雑誌詳細:経済セミナー  2016年8・9月号

2016年8・9月号 通巻 691号

  • 紙の書籍
奇数月27日発売
[特集1]
物価はどう決まるのか
定価:税込 1,490円(本体価格 1,380円)
在庫あり
発刊年月
2016.07
雑誌コード
03545
判型
B5判
ページ数
120ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

昨今、物価についての関心が高まっている。そもそも「物価」とは、何を表しているのか。どうやって計測されるのか。意外と知らないことの多い「物価」を多角的に考察する。

特集:物価はどう決まるのか
【対談】阿部修人×有賀 健「ミクロからみる物価とマクロ経済学」
・戦後の物価史・・・白塚重典
・物価指数とは何だろうか・・・菅 幹雄
・物価指数をどのように創り上げるか・・・清水千弘、アーウィン・ディワート
・為替レートのパススルー・・・塩路悦郎

トピックス:
TOPICS I  消費税再増税の延期は正しいか?・・・佐藤主光
TOPICS II 日本の公会計と政府債務累積(上)──公会計の仕組み・・・土居丈朗

|連載|
◇【インタビュー】女性経済学者を訪ねて Vol.39
 実務の問題意識から研究者に──清水順子さん

◇ミクロ経済学の力をつけよう!Vol.3・・・神取道宏
 音楽は、ただでダウンロードできるようにしたほうがいい?

◇ビッグデータ統計解析入門 経済学部で学ばない統計学 Vol.3・・・照井伸彦
 データマイニングと機械学習(I)

◇公共政策入門 経済学的アプローチ Vol.6・・・伊藤隆敏
 独占、談合、ゲーム

◇オークションとマーケットデザイン Vol.20・・・松島 斉
 マーケットデザインとニッポン

◇経済学説史 経済理論誕生の経緯をたどる Vol.3・・・野原慎司
 古典派経済学の展開(リカードウ、マルサス)

◇海外論文SURVEY Vol.62・・・市橋翔太
 頑健性と線形契約

◇海外論文SURVEY Vol.63・・・明坂弥香
 夫婦の労働供給は補完的なのか?:労働時間短縮の波及効果を考える

◇学会・研究会レビュー Vol.13・・・小峯 敦・石田教子
 経済学史学会第80回大会を振り返って

学会・研究会案内 COMING SOON

書評
新刊書案内
ECONO FORUM

2016年10・11月号(2016年9月27日発売) 本体1380円+税

マイナス金利政策と日本経済

マイナス金利は日本経済にどのような影響を及ぼすのだろうか。この政策の意味と効果を考える。

【対談】翁 邦雄×北村行伸「マイナス金利付き量的・質的金融緩和を問いなおす」
・マイナス金利のマクロ経済学──なぜ金利をマイナスに下げるのか・・・福田慎一 
・マイナス金利付き量的・質的緩和の波及経路・・・細野 薫 
・マイナス金利と財政──金融緩和の財政コストとは・・・深尾光洋 
・量的・質的金融緩和と日本経済──黒田緩和からの3年間をたどる・・・得田雅章 
・金融政策における国際協調では何が問題となるのか・・・加藤 出