雑誌詳細:法学セミナー  2016年10月号

2016年10月号 通巻 741号

  • 紙の書籍
毎月12日発売
[特集1]
スラップ訴訟
定価:税込 1,512円(本体価格 1,400円)
在庫あり
発刊年月
2016.09
雑誌コード
08069
判型
B5判
ページ数
122ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

日本においてようやく認知され始めたスラップの定義、実態、弊害を整理して紹介し、アメリカの反スラップ法を参考に日本における抑止・救済策を整理し、今後の議論を展望する。

[特集]
スラップ訴訟
I スラップ訴訟とは何か……澤藤統一郎
II 事例紹介
 1 武富士事件スラップ訴訟……新里宏二
   ──東京地判平成17年3月30日を勝ち取るために
 2 伊那太陽光発電スラップ訴訟……木嶋日出夫
III 恫喝訴訟と言論萎縮効果……三宅勝久
  ──高額の損害賠償を求める「恫喝訴訟」によって企業批判のタブー化進む──武富士事件の体験より
IV スラップ訴訟、名誉毀損損害賠償請求訴訟の現状・問題点とそのあるべき対策(立法論)……瀬木比呂志
V アメリカにおける反スラップ法の構造……藤田尚則
VI 昭和63年判例(最三小判昭63・1・26民集42巻1号1頁)の再検討……小園恵介
  ──抑止・救済のための法的課題の検討1
VII 日本の名誉毀損法理とスラップ訴訟……佃 克彦
   ──抑止・救済のための法的課題の検討2
VIII スラップ訴訟の外縁から見る抑止・救済の法的課題の検討……紀藤正樹
   ──抑止・救済のための法的課題の検討3

[法学者の本棚]
「パラダイムの転換」……柑元美和
小西聖子『犯罪被害者の心の傷〔増補新版〕』

[ロー・ジャーナル]
「忘れられる権利」について考える……宮下 紘
──平成28年7月12日東京高裁決定を受けて

[ロー・アングル]
・恋の法廷式 7……北尾トロ
 隠された恋愛感情
・わたしの仕事、法つながり[ひろがる法律専門家の仕事編]17……足立龍太
 私が考える法律(学)──福島の山村での出来事を例にして

[ロー・クラス]
・公共空間を考える──技術者として法を語る 7……佐藤康宏
 放送大学試験問題文削除事件
・プラスアルファについて考える基本民法 19……武川幸嗣
 賃貸借における法律関係・その1──当事者の交代
・債権法講義[各論] 7……河上正二
 「契約締結上の過失」と「契約準備段階の信義則」
・株式会社法の基礎 13……久保田安彦
 市場価格のない株式の評価方法
・応用刑法1─総論 13……大塚裕史
 正当防衛(3)──防衛行為の相当性
・財産犯バトルロイヤル 22……内田幸隆
 現金がなくてもイイんです!──クレジットカードの不正使用(その2)
・刑事訴訟法の思考プロセス 7……斎藤 司
 令状主義の趣旨と逮捕に伴う無令状捜索・差押えに対する規律

[最新判例演習室]
憲法/堀口悟郎
実名犯罪報道とプライバシー 
[東京高判平28・3・9 LEX/DB文献番号25542147]

行政法/桑原勇進
鳴門市競艇従業員共済会への補助金支出住民訴訟
[最二小判平28・7・15 裁判所HP023/086023_hanrei.pdf]

民法/松浦聖子
NHKが放送したテレビ番組による台湾住民の名誉棄損と不法行為
[最一小判平28・1・21 判タ1422号68頁]

商法/鳥山恭一
二段階の企業再編における株式の公正な価格
株式会社ジュピターテレコム事件
[最一小決2016・7・1 金判1497号8頁(破棄自判)]

民事訴訟法/川嶋四郎
補正命令における所定期間経過後の手数料納付と抗告状の効力
[最一小決平27・12・17 判タ1422号72頁]

刑法/豊田兼彦
児童に「淫行」を「させる行為」の意義と判断方法
[最一小決平28・6・21 裁判所HP960/085960_hanrei.pdf]

刑事訴訟法/中島 宏
GPS捜査の違法性と証拠排除
[大阪高判平28・3・2 LEX/DB文献番号25542299]


労働法/山下 昇
歓送会後に同僚を車で送る途上での交通事故死の業務起因性
国・行橋労基署長(T社)事件
[最二小判平28・7・8 裁判所HP000/086000_hanrei.pdf]



[ライブラリー]
新刊ガイド

[ロー・フォーラム]
最新立法インフォメーション
裁判と争点
立法の話題

[コラム]
司法書士の生活と意見
弁護士事件ファイル
判事補メモ

2016年11月号(2016年10月12日発売)予価1400円+税

特集=市民の政治的表現の自由とプライバシー

近年、市民が国や地方自治体の政策を批判したり、大企業等の不正などを批判する表現活動を行う場合に生じている憲法問題を考える。

・予定目次
【1 実態編】
1 仙台自衛隊情報保全隊事件……十河 弘
2 ムスリム違法捜査事件……井桁大介
3 大垣警察市民監視事件……山田秀樹
4 JR大阪駅前広場ビラ配布事件……石埼 学
5 萩ノ茶屋投票所事件……遠藤比呂通
【2 理論編】
[総論]
6 市民の表現活動とプライバシー、表現の自由……塚田哲之
[各論]
7 市民の表現活動と表現空間の確保(仮)
7―(1) 比較法も含めた理論面……平地秀哉
7―(2) 公的空間としての駅前における表現活動……中川 律
8 監視社会と国家・警察による情報収集と市民の権利……石川裕一郎
9 威力業務妨害罪と街頭表現活動……安達光治
10 表現行為に対する萎縮効果の再検討……毛利 透