、もしかしたら振り返りにくい面があるかもしれません。ぜひ今回の投稿を参考に、この連載をお手に取っていただけたら幸いです!

【お詫びと訂正】経済セミナー2020年8・9月号(2020/07/28)

『経済セミナー』2020年8・9月号に訂正がございます。

本誌特集「 経済論文の書き方[実証編]」
赤井伸郎×千田亮吉「【対談】ISFJの活動から見る 経済論文を書くコツ」(11ページ)
に掲載されている表「過去10年間のISFJ最優秀賞受賞論文」の中で、

2014年度、「マンションの多数決議要件の緩和 :首都直下型地震をモデルケースに」 中央大学・横山彰研究会

が掲載されていますが、正しくは、この年度は「最優秀賞」ではなく、「特別優秀賞」であり、下記のダブル受賞でした。

2014年度(特別優秀賞)
「マンションの多数決議要件の緩和 :首都直下型地震をモデルケースに」 中央大学・横山彰研究会
「マダガスカルにおける稲作技術:確率的フロンティア分析を用いたPAPRIZの非効率性の分析」関西学院大学・栗田匡相研究会

読者の皆様、関係者の皆様に深くお詫びして、訂正いたします。