数学セミナー 編集部ブログ 今月の最新記事

●「高校数学ではじめる整数論」付録ページ

巻頭連載「高校数学ではじめる整数論」(谷口隆/著)の付録は、下記のページをご覧ください。

https://www.nippyo.co.jp/blogsusemi/taniguchi-nt/

●「エレガントな解答をもとむ」出題

2019年11月号の出題(小谷善行,西山豊)を、下記のページにも掲載しています。
https://www.web-nippyo.jp/elegant/
解答はウェブフォームからも投稿可能です。奮ってご応募ください(2019年11月8日締切)。

数学セミナー2019年11月号 好評発売中!

特集◎すごい反例

予想に反する性質を持つ「反例」は,数学者の希望を打ち砕くこともある一方で,数学に新たな展開をもたらす場合もある.今回は,各分野の反例から数学の奥深さを考えたい.

反例の意義◎一松 信

微積分における反例◎斎藤新悟

組合せ論・グラフ理論◎小関健太

ヒルベルトの第14問題◎黒田 茂

2つの正規空間の直積空間は正規空間か◎大田春外

連続体仮説◎依岡輝幸

第60回国際数学オリンピック・イギリス大会/問題と解説◎藤田岳彦

NOTE/講評と解説◎ZZZ

数学セミナー2019年10月号

特集◎いろいろな特異点

幾何学では周囲と際立って異なる箇所「特異点」を調べることが重要である.今回は幾何学のいくつかの分野で特異点がどのように現れてどう扱われているかを見てみる.

特異点とは何か◎石川剛郎

曲面の特異点の微分幾何◎佐治健太郎3

代数幾何学と特異点◎髙橋篤史

トポロジーと特異点/輪郭線から分かること◎山本卓宏

ブラックホールと特異点/事象の地平線のトポロジー,
 ブラックホールシャドウに関して◎椎野 克

ポアンカレ予想の解決と特異点◎戸田正人.

[座談会]
数理工学の世界
 ◎合原一幸・太田快人・小野廣隆・小林 亮・寺前順之介・青柳富誌生

柏原正樹氏京都賞受賞記念座談会(2)
◎柏原正樹・竹内 潔・土岡俊介・大矢浩徳・藤田 遼

数学セミナー2019年9月号

特集◎現代数学の難しさについて

現代数学は「難しくなりすぎ」と言われるが,初学者や研究者志望の若者,最先端に興味を持つ数学ファンは,この状況にどう対峙すれば良いのだろうか.多様な視点で応えたい.

むずかしい数学とつきあう◎時枝 正

現代数学は学び難い◎高瀬正仁

「分かる」とは◎本橋洋一

日々是「口実」◎砂田利一

わかる力◎阿原一志

数学の塔の登り方◎嶺 幸太郎

協力して挑む◎松森至宏

柏原正樹氏京都賞受賞記念座談会(1)
◎柏原正樹・竹内 潔・土岡俊介・大矢浩徳・藤田 遼

数学セミナー2019年8月号

特集◎ベクトル解析と物理学

理工学の分野で幅広く使われる「ベクトル解析」.今回は,ベクトル解析が物理学の諸分野でどのように用いられるかを紹介する.活かされ方を知ることで数学の理解を深めよう.

ベクトル解析の要点◎三町勝久

ベクトル解析と流体力学◎福本康秀

ベクトル解析と電磁気学◎北野正雄

ベクトル解析と一般相対論/電磁気学を例として◎中尾憲一

ベクトル解析と解析力学◎佐藤文隆

微分形式◎井田大輔

ブラックホールシャドウの撮影とスパースモデリング◎池田思朗

2つの“ならば”◎本橋信義

数学セミナー2019年7月号

特集◎おおきな数

1,2,3,…と続く数はどこまでも果てしがない.想像を絶するような巨大な数の存在は,古来より人を魅了してきた.今回は「おおきな数」をいろいろな切り口で眺めてみる.

「大きな数」に,人々はどうかかわってきたか◎野崎昭弘

億が兆より大きい?/大きな数の命名をめぐって◎陳 力衛

グラハム数,ラムゼー理論,そして,役に立たない定数時間アルゴリズム◎岡本吉央

アッカーマン関数とヒルベルト◎木原貴行

巨大数の世界◎フィッシュ

無限の数/順序数・基数・巨大基数◎酒井拓史

表現論と分割定理(2)◎土岡俊介

NOTE/講評と解説◎ZZZ

数学セミナー2019年6月号

特集◎ 微分方程式の質問箱

微積分のあとに学ぶ「微分方程式」であるが,種類も多く,代数の方程式と様子が違うところもある.今回は,学生が抱きがちな質問を通じて,この分野の理解を深めよう.

常微分方程式の求積◎岡本 久

微分方程式 解ける? 解けない?◎坂井秀隆

Cは原始関数につくアクセサリーじゃない◎矢崎成俊

微分方程式の解の存在と一意性◎二宮広和

偏微分方程式の導出と解法/熱方程式を例として◎柳田英二

微分方程式は身の回りにどのように活かされているか◎小林 亮

表現論と分割定理(1)◎土岡俊介

数学セミナー2019年5月号

特集◎大学数学のキーポイント(後篇)

大学数学を学ぶ上で大切なことは何か.4月号に引き続き,数学教育に携わる著者たちが,大学で学ぶことの意義や本の読み方,それぞれの授業の「核心」を伝える.

大学数学とどう付き合うか/大学数学の意義◎永井保成

数学書の選び方・読み方◎齋藤夏雄

群と環/透き通った言葉として◎諏訪紀幸

「微分方程式論」の道しるべ◎坂上貴之

時代が求める確率統計◎廣瀬英雄

複素関数論入門◎木坂正史

物理数学◎西野友年

谷山君の思い出/『新版 谷山豊全集』刊行によせて◎小野 孝

数学セミナー2019年4月号

特集◎大学数学のキーポイント(前篇)

大学数学を学ぶ上で,とくに大切なことは何か.大学数学全体にわたって必要になる心構えや,授業の「キモ」を大学数学教育に携わる方々が初学者向けに伝授する.

大学数学への心構え◎長岡亮介

講義を最大限に生かすには◎竹山美宏

線形代数◎原 隆

微分積分で学ぶこと◎原岡喜重

集合・写像・論理/学びの視点から◎和久井道久

アルゴリズム/情報数学の一例として◎清見 礼

位相・位相空間◎鈴木正明

【新連載】
組合せ数学の雑記帳◎八森正泰

【新連載】
数と論理の物語◎菊池 誠

【新連載】
高校数学ではじめる整数論◎谷口 隆

【新連載】
続・稲葉のパズル研究室 数セミ分室◎稲葉直貴

【新連載】
アナログゲームの数々◎草場 純

【新連載】
[リレー連載]今月の表紙の図形◎瑞慶山 香佳(挿絵)