数学セミナー 編集部ブログ 今月の最新記事

●「エレガントな解答をもとむ」出題

2021年10月号の出題(岩沢宏和,篠原雅史)を,下記のページにも掲載しています.
https://www.web-nippyo.jp/elegant/
解答はウェブフォームからも投稿可能です.奮ってご応募ください(2021年10月8日締切).

数学セミナー2021年10月号 好評発売中!

特集◎楕円函数の味わい

ガウスやアーベルにより発見された楕円函数は,現代でも多様な数学の土壌と
なっている.今回は楕円函数の基本から,さまざまな深化の様子までを紹介す
る.

楕円積分と楕円函数◎志賀弘典

楕円函数と微分方程式◎坂井秀隆

弾性曲線と楕円函数◎松谷茂樹

楕円関数とヤコビ形式◎青木宏樹

qと楕円函数◎渋川元樹

アーベル函数論の紹介◎大西良博

円と直線のなす配置/(1) ミケル,ウォレス,クリフォード
  ◎徳重典英

数学セミナー2021年9月号

特集◎高次元の正多面体

正多面体は3次元では5つ存在することが知られているが,高次元化すると何種類,どのような図形が現れるだろうか.今回は高次元正多面体の基礎から応用までを概観する.

4次元正多面体入門――正多胞体の内訳と構成◎平澤美可三

図説 4次元多胞体ヒストリア◎宮崎興二

高次元の正多面体の対称性とコクセター図形◎小林正典

ゾムツールによる4 次元立体ワークショップ◎立木秀樹

高次元立方体の断面としてみた結晶構造◎石原慶一

4次元正多面体の皮むき展開図◎海野啓明

正24胞体とオクタバグ◎奈良知惠

予防接種完了時の新型コロナウイルス感染症流行を
どのように見通しているか
◎西浦 博

数学セミナー2021年8月号

特集◎ミクロとマクロの交差点

ミクロ(局所的)なものが集まることで,マクロ(大域的)な性質・現象が現れる――
このような事例を,幾何学から言語学まで多様な分野から集め,ミクロとマクロ
の関係を考える.

マクロな定理で見えないミクロに思いをはせる◎矢崎成俊

アリが見る世界と顕微鏡や宇宙船から見える世界◎西川青季

熱力学とエルゴード性◎沙川貴大

経済学におけるミクロとマクロ◎楡井 誠

言語の長相関と文構造◎田中久美子

行列のLR変換から眺める箱玉系の広がり◎岩﨑雅史

ガウス等価性による大規模統計モデルの確率的記述◎今泉允聡

T氏の想い出◎原 啓介

2021年7月号

特集◎分野別 この数学書を薦めたい!

大学ではどのような数学をどのような本で学ぶのだろうか.今回は,大学で学ぶ
数学のさまざまな分野について,読んで欲しい教科書や啓蒙書を選者の独断と偏
見で紹介する.

微分積分◎井ノ口順一

線形代数◎阿部紀行

集合・論理◎田中一之

位相◎逆井卓也

確率論はおもしろい◎服部久美子

統計学◎岩崎 学

抽象代数への第一歩◎徳永浩雄

微分幾何の初歩(曲線・曲面)◎小磯深幸

微分方程式◎池田幸太

トポロジー◎橋本義武

グラフ理論・離散数学◎松本ディオゴけんじ

測度論・ルベーグ積分◎竹内慎吾

結び目理論◎境 圭一

複素関数論◎木坂正史

圏論入門書の紹介◎荒武永史

囚人と帽子のパズル/もし囚人が無限にいたら◎静間荘司

NOTE/講評と解説◎ZZZ

数学セミナー2021年6月号

特集◎数学史の質問箱

いま学んでいる事柄に関する疑問が,歴史に目を向けることで解ける場合は多い.今回は数学史を学ぶことや数学史自体に関する素朴な質問を通じて,数学への理解を深めよう.

人の成すことすべて歴史◎本橋洋一

数学文献,思いつくままに◎三宅克哉

定理にはどのように名前が付くのでしょうか?◎中村 滋

17世紀積分学成立前史/トリチェッリの場合◎三浦伸夫

微分積分と線形代数/成立の過程◎砂田利一

和算から見る数学の歴史◎小林龍彦

原典に学ぶ人びと◎高瀬正仁

数学セミナー2021年5月号

特集◎私が数学を志したころ

数学との関係は十人十色.今回はさまざまな分野の数学者が,数学との出会いや専門分野を決めた頃を語る.彼らの歩みを知ることで,学びのヒントが見つかるかも.

初ヒットが打てるまで◎大田春外

《好き》のかたちをアップデートしてゆくこと◎松本佳彦

数学を志すまで◎小薗英雄

お前が〇〇を覗くとき,〇〇もまたお前を覗いているのだ/
数学が好きだからって,数学者になりたいわけじゃない君へ
  ◎松井知己

数学の研究に憧れて◎伊藤由佳理

初めて読んだ論文/シュヴァレーとグロタンディーク◎堀田良之

価値創造スクエア/数学的な考え方で「素朴経営学」に向かい合う
  ◎菊池 誠

数学セミナー2021年4月号

特集◎なぜこの数学を学ぶのか

数学には,なぜ学ぶことになっているのか,初学者には分かりづらい分野があ
る.今回はそのようなものをいくつか集め,学ぶことのご利益などのモチベー
ションを伝えたい.

「なぜ数学を学ぶのか」と迷ったら◎増田 哲

線形代数の持つ力◎筧 三郎

なぜ「位相」を学ぶのか?◎牛瀧文宏

関数論◎宮地秀樹

圏論への誘い/次元の捉え方を巡って◎和久井道久

数学史:なぜ,そして,どのように◎足立恒雄

近年のアクチュアリー試験「数学」の問題から◎藤田岳彦

途上国での数学講義/
  パキスタンとルワンダでの滞在を回顧しつつ
◎志賀弘典

【新連載】
力学系とスペクトル理論◎千葉逸人

【新連載】
群と幾何をみる◎正井秀俊

【新連載】
誰も知らない多面体の秘密◎伊藤仁一

【新連載】
「数え上げの群論」はじめました◎吉田知行

【新連載】
パズルの算法◎上原隆平

【新連載】
表紙の切り絵◎岡本健太郎

【新連載】
原啓介の書棚探訪◎原 啓介

数学セミナー2021年3月号

特集◎ペンローズと数学

2020年ノーベル物理学賞を受賞したロジャー・ペンローズは,数学と物理学を中心に独創的な研究を行っている.今回は特に数学を軸にペンローズの業績を紹介する.

ペンローズの思い出◎佐藤文隆

ブラックホールと特異点定理◎野澤真人

ペンローズタイル◎谷岡一郎

ペンローズの不可能図形◎杉原厚吉

ツイスター理論◎高崎金久

追懐 久保田先生/クボタの準同型◎浅井哲也

NOTE/講評と解説◎ZZZ

数学セミナー2021年2月号

特集◎逆数学

数学は公理から定理を証明するものと考えられるが,「逆数学」ではその逆に,定理の証明に必要な公理を調べる.今回は逆数学の基礎と,多様な分野との関わりを紹介する.

逆数学/数学基礎論の再興◎田中一之

逆数学のこころ/白黒ではなく色鮮やかに◎木原貴行

限定逆数学◎黒田 覚

アルゴリズム的ランダムネスと計算可能測度論◎宮部賢志

逆数学と無限ゲーム◎吉居啓輔

より強い公理を要請する解析学の存在定理◎横山啓太

複素解析学の基礎と逆数学◎堀畑佳宏

直観主義論理上の逆数学◎根元多佳子

京都大学ガロア祭/問題と解説◎伊藤哲也・荒野悠輝