• 法律時報
  • 法学セミナー
  • 新基本法コンメンタール
  • 数学セミナー
  • 経済セミナー
  • こころの科学
  • そだちの科学
  • 統合失調の広場

新着情報

  • 全て
  • 大事なお知らせ
  • 新刊情報
  • メディア掲載
  • イベント情報
  • 書店さまへ
2018.02.18

【書評】2/18付読売新聞で『ゲーム理論はアート』紹介

180218yomiuri-game-w

本日2/18付読売新聞・読書面(本よみうり堂)で、松島 斉著『ゲーム理論はアート——社会のしくみを思いつくための繊細な哲学』を紹介していただきました。

「社会事象の「なぜ」説明」

「…著者がゲーム理論を使って、さまざまな事象の「なぜ」を語っていく。語る対象はバブルや差別から、サッカーやテロ対策まで多岐にわたる。」
「…ゲーム理論の標準的な入門書ではないが、ここから垣間見える学問世界は豊穣だ。」
評者は坂井豊貴・慶應大学教授です。ありがとうございます。

2018.02.17

【新刊】日本評論社 創業100年 記念出版『法学入門』『嘘の効用』末弘厳太郎著作 本日発売!

『[新装版]法学入門』書影『[新装版]法学入門』
(末弘厳太郎/著)
法を学ぶ者の心得を、軽妙な語り口で説く法学入門書の決定版。

 


『[新装版]嘘の効用』書影『[新装版]嘘の効用』
(末弘厳太郎/著)
法学に内在する様々な根本問題を平易に、しかし鋭く解説した名著。
2018.02.16

シリーズ『ゼータの現在』刊行記念講演&サイン会@書泉グランデのお知らせ

zeta1_shoei-w

2018年、おかげさまで弊社は創業100年を迎えます。
弊社の創業100年記念出版として、シリーズ『ゼータの現在』(全6巻)を、この2月から刊行いたします。第1巻「ゼータへの招待」は2月22日発売予定です。

本シリーズの刊行を記念して、2月21日(水)に、書泉グランデにて、シリーズの編者である黒川信重・東京工業大学名誉教授、小山信也・東洋大学、田口雄一郎・東京工業大学名誉教授の講演&サイン会を開催します。
3氏が一堂に集まり、ゼータの魅力を伝えます。

・会場:書泉グランデ(東京・神保町店)
・日時:2018年2月21日(水)19:00〜20:30 開場18:45

・参加費:500円

・参加方法:書泉グランデ4階レジにてお申込下さい。

また、お申込は書泉グランデ様「お問い合わせ」のページから、イベント名【ゼータの現在】、お名前、電話番号を明記し、お申込み下さい。

電話によるご予約も承ります。

詳しくは書泉グランデ様のページをご覧下さい。

皆さまのお越しをお待ちしています。

【新刊】『資本主義の運動法則と定常社会』本日発売!

『資本主義の運動法則と定常社会』書影本日2月16日刊行です。
『資本主義の運動法則と定常社会』
(北村豊幸/著)
金融恐慌から社会・人間の集団的・心理的パニックまで扱う統一理論に基づき、成長神話の終焉と文化優先の定常社会への変革を提唱。
2018.02.15

2/15付朝日新聞「ひと」欄に『精神科医療の隔離・身体拘束』長谷川利夫教授登場

180215asahi-hasegawa-w今朝2/15付朝日新聞「ひと」欄に、「精神科医療の身体拘束を考える会」代表の長谷川利夫・杏林大学教授が登場しています。会の発足から7か月経ち、寄せられた相談は100件を超えたとのことです。(文:大久保真紀記者 写真:山本和夫記者)
弊社からの著書『精神科医療の隔離・身体拘束』では、自ら拘束具をつけて縛られる体験も記しています。ぜひご一読下さい。

2018.02.18

【書評】2/18付読売新聞で『ゲーム理論はアート』紹介

180218yomiuri-game-w

本日2/18付読売新聞・読書面(本よみうり堂)で、松島 斉著『ゲーム理論はアート——社会のしくみを思いつくための繊細な哲学』を紹介していただきました。

「社会事象の「なぜ」説明」

「…著者がゲーム理論を使って、さまざまな事象の「なぜ」を語っていく。語る対象はバブルや差別から、サッカーやテロ対策まで多岐にわたる。」
「…ゲーム理論の標準的な入門書ではないが、ここから垣間見える学問世界は豊穣だ。」
評者は坂井豊貴・慶應大学教授です。ありがとうございます。

2018.02.16

シリーズ『ゼータの現在』刊行記念講演&サイン会@書泉グランデのお知らせ

zeta1_shoei-w

2018年、おかげさまで弊社は創業100年を迎えます。
弊社の創業100年記念出版として、シリーズ『ゼータの現在』(全6巻)を、この2月から刊行いたします。第1巻「ゼータへの招待」は2月22日発売予定です。

本シリーズの刊行を記念して、2月21日(水)に、書泉グランデにて、シリーズの編者である黒川信重・東京工業大学名誉教授、小山信也・東洋大学、田口雄一郎・東京工業大学名誉教授の講演&サイン会を開催します。
3氏が一堂に集まり、ゼータの魅力を伝えます。

・会場:書泉グランデ(東京・神保町店)
・日時:2018年2月21日(水)19:00〜20:30 開場18:45

・参加費:500円

・参加方法:書泉グランデ4階レジにてお申込下さい。

また、お申込は書泉グランデ様「お問い合わせ」のページから、イベント名【ゼータの現在】、お名前、電話番号を明記し、お申込み下さい。

電話によるご予約も承ります。

詳しくは書泉グランデ様のページをご覧下さい。

皆さまのお越しをお待ちしています。

【新刊】『資本主義の運動法則と定常社会』本日発売!

『資本主義の運動法則と定常社会』書影本日2月16日刊行です。
『資本主義の運動法則と定常社会』
(北村豊幸/著)
金融恐慌から社会・人間の集団的・心理的パニックまで扱う統一理論に基づき、成長神話の終焉と文化優先の定常社会への変革を提唱。
2018.02.15

2/15付朝日新聞「ひと」欄に『精神科医療の隔離・身体拘束』長谷川利夫教授登場

180215asahi-hasegawa-w今朝2/15付朝日新聞「ひと」欄に、「精神科医療の身体拘束を考える会」代表の長谷川利夫・杏林大学教授が登場しています。会の発足から7か月経ち、寄せられた相談は100件を超えたとのことです。(文:大久保真紀記者 写真:山本和夫記者)
弊社からの著書『精神科医療の隔離・身体拘束』では、自ら拘束具をつけて縛られる体験も記しています。ぜひご一読下さい。

2018.02.13

【新刊】『国際連合──その役割と機能』『労働力不足の経済学──日本経済はどう変わるか』本日発売!

『国際連合──その役割と機能』書影『国際連合──その役割と機能』
(植木安弘/著)
・・・世界じゅうの人々の命や尊厳に影響を与える〝国連〟・・・
仕組み、役割、機能について国連憲章に沿って解説する入門書の決定版。最新のトピックスを随所に掲載、組織の内実に迫る!

 


『労働力不足の経済学』書影『労働力不足の経済学──日本経済はどう変わるか』
(小崎敏男/著)
現在の労働力不足の真因は、少子高齢化・人口減少による生産年齢人口の減少にある。労働市場にどんな影響をもたらしているのか。
2018.02.16

【新刊】『資本主義の運動法則と定常社会』本日発売!

『資本主義の運動法則と定常社会』書影本日2月16日刊行です。
『資本主義の運動法則と定常社会』
(北村豊幸/著)
金融恐慌から社会・人間の集団的・心理的パニックまで扱う統一理論に基づき、成長神話の終焉と文化優先の定常社会への変革を提唱。
2018.02.13

【新刊】『国際連合──その役割と機能』『労働力不足の経済学──日本経済はどう変わるか』本日発売!

『国際連合──その役割と機能』書影『国際連合──その役割と機能』
(植木安弘/著)
・・・世界じゅうの人々の命や尊厳に影響を与える〝国連〟・・・
仕組み、役割、機能について国連憲章に沿って解説する入門書の決定版。最新のトピックスを随所に掲載、組織の内実に迫る!

 


『労働力不足の経済学』書影『労働力不足の経済学──日本経済はどう変わるか』
(小崎敏男/著)
現在の労働力不足の真因は、少子高齢化・人口減少による生産年齢人口の減少にある。労働市場にどんな影響をもたらしているのか。
2018.02.10

【新刊】『法学セミナー』『数学セミナー』2018年3月号、本日発売!

『法学セミナー』3月号書影『法学セミナー』2018年3月号
特集=最高裁判決2017——弁護士が語る

2017年の最高裁判決について、事件を担当した弁護士が語る恒例の好評企画。原告との出会い、証拠の収集、裁判のなかでの戦略、訴訟の中での想いなど、弁護士のリアルな活躍を描く実録記。

 


『数学セミナー』3月号書影『数学セミナー』2018年3月号
特集=フーリエ解析ことはじめ

数学のみならず、物理学や工学の授業でも登場し、応用上も重要な「フーリエ解析」。今回は、その歴史と基礎、さらに使われ方までを紹介する。

【新刊】『マンガでわかる家族療法──親子のカウンセリング編』本日発売!

『マンガでわかる家族療法』書影本日2月10日刊行しました。
『マンガでわかる家族療法──親子のカウンセリング編』

(東 豊/著、武長 藍/漫画)
子どもの不登校、非行…そんな悩みを、家族の関係変化により解決する家族療法。その多彩な事例がマンガで手に取るようにわかる!
2018.01.29

『少年法適用年齢引き下げは何をもたらすか』本日発売!

「少年法適用年齢引き下げは何をもたらすか」書影

『少年法適用年齢引き下げは何をもたらすか』(新・総合特集シリーズ10 別冊法学セミナー)
刑事司法及び少年司法に関する教育・学術研究推進センター/編 本日発売!

少年法実務の拠って立つ理念である少年の健全育成を守る立場で実務関係者が一致して、少年法の適用年齢引き下げ問題を論じる。
詳細はこちら

2018.02.18

【書評】2/18付読売新聞で『ゲーム理論はアート』紹介

180218yomiuri-game-w

本日2/18付読売新聞・読書面(本よみうり堂)で、松島 斉著『ゲーム理論はアート——社会のしくみを思いつくための繊細な哲学』を紹介していただきました。

「社会事象の「なぜ」説明」

「…著者がゲーム理論を使って、さまざまな事象の「なぜ」を語っていく。語る対象はバブルや差別から、サッカーやテロ対策まで多岐にわたる。」
「…ゲーム理論の標準的な入門書ではないが、ここから垣間見える学問世界は豊穣だ。」
評者は坂井豊貴・慶應大学教授です。ありがとうございます。

2018.02.15

2/15付朝日新聞「ひと」欄に『精神科医療の隔離・身体拘束』長谷川利夫教授登場

180215asahi-hasegawa-w今朝2/15付朝日新聞「ひと」欄に、「精神科医療の身体拘束を考える会」代表の長谷川利夫・杏林大学教授が登場しています。会の発足から7か月経ち、寄せられた相談は100件を超えたとのことです。(文:大久保真紀記者 写真:山本和夫記者)
弊社からの著書『精神科医療の隔離・身体拘束』では、自ら拘束具をつけて縛られる体験も記しています。ぜひご一読下さい。

2018.01.09

【書評】1/6付日本経済新聞で『貧しい人を助ける理由』紹介

180106nikkei-mazushii-t1/6付日本経済新聞・読書面で、『貧しい人を助ける理由——遠くのあの子とあなたのつながり』(デイビッド・ヒューム/著 佐藤 寛/監訳)を紹介していただきました。
「不均衡解消し、成長持続を」
「…途上国への関与が深まる日本の企業人にも有用な入門書だ。」

ありがとうございます。

2017.11.17

映画『デスノート LNW』に三谷純教授の立体折り紙作品登場

rittai_godzilla_deathnote1s

本日11/17夜9時から放映の金曜ロードショー、東出昌大さん、池松壮亮さん、菅田将暉さん主演の映画『デスノート Light up the NEW world』に、弊社『立体折り紙アート』著者、筑波大学の三谷純教授の立体折り紙作品が数多く登場します。

劇中の立体折り紙アートにもご注目下さい。

弊社の「立体折り紙アート」の特設ページでは、本書の50のモデルの展開図を無料でダウンロード出来ます。こちらもぜひご覧下さい。
また、三谷教授は、2017年の三越伊勢丹グループのクリスマスキャンペーン“MAKE it HAPPY!”のショッピングバック製作にも協力。“プロフェッショナルな折る折るバッグ”「ULTIMATE oruorubag」。
この「ULTIMATE oruorubag」の展開図も無料でダウンロード出来ます。
ぜひチャレンジしてみて下さい。

2017.11.02

本日深夜0時30分、坂井豊貴教授出演の「オイコノミア」再放送

本日深夜(日付は11月3日(金))NHK Eテレで、午前0時30分から再放送予定の「オイコノミア」は「「しくじる前に!借金の経済学」。
借金のしくじり経験を持つ経済学者によるこん身の特別授業。
『社会的選択理論への招待』の坂井豊貴教授が出演の回の再放送です。昨夜見逃した方、ぜひご覧下さい。

2018.02.16

シリーズ『ゼータの現在』刊行記念講演&サイン会@書泉グランデのお知らせ

zeta1_shoei-w

2018年、おかげさまで弊社は創業100年を迎えます。
弊社の創業100年記念出版として、シリーズ『ゼータの現在』(全6巻)を、この2月から刊行いたします。第1巻「ゼータへの招待」は2月22日発売予定です。

本シリーズの刊行を記念して、2月21日(水)に、書泉グランデにて、シリーズの編者である黒川信重・東京工業大学名誉教授、小山信也・東洋大学、田口雄一郎・東京工業大学名誉教授の講演&サイン会を開催します。
3氏が一堂に集まり、ゼータの魅力を伝えます。

・会場:書泉グランデ(東京・神保町店)
・日時:2018年2月21日(水)19:00〜20:30 開場18:45

・参加費:500円

・参加方法:書泉グランデ4階レジにてお申込下さい。

また、お申込は書泉グランデ様「お問い合わせ」のページから、イベント名【ゼータの現在】、お名前、電話番号を明記し、お申込み下さい。

電話によるご予約も承ります。

詳しくは書泉グランデ様のページをご覧下さい。

皆さまのお越しをお待ちしています。

2017.12.18

御礼:ERCJ 第5回講演会「司法の戦後責任─ドイツと日本の比較」盛況のうちに終了

2017ERCJ_flyer12月17日(日)に株式会社TKC東京本社で開催した、刑事司法及び少年司法に関する教育・学術研究推進センター(ERCJ)第5回講演会「司法の戦後責任──ドイツと日本の比較」並びに「第5回守屋賞」「第4回守屋研究奨励賞」表彰式は盛況のうちに終えることができました。年の瀬のお忙しい中、また北風が強く寒い中、沢山に方にご来場いただきました。

ありがとうございました。

※「刑事司法及び少年司法に関する教育・学術研究推進センター」(ERCJ)は、刑事・少年司法についての教育、研究を推進する目的で設立されたNPO法人で弊社内に事務局を置いています。詳細はERCJのウェブサイトをご覧下さい。

2017.12.08

12/17 ERCJ主催:第5回講演会「司法の戦後責任──ドイツと日本の比較」のお知らせ

2017ERCJ_flyer-s12月17日(日)13時から、特定非営利活動法人 刑事司法及び少年司法に関する教育・学術研究推進センター(ERCJ)が、第5回講演会「司法の戦後責任──ドイツと日本の比較」並びに「第5回守屋賞」「第4回守屋研究奨励賞」表彰式を開催します。

■日 時:2017年12月17日(日)12:30開場・13:00開演
■場 所:株式会社TKC 東京本社2階
(住所=東京都新宿区揚場町2番1号 軽子坂MNビル)
JR飯田橋駅より徒歩5分、東京メトロ・飯田橋駅B4b出口すぐ

■予 約:不要
■参加費:無料

◆内容◆
第1部 「第5回守屋賞」「第4回守屋研究奨励賞」
第2部 講演 広渡清吾氏(東京大学名誉教授)
第3部 講演 ヘルムート・オルトナー氏(『ヒトラーの裁判官 フライスラー』著者)
※通訳あり

詳しくはこちらのERCJのサイト をご覧ください。

2017.10.06

10/7-10/8 MATH POWER2017 開催!

今年も、10/7-10/8の2日間にわたる数学の祭典 MATH POWER 2017 が開催されます。(主催 株式会社すうがくぶんか・和から株式会社・アスキードワンゴ)

数学に関するさまざまな企画が目白押しのイベントですが、10月7日 14:00から
10月7日 15:30までの「ビブリオマテマティカ 5大数学出版社一押しの数学書」には弊社の数学編集者も出場予定です。
詳しくはこちらをご覧下さい

2017.09.26

渋谷のMARUZEN&ジュンク堂書店で「秋の版元対抗フェア」開催中!


M&J-1 M&J-2

渋谷のMARUZEN&ジュンク堂書店で「秋の版元対抗フェア」開催中!

9月1日より、渋谷のMARUZEN&ジュンク堂書店で「秋の版元対抗フェア:この秋読みたい、本当に面白くてためになる一冊」を開催中です。

あさ出版、朝日出版社、海と月社、NHK出版ほか21社の版元で作る充実したフェアです。各社イチオシの書籍を、ポップ付きで紹介しています。お近くにいらっしゃった際など、よろしければぜひお立ち寄り下さい。

2017.10.03

『アメリカの資本蓄積と社会保障』アメリカ経済史学会賞受賞!

hondahirokuni_photo1s

著者近影

2016年12月に刊行した本田浩邦著『アメリカの資本蓄積と社会保障』が、2017年度のアメリカ経済史学会賞を受賞しました。

『アメリカの資本蓄積と社会保障』
財貨・労働市場が過剰となる一方、多数が基本的ニーズに不足する現代の「分裂」。米国の経済不均衡の淵源をたどり解消策を探る。

2016.11.18

11/19放送山田太一ドラマに前川淳氏の折り紙登場

11月19日(土)21時から放映の、山田太一ドラマ『五年目のひとり』「折る幾何学」書影
(テレビ朝日系)で、『折る幾何学』の著者:前川淳氏が、小道具としての折り紙を担当しました。
残念ながら『折る幾何学』に収録の作品は使用されないそうですが、動物の折り紙が使用される予定です。

主演は渡辺 謙さんです。「震災から5年。癒えぬ心を抱く孤独な男の“再生の物語”」
興味のある方はご覧下さい。

2016.10.12

『進化する経済学の実証分析』ポップをアップロード

『進化する経済学の実証分析』pop見本経済セミナー増刊『進化する経済学の実証分析』の執筆者の直筆メッセージや、経済学者の推薦の言葉が入ったポップをアップしました。ダウンロードしてお使い下さい。

2016.08.08

伊藤真直筆ポップをアップロード

伊藤真の直筆メッセージが入った『伊藤真の刑事訴訟法入門(第5版)』と『伊藤真の憲法入門(第5版)』のポップをアップしました。ダウンロードしてお使い下さい。

新着情報一覧