雑誌詳細:数学セミナー  2018年12月号

2018年12月号 通巻 686号

  • 紙の書籍
毎月12日発売
[特集1]
幾何の概念のアイデア
定価:税込 1,177円(本体価格 1,090円)
在庫あり
発刊年月
2018.11
雑誌コード
05423
判型
B5判
ページ数
98ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

現代の幾何学の概念は数式等で表現されるため、その幾何学的なアイデアが初学者には掴みづらい。今回は、そのような概念のアイデアを分かりやすく解説する。

__________________________

特集=幾何の概念のアイデア
__________________________

*曲率の素朴な考え方……伊藤哲也 8
*微分形式/局所的にも大域的にも便利な道具……中内伸光 12
*ファイバー束……久野雄介 17
*コホモロジー……清水達郎 24
*平行移動から『接続』へ……酒井高司 30
*特性類……久我健一 36
__________________________

・試験のゆめ・数理のうつつ/
微分方程式:軌道のゆくえ,相図のかわりめ……時枝 正 50

・人工知能は数学者になれるのか……甘利俊一 57
人工知能は意識を持てるのか

・やわらかいイデアのはなし/
基本近傍系・開基・稠密性……藤田博司 62

・数理のクロスロード/機械学習の数理/
(2) カーネル法とニューラルネットワーク……鈴木大慈 68

・双対と表現/加群の視点……梅田 亨 74


****
coffee break/わかることと伝えること……高松瑞代 1

眠れぬ夜の確率論/負の確率,のようなもの/魔法のコイン,
正負の打ち消し,超検索,その他の物語……原 啓介 2

数学短歌の時間(9)……永田 紅+横山明日希 48

表紙の裏側/さては線織玉すだれ……矢崎成俊 81

詰将棋の世界/フェアリーの世界(3)……齋藤夏雄 82

エレガントな解答をもとむ
 [出題]上原隆平,奥田隆幸 6
 [解答]ピーター・フランクル,岩沢宏和 84

京都大学ガロア祭/問題と解説……金沢 篤,塚本真輝 42

****
数セミメディアガイド
『低次元の幾何からポアンカレ予想へ』……下川航也 94
『天文の世界史』……井ノ口順一 95

2019年1月号(2018年12月12日発売)

特集=国際数学者会議2018

4年に1度開催される国際数学者会議(ICM)が、2018年8月にブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催された。今回はICMの様子とともに、各賞受賞者の業績を紹介する。