数学セミナー 編集部ブログ 今月の最新記事

●「エレガントな解答をもとむ」出題

2020年4月号の出題(濵中裕明,小関健太+阿部敏生)を,下記のページにも掲載しています.
https://www.web-nippyo.jp/elegant/
解答はウェブフォームからも投稿可能です.奮ってご応募ください(2020年4月8日締切).

数学セミナー2020年4月号 好評発売中!

特集◎数学のつまずき方

数学を本格的に学び始めた人たちが陥りやすく,数学者も初学者の頃につまずい
たかもしれない,勉強をする上でのいろいろな困難.その解決策の一端を紹介し
ます.

数学との向き合いかた◎千葉逸人 

記号がたくさん登場して混乱する◎河添 健 

数学の定義はどうやって覚えるの?◎嶺 幸太郎 

計算は寝食を忘れ◎山田裕史 

証明が書けない/→まずは証明のお作法を身につけよう
  ◎佐々木東容 

理論体系の学び方が分からない◎落合卓四郎

【新連載】
暗号×数学
  たかが群演算,されど群演算◎縫田光司 

【新連載】
かたちを算する
  関数で観る画像◎鍛冶静雄 

【新連載】
数理モデルができるまで
  現象を記述するモデルができるまで◎三村昌泰 

【新連載】
コンピュータと数学の狭間
  コンピュータと数学の狭間◎竹内郁雄 

【新連載】
せいすうたん
  サブライム数◎小林銅蟲,関 真一朗 

[教育提言] 暗記だけの算数教育は改めよ◎芳沢光雄 

スタンフォード大学滞在記◎松本佳彦 

数学セミナー2020年3月号

特集◎言語の数理

数理的なアプローチを用いた言語の研究が深化している.今回は,言語に潜む数理構造や数学を用いて言語を研究する事例を紹介し,数学と言語の交わる領域の魅力を伝える.

言語の数理研究への誘い◎田中久美子

自然言語処理と構造学習/日本語単語分割を一例に◎工藤 拓

文構造に内在する普遍/文の木構造に現れる偏り◎能地 宏

言語の意味空間◎田 然

論理と文法◎峯島宏次

基本語順の歴史的変化の数理モデル◎村脇有吾

NOTE/講評と解説◎ZZZ

数学セミナー2020年2月号

特集◎巨大行列

数学の授業で出てくる行列は3×3など小さなものばかりだが,AI研究の発展等により非常に大きな行列が使われる機会が増している.今回は巨大行列の扱い方・応用を紹介する.

巨大行列はなぜ重要か◎櫻井鉄也

巨大行列の固有値計算◎山本有作

ランキング・レイティングの数理と行列◎中村英史

巨大行列とグラフ解析◎藤澤克樹

巨大行列とAI◎横田理央

新共通テストが目指す数学◎吉田弘幸・松井孝志・紅野謙介

コーシーの剛性定理と和傘の折り畳み◎奈良知惠

清水達雄氏と新数学人集団◎渡辺 毅

数学セミナー2020年1月号

特集◎3体問題と力学系

SF作家・劉慈欣氏の小説『三体』が話題となっている.そこで今回は,本小説のモチーフとなっている3体問題に焦点をあて,その基礎から力学系への拡がりまでを紹介する.

小説『三体』について◎立原透耶

「3体問題が解けない」とはどういう意味か◎山中祥五

3体問題はなぜ解けないか/可積分性の判定条件を目指した我が闘争◎吉田春夫

3体問題におけるカオスと記号力学系◎柴山允瑠

三体問題と摂動論◎伊藤秀一

弱KAM理論◎曽我幸平

変分原理と群論が解き明かす三体8の字解の分岐◎藤原俊朗/福田 宏/尾崎浩司

スーパーコンピューティングコンテスト2019◎横田理央

数学セミナー2019年12月号

特集◎私が惹かれるこの概念

数学には抽象的な概念が数多く存在する.
今回は,多分野にわたる数学周辺の研究者が概念を1つずつ選び,その面白さや魅力について語ることで,抽象概念の意義を伝える.

逆/数学者を惹きつける「逆問題」◎横山俊一

向き◎清水達郎

固有値・固有ベクトル/代数的グラフ理論への誘い◎栗原大武

ホモロジー群◎野崎雄太

コンパクト/有限と無限の橋渡し◎薄葉季路

サドル◎松江 要

確率空間と確率変数◎楠岡誠一郎

エントロピー◎白石直人

単純加群と拡大と◎阿部紀行

レプリカ対称性/階層的地形の数学的表現◎坂田綾香

∞圏/圏論を超えて◎阿部知行

計算階層/代数的言語理論とガロア理論の統一がもたらすもの
  ◎浦本武雄

世界の数学史のなかの和算◎佐々木 力

京都大学ガロア祭/問題と解説◎伊藤哲也・池田 保

数学セミナー2019年11月号

特集◎すごい反例

予想に反する性質を持つ「反例」は,数学者の希望を打ち砕くこともある一方で,数学に新たな展開をもたらす場合もある.今回は,各分野の反例から数学の奥深さを考えたい.

反例の意義◎一松 信

微積分における反例◎斎藤新悟

組合せ論・グラフ理論◎小関健太

ヒルベルトの第14問題◎黒田 茂

2つの正規空間の直積空間は正規空間か◎大田春外

連続体仮説◎依岡輝幸

第60回国際数学オリンピック・イギリス大会/問題と解説◎藤田岳彦

NOTE/講評と解説◎ZZZ

数学セミナー2019年10月号

特集◎いろいろな特異点

幾何学では周囲と際立って異なる箇所「特異点」を調べることが重要である.今回は幾何学のいくつかの分野で特異点がどのように現れてどう扱われているかを見てみる.

特異点とは何か◎石川剛郎

曲面の特異点の微分幾何◎佐治健太郎3

代数幾何学と特異点◎髙橋篤史

トポロジーと特異点/輪郭線から分かること◎山本卓宏

ブラックホールと特異点/事象の地平線のトポロジー,
 ブラックホールシャドウに関して◎椎野 克

ポアンカレ予想の解決と特異点◎戸田正人.

[座談会]
数理工学の世界
 ◎合原一幸・太田快人・小野廣隆・小林 亮・寺前順之介・青柳富誌生

柏原正樹氏京都賞受賞記念座談会(2)
◎柏原正樹・竹内 潔・土岡俊介・大矢浩徳・藤田 遼

数学セミナー2019年9月号

特集◎現代数学の難しさについて

現代数学は「難しくなりすぎ」と言われるが,初学者や研究者志望の若者,最先端に興味を持つ数学ファンは,この状況にどう対峙すれば良いのだろうか.多様な視点で応えたい.

むずかしい数学とつきあう◎時枝 正

現代数学は学び難い◎高瀬正仁

「分かる」とは◎本橋洋一

日々是「口実」◎砂田利一

わかる力◎阿原一志

数学の塔の登り方◎嶺 幸太郎

協力して挑む◎松森至宏

柏原正樹氏京都賞受賞記念座談会(1)
◎柏原正樹・竹内 潔・土岡俊介・大矢浩徳・藤田 遼

数学セミナー2019年8月号

特集◎ベクトル解析と物理学

理工学の分野で幅広く使われる「ベクトル解析」.今回は,ベクトル解析が物理学の諸分野でどのように用いられるかを紹介する.活かされ方を知ることで数学の理解を深めよう.

ベクトル解析の要点◎三町勝久

ベクトル解析と流体力学◎福本康秀

ベクトル解析と電磁気学◎北野正雄

ベクトル解析と一般相対論/電磁気学を例として◎中尾憲一

ベクトル解析と解析力学◎佐藤文隆

微分形式◎井田大輔

ブラックホールシャドウの撮影とスパースモデリング◎池田思朗

2つの“ならば”◎本橋信義