雑誌詳細:経済セミナー  2018年4・5月号

2018年4・5月号 通巻 701号

  • 紙の書籍
奇数月27日発売
[特集1]
経済学のリテラシーを高めよう
定価:税込 1,490円(本体価格 1,380円)
在庫あり
発刊年月
2018.03
雑誌コード
03545
判型
B5判
ページ数
112ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

経済学を過去に学んだことのある社会人、経済学をこれから学ぶ大学1年生を対象として、経済学を学ぶ意義などを解説する。

特集:経済学のリテラシーを高めよう

【対談】大竹文雄×小巻泰之
 「知れば得する経済学」

●ミクロ経済学
 「需要曲線と供給曲線の交点で価格は決まる」なんて言われてもピンとこなかった人たちへ・・・市野泰和
●マクロ経済学・金融政策論
 日本銀行の金融政策——その効果と限界・・・寺西勇生
●労働経済学
 就職活動の仕組み——「情報の非対称性」をいかに解消するか・・・安藤至大
●環境経済学
 環境問題を経済学で解決——排出量取引って何?・・・有村俊秀
●開発経済学
 MDGsからSDGsへ——理想主義から一国中心主義へ・・・山形辰史
●法と経済学
 法律は経済にどんな影響を与えるのか・・・柳川範之
 ●経済史学
 江戸時代日本の経済分析からみえる経済史学の可能性・・・高槻泰郎
●社会保障・実証分析
 福祉国家と社会保障の実証分析——日本についての研究を中心に・・・安藤道人

|新連載|
◇長期的関係の理論を学ぶ 新・繰り返しゲームの世界 vol.1・・・関口 格
 繰り返しゲームいろいろ

◇流通経済論 経済の暗黒大陸に光をあてる vol.1・・・野口智雄
 流通の過去と現在

◇ベイズ計量経済学へのいざない 入門から実践へ vol.1・・・大森裕浩・渡部敏明
 データを使って学習する

|連載|
◇【インタビュー】この人を訪ねてvol.7
 松島 斉さん「ゲーム理論のサポーターを増やしたい」

◇マッチング・マーケットデザイン講義 vol.6・・・小島武仁/河田陽向(訳・編集)
 実際に確率的に割り当てる方法を考える

◇指数理論への招待 vol.4・・・阿部修人
 CES型効用関数とSato-Vartia指数

◇海外論文SURVEY vol.75・・・野田俊也
 信用なき主催者は、いかにして信頼できる入札を開催するべきか?

◇学会・研究会レビュー vol.23・・・岡田克彦・依田高典
 行動経済学会のあゆみと第11回大会について

学会・研究会案内 COMING SOON

|書評|
『正規の世界・非正規の世界』慶應義塾出版会
神林龍/著 評者:近藤絢子

『Economics of Pessimism and Optimism』Springer
西村清彦+尾崎裕之/著 評者:小井田伸雄

『働き方の男女不平等』日本経済新聞出版社
山口一男/著 評者:石塚浩美

新刊書紹介
ECONO FORUM

2018年6・7月号(2018年5月26日発売)本体1380円+税

特集=賃金の決まり方を経済学で考える(仮)

「人手不足なのに賃金が上がらない」「同一労働でも正規雇用者と非正規雇用者での賃金に差がある」など、賃金をめぐる問題が近年注目を集めている。そもそも賃金とはどのようにして決まるのか。経済学での扱い方を解説することからはじめ、現実との相違点などを明らかにしていく。

◎対談
清田耕造×近藤絢子
『産業構造の変化・グローバル化と賃金の動向(仮題)』