新刊情報 一覧

2024年4月12日

【新刊】『法学セミナー』『数学セミナー』2024年5月号、本日4月12日発売!

『法学セミナー2024年5月号』『法学セミナー』2024年5月号

特集=憲法問題の見つけ方

身近なニュースや社会現象から憲法上の問題の「芽」を見つけることで、憲法の面白さに触れる入門企画。


『数学セミナー2024年5月号』『数学セミナー』2024年5月号

特集=あの頃に出会った本・出会いたかった本

各分野の著者が、二十歳までに出会った思い出の本と、その後出会い「もしあの頃読んでいたら…」と夢想する本を選び、魅力を語る。

2024年4月12日

【刊行予告】『こころの科学 235号』(2024年5月号)、4月16日発売!


『こころの科学235号』『こころの科学 235号』(2024年5月号)

特別企画=感覚をめぐる子どもの困りごと

(内山登紀夫/編)
発達に特性をもつ子どもたちは、感覚過敏・鈍麻、運動などをめぐって困ることが多い。学校や支援現場での具体的対応を考える。

2024年4月12日

【電子書籍新刊】『数学セミナー』2024年5月号、本日4月12日より配信開始!

Kindle版の配信を4月12日より開始致します。(Amazonのサイトからご注文下さい。)

 

『数学セミナー2024年5月号』『数学セミナー』2024年5月号

特集=あの頃に出会った本・出会いたかった本

各分野の著者が、二十歳までに出会った思い出の本と、その後出会い「もしあの頃読んでいたら…」と夢想する本を選び、魅力を語る。

2024年4月8日

【新刊】『そだちの科学 no.42(2024年4月号)』本日、4月8日発売!

『そだちの科学2024年4月号』『そだちの科学 no.42』(2024年4月号)

(滝川一廣・杉山登志郎・田中康雄・村上伸治・土屋賢治/編)

特集=発達障害が多すぎる——精神科の診断を再考する

精神医学の診断は症状診断であって、疾病診断ではない。その前提を共有せずに発達障害が増え続けている現状をどう考えればよいか。

2024年4月5日

【刊行予告】『そだちの科学 no.42(2024年4月号)』4月8日発売!

『そだちの科学2024年4月号』『そだちの科学 no.42』(2024年4月号)

(滝川一廣・杉山登志郎・田中康雄・村上伸治・土屋賢治/編)

特集=発達障害が多すぎる——精神科の診断を再考する

精神医学の診断は症状診断であって、疾病診断ではない。その前提を共有せずに発達障害が増え続けている現状をどう考えればよいか。

2024年4月3日

【新刊】『本人・家族のための精神医学ハンドブック』、本日4月3日発売!

『本人・家族のための精神医学ハンドブック』『本人・家族のための精神医学ハンドブック こころの病気のやさしい教科書』

(大森哲郎/著)

各疾患のわかりやすい解説に加えた、本人のための「療養の心得」と、家族に向けた「家族と周りの人にできること」も充実の内容。
2024年4月2日

【新刊】『新・判例ハンドブック憲法[第3版]』他4冊、本日4月2日発売!

『新・判例ハンドブック憲法[第3版]』『新・判例ハンドブック憲法[第3版]』

(高橋和之/編)

2012年と2018年に刊行された初版と2版を経て、待望の3版。この間の重要な憲法判例の蓄積を踏まえ、的確に論点をまとめあげる。

『応用刑法2』『応用刑法2──各論』

(大塚裕史/著)

『基本刑法Ⅱ』で学んだ知識を、より深く、正確に理解させ、使いこなせる力に変える。法セミ連載を大改訂した実務刑法学入門。

『債権総論[第4版]』『債権総論[第4版] セカンドステージ債権法Ⅱ』

(野澤正充/著)《法セミ LAW CLASS シリーズ》

判例と通説を踏まえて債権法の体系を解き明かしたオーソドックスな民法教科書の改訂第4版の債権総論編。

『民法典序論』『民法典序論』

(ポルタリス/著、金山直樹/訳・解説)

法および立法とは何かという根本問題に正面から取り組み近代の幕開けを告げたテクストであるポルタリス『民法典草案』の翻訳解説。

『大学数学ガイダンス』『大学数学ガイダンス』

(数学セミナー編集部/編)

大学で学ぶ数学の分野紹介をメインに、数学を学ぶ意義や心構え、理工系学生なら身につけておきたい基本事項を一冊にまとめた。
2024年4月2日

【電子書籍新刊】『輻射輸送と輻射流体力学[改訂版]』他1冊、本日4/2配信開始!

Kindle版の配信を4月2日より開始致します。(Amazonのサイトからご注文下さい。)

 

『輻射輸送と輻射流体力学[改訂版]』『輻射輸送と輻射流体力学[改訂版]』《宇宙物理学の基礎 第3巻》

(梅村雅之・福江 純・野村英子/著)

宇宙のさまざまな現象を理解する輻射の理論の基礎を学ぶための教科書。改訂版では、さらに記述を加え、充実した内容に仕上げた。【プリントレプリカ版】

『経済安全保障の法的制御(法律時報e-Book)』『経済安全保障の法的制御』《法律時報e-Book》

(伊藤一頼・横大道 聡・渡井理佳子・阿部克則・二杉健斗・久保田 隆・髙山佳奈子・瀬田 真・藤澤 巌/著、法律時報編集部/編)

リベラルな経済秩序は今後どうなるのか。政府の規制権能に対する適切な法的制御の仕組みを検討し、経済安全保障とは何かを考える。【プリントレプリカ版】
*本書は、『法律時報』96巻1号(2024年1月号)の特集記事を収録しています(連載など、ほかのコンテンツは含まれておりません)。
2024年4月1日

【電子書籍新刊】『代数学3 代数学のひろがり[第2版]』『記述集合論要説』4月1日配信開始!

Kindle版の配信を3月29日より開始致します。(Amazonのサイトからご注文下さい。)

 

『代数学3[第2版]』『代数学3 代数学のひろがり[第2版]』

(雪江明彦/著)

テンソル代数、無限次ガロア拡大など、諸分野で必要となる発展的な話題を扱う。長く読みつがれた旧版を、さらに充実させ第2版化。【プリントレプリカ版】

『記述集合論要説』『記述集合論要説』

(田中尚夫/著)

ヒルベルト学派による「数学基礎論」とは違う問題意識を起源に持つ「記述集合論」。その歴史からトピックスまでを丁寧に解説。【プリントレプリカ版】
2024年4月1日

【新刊】『伊藤真の民事訴訟法入門[第6版]』他2冊、本日4月1日発売!

『伊藤真の民事訴訟法入門[第6版]』『伊藤真の民事訴訟法入門[第6版] 講義再現版』《伊藤真の入門シリーズ》

(伊藤 真/著)

2022年の民事訴訟法改正の内容を組み込んだ、定番の入門書の最新版。複雑な手続の流れと基礎知識を丁寧に解説。

『数学が人生を豊かにする』『数学が人生を豊かにする 塀の中の青年と心優しき数学者の往復書簡』

(フランシス・スー/著、徳田 功/訳)

連続強盗の罪で服役するクリス。数学者スー教授と文通を重ね、数学がいかに人々の日常に密接に結び付き人間の美徳を培うかを知る。

『内観法の再定位』『内観法の再定位 犯罪離脱への人為的契機となる具体的手法の研究』

(土ヶ内一貴/著)《青山学院大学法学叢書 第9巻》

国家が再犯防止のための介入を拡大させている近年の傾向の下で、受刑者の権利尊重に配慮する処遇観にも合致する内観法を再考する。