数学セミナー 編集部ブログ 今月の最新記事

●「数学短歌」募集!

『数学セミナー』連載「数学短歌の時間」(永田紅+横山明日希)では、現在下記のお題で短歌を募集しています。

9月号お題(6月8日正午必着)/素数、写像、自由題 締切ました。たくさんのご応募ありがとうございました。
10月号お題(7月10日正午必着)/集合、無限、自由題
11月号お題(8月10日正午必着)/平均、複素数(または虚数)、自由題

詳細・応募は下記のフォームより。
https://www.nippyo.co.jp/blogsusemi/tanka-toukou/

数学セミナー2018年7月号 好評発売中!

特集◎絵のある数学

数学が存在しなければ人間が考え得なかったであろうさまざまな「絵」がある.楽しい絵,不思議な絵を通じていくつかの数学に触れてみよう.

絵や図を意識的に多用する数学:直観幾何学◎伊藤仁一

絵のある数学 結び目と曲面◎小沢 誠

絵のある数学 なんとなくフラクタルな展開図◎上原隆平

絵のある数学 クライン群の風景◎和田昌昭

絵のある数学 円周の同相写像とフラクタル/回転数とジッグラト◎松田能文

エッシャー生誕120年によせて/ミラクル エッシャー展◎藤田 伸

数学セミナー2018年6月号

特集◎複素関数の質問箱

現代数学を育んできた大地である複素関数論.歴史が深いだけに,学んでいると疑問もあれこれ湧いてくる.今回は,学生が抱きがちな質問を通じて,この分野を概観してみよう.

複素数ってそもそも何なの?◎須川敏幸

複素関数論の中の実関数◎中村弥生

複素微分とはなんですか.ふつうの微分とはどう違うのですか.◎金子 元

複素積分とはなんですか.ふつうの積分とはどう違うのですか.◎村田玲音

正則関数の“綺麗”な性質はなぜ◎大野泰生

複素対数とは何か/パラドックスをこえて◎高瀬正仁

解析接続の意味と意義について◎小山信也

ブロックチェーンの数理◎佐古和恵

数学セミナー2018年5月号

特集◎教科書だけじゃない!数学の本

数学は「教科書で勉強」というイメージがあるが,趣向を凝らしたさまざまな一般向けの本もある.今回は,そんな書籍がどう愉しまれてきたか,現在の愉しみ方まで紹介する.

数学と数学者の世界◎冨永 星

数学小説・数学漫画◎縫田光司

科学エッセイの楽しみ◎江沢 洋

数楽,Rec Math◎高島直昭

江戸時代の数学書『塵劫記』を楽しみ,研究する◎小川 束

雑誌で数学を文化にする◎内村直之

フィボナッチの主題による変奏曲V◎小野 孝

数学セミナー2018年4月号

特集◎なぜ数学を学ぶのか

多くの人が漠然と疑問に思い,特に若い人から尋ねられると回答に窮してしまいがちな「なぜ数学を学ぶのか?」という質問に対し,今回は正面から答えてみたい.

そう問う君は幸いだ/なぜならもう君は数学の近傍にいるのだから!◎長岡亮介

なぜ数学を学ぶのか?/自問自答◎志賀弘典

数学科で絶望しないために◎竹山美宏

そこに山があるからだ◎原田耕一郎

データサイエンスを学ぶ理由,もしくはまだ覚醒していないあなたへ◎伊庭幸人

数学的人格となれ◎根上生也

数学はやめられない◎小谷元子

なぜ数学を学ぶのか/数理工学の立場から◎甘利俊一

映像のリアリティとは?/CGにとっての数学の役割◎安生健一

論理と抽象の彼方に◎山﨑雅人

数学を勉強するとどんないいことがあるの?◎杉原厚吉

日本の数学教育の流れと課題◎芳沢光雄

[新連載]
やわらかいイデアのはなし◎藤田博司

[新連載]
眠れぬ夜の確率論◎原 啓介

[新連載]
数学短歌の時間 (1)◎永田 紅,横山明日希

数学セミナー2018年3月号

特集◎フーリエ解析ことはじめ

数学のみならず,物理学や工学の授業でも登場し,応用上も重要な「フーリエ解析」.
今回は,その歴史と基礎,さらに使われ方までを紹介する.

フーリエ解析の始まり◎岡本 久

フーリエ級数とは◎熊原啓作

駆け足で巡るフーリエ変換◎野村隆昭

超関数とフーリエ変換◎中井英一

フーリエ解析の多彩な応用/ディジタル技術,人の感覚との関わり◎新井仁之

テレビドラマ『天才を育てた女房』と数学者岡潔
/数学監修・高瀬正仁氏インタビュー

藤原松三郎の欧州遊学と人となり◎藤原毅夫 

藤原松三郎著『微分積分学』初見◎伊達悦朗 

NOTE—-講評と解説◎ZZZ 

数学セミナー2018年2月号

特集◎竹内外史と数学基礎論

解析学の基礎付けをはじめ,数学基礎論の分野で偉大な足跡を残し,2017年5月に逝去した竹内外史氏.今回は思い出も振り返りながら,氏が切り拓いた道を紹介する.

竹内外史氏の思い出◎一松 信

“竹内の証明論”における有限の立場◎八杉滿利子

今は昔の竹内物語◎難波完爾

竹内先生の証明論◎新井敏康

竹内先生の数学的世界観/量子論理に基づく数学◎小澤正直

竹内先生とロジック◎岡田光弘

[記事再録]
日本の数学基礎論・むかしと今/国際シンポジウムに出席して◎竹内外史

[記事再録]
夕焼けにも似て……◎竹内外史

フィボナッチの主題による変奏曲IV◎小野 孝

数学セミナー2018年1月号

特集◎現象を通して見る岩澤理論

2017年は,フェルマーの最終定理の解決に決定的な役割を果たした岩澤理論の生みの親・岩澤健吉氏の生誕100年に当たる.今回は,「現象」をキーワードに岩澤理論を概観する.

p進ゼータの世界へ◎栗原将人

岩澤類数公式に関わる岩澤理論的現象◎藤井 俊

p進バーチ-スウィンナートン・ダイヤー予想と岩澤理論的現象◎小林真一

円分Z_p拡大から保型形式のp進族へ◎落合 理

非可換岩澤理論紀行/非可換拡大に現れる岩澤理論的現象を訪ねて◎原 隆

【新連載】
数理のクロスロード◎鈴木大慈,鍛冶静雄,田中久美子,坂上貴之,水藤 寛,國府寛司,西浦廉政
[座談会] 数理にもっと対話を

MATH POWER 2017◎関 真一朗

スーパーコンピューティングコンテスト2017◎菊池 誠

フィボナッチの主題による変奏曲III◎小野 孝

数学セミナー2017年12月号

特集◎ホモロジーがおもしろい!

トポロジーにおける基本的な道具ながら,初学者には手が届きにくいホモロジーとコホモロジー.今回は,それらの“こころ”から,使いどころまでを紹介する.

ホモロジーとは◎瀬山士郎

ホモロジーの基礎◎田中 心

コホモロジー◎赤穂まなぶ

ポアンカレ双対性と交叉◎小島定吉

Stiefel-Whitney類◎清水達郎

パーシステントホモロジー◎平岡裕章

京都大学ガロア祭/問題と解説◎稲生啓行+入谷 寛

数学セミナー2017年11月号

特集◎コンピュータ将棋・囲碁のこれから

コンピュータ将棋・囲碁がそれぞれの名人を下し,人工知能(AI)は新たな局面を迎えた.今回は,躍進の原動力であるディープラーニングの数理とAIのこれからについて紹介する.

コンピュータチェス・将棋・囲碁◎伊藤毅志

ディープラーニングのインパクト◎前田新一・齋藤真樹・藤田康博

コンピュータ囲碁とディープ・ラーニング◎加藤英樹

[プロ棋士の視点から] 棋士の認識とコンピュータ将棋の影響◎千田翔太

[プロ棋士の視点から] 囲碁の未来◎光永淳造

コンピュータ将棋・囲碁の今後◎松原 仁

チェッカー解明と人工知能◎岸本章宏

第58回国際数学オリンピックブラジル大会/問題と解説◎森田康夫

NOTE/講評と解説◎ZZZ