数学セミナー 編集部ブログ 今月の最新記事

数学セミナー2018年2月号 好評発売中!

特集◎竹内外史と数学基礎論

解析学の基礎付けをはじめ,数学基礎論の分野で偉大な足跡を残し,2017年5月に逝去した竹内外史氏.今回は思い出も振り返りながら,氏が切り拓いた道を紹介する.

竹内外史氏の思い出◎一松 信

“竹内の証明論”における有限の立場◎八杉滿利子

今は昔の竹内物語◎難波完爾

竹内先生の証明論◎新井敏康

竹内先生の数学的世界観/量子論理に基づく数学◎小澤正直

竹内先生とロジック◎岡田光弘

[記事再録]
日本の数学基礎論・むかしと今/国際シンポジウムに出席して◎竹内外史

[記事再録]
夕焼けにも似て……◎竹内外史

フィボナッチの主題による変奏曲IV◎小野 孝

数学セミナー2018年1月号 好評発売中!

特集◎現象を通して見る岩澤理論

2017年は,フェルマーの最終定理の解決に決定的な役割を果たした岩澤理論の生みの親・岩澤健吉氏の生誕100年に当たる.今回は,「現象」をキーワードに岩澤理論を概観する.

p進ゼータの世界へ◎栗原将人

岩澤類数公式に関わる岩澤理論的現象◎藤井 俊

p進バーチ-スウィンナートン・ダイヤー予想と岩澤理論的現象◎小林真一

円分Z_p拡大から保型形式のp進族へ◎落合 理

非可換岩澤理論紀行/非可換拡大に現れる岩澤理論的現象を訪ねて◎原 隆

【新連載】
数理のクロスロード◎鈴木大慈,鍛冶静雄,田中久美子,坂上貴之,水藤 寛,國府寛司,西浦廉政
[座談会] 数理にもっと対話を

MATH POWER 2017◎関 真一朗

スーパーコンピューティングコンテスト2017◎菊池 誠

フィボナッチの主題による変奏曲III◎小野 孝

数学セミナー2017年12月号

特集◎ホモロジーがおもしろい!

トポロジーにおける基本的な道具ながら,初学者には手が届きにくいホモロジーとコホモロジー.今回は,それらの“こころ”から,使いどころまでを紹介する.

ホモロジーとは◎瀬山士郎

ホモロジーの基礎◎田中 心

コホモロジー◎赤穂まなぶ

ポアンカレ双対性と交叉◎小島定吉

Stiefel-Whitney類◎清水達郎

パーシステントホモロジー◎平岡裕章

京都大学ガロア祭/問題と解説◎稲生啓行+入谷 寛

数学セミナー2017年11月号

特集◎コンピュータ将棋・囲碁のこれから

コンピュータ将棋・囲碁がそれぞれの名人を下し,人工知能(AI)は新たな局面を迎えた.今回は,躍進の原動力であるディープラーニングの数理とAIのこれからについて紹介する.

コンピュータチェス・将棋・囲碁◎伊藤毅志

ディープラーニングのインパクト◎前田新一・齋藤真樹・藤田康博

コンピュータ囲碁とディープ・ラーニング◎加藤英樹

[プロ棋士の視点から] 棋士の認識とコンピュータ将棋の影響◎千田翔太

[プロ棋士の視点から] 囲碁の未来◎光永淳造

コンピュータ将棋・囲碁の今後◎松原 仁

チェッカー解明と人工知能◎岸本章宏

第58回国際数学オリンピックブラジル大会/問題と解説◎森田康夫

NOTE/講評と解説◎ZZZ

数学セミナー2017年10月号

特集◎不可能性の証明

ある事象が「絶対に不可能」であることを示すのは,数学や論理の力なしにはできないことである.今回は,さまざまな分野の不可能性を取り上げて,数学の力を愉しむ.

不可能性の証明/古代ギリシャから現代まで◎嘉田 勝

トポロジー(結び目)における不可能性◎伊藤 昇

ヒルベルトの第10問題◎菊池 誠

超越数論における不可能性◎金子 元

不可能性の証明パズル◎岩沢宏和

アローの不可能性定理◎坂井豊貴

フィボナッチの主題による変奏曲II◎小野 孝

数学セミナー2017年9月号

特集◎戸田盛和とおもちゃの数理

「戸田格子」により名高い物理学者・戸田盛和氏は,親しみやすいが奥深いおもちゃの研究にも没頭した.今回は,戸田氏の生誕100年を機に,身近なおもちゃや物理現象の数理を取り上げる.東京大学駒場博物館で開催される特別展の様子も紹介.

戸田盛和の愛したおもちゃ◎安成真理

回すおもちゃと転がすおもちゃ◎矢崎成俊

曲面をめぐる冒険/
  玩び・パフォーマンスから数理まで◎松浦昭洋

トップシークレットとカオス水車/
  戸田盛和先生にご紹介した数々のおもちゃから◎三浦謙一

おもちゃ・かがく・ひと◎時枝 正

フィボナッチの主題による変奏曲I◎小野 孝

数学セミナー2017年8月号

特集◎分野を語る10の定理

数学の各分野には,その分野の魅力を語るにふさわしい定理がある.今回は,さまざまな分野から10個の定理を選び,それを通じて数学の楽しさ・奥深さを紹介する.

代数幾何◎海老原 円

整数論◎斎藤 毅

トポロジー◎橋本義武

複素解析◎須川敏幸

数理論理学◎鈴木登志雄

確率統計◎原 啓介

ガウスと相互法則(II)◎栗原将人

数学セミナー2017年7月号

特集◎数学研究のすすめ

「数学研究」とは,どのように行えば良いのだろうか.今回は,アマチュア・プロ双方の研究の仕方について取り上げるとともに,数学者が普段の研究の余白で見つけた数学的事実を,数学研究の一例として紹介する.

数学研究のすすめ◎ZZZ

[数学者の研究ノート] Y字型カッターによるピザの3等分◎谷山公規

[数学者の研究ノート] 高校生と考える多重完全数◎飯高 茂

[数学者の研究ノート] ジェノッキ素数◎関 真一朗

[数学者の研究ノート] 単調非減少数列を与える三項間漸化式◎渋川元樹

[数学者の研究ノート] 特異点研究から得られる凸体の分割数◎伊藤由佳理

プロの研究者はどうやって研究を行っているか◎吉永正彦

NOTE――講評と解説◎ZZZ
ガウスと相互法則(I)/ガウスは平方剰余の相互法則に何通りの証明を与えたか
◎栗原将人

数学セミナー2017年6月号

特集◎群論の質問箱

学部2年で学ぶことが多く,学生にとっては抽象数学の最初の壁となる「群論」.今回は,初学者が抱きそうなさまざまな疑問をとりあげて,群論を学ぶ手助けをする.

群とは◎宮本雅彦

群の定義について◎堀田良之

群の概念が抽象的すぎる◎原田耕一郎

群の同型◎雪江明彦

正規部分群と商群◎千吉良直紀

準同型定理◎見村万佐人

3つの素数の3乗の和の話◎川田浩一

数学セミナー2017年5月号

特集◎中学・高校の公式から大学数学へ

「公式」は暗記をして問題を解くための道具という印象が強いが,実際には背後に深い数学がある.今回は中学高校で登場する公式を出発点に,大学数学の深化の様子を概観する.

三角形の内角の和/古代と現代,小中高と大学を結びつける数学◎牛瀧文宏

友達の友達は…/合同式は現代数学への搭乗券◎青木貴史

三平方の定理から統計科学へ◎清 智也

組合せ和の公式◎小関健太

2次方程式の解の公式からガロア理論へ◎青木美穂

“1/6公式”から超幾何関数へ◎筧 三郎

映画『僕と世界の方程式』と国際数学オリンピック◎中島さち子