【経セミ連載】石原章史・伊藤秀史「関係的契約の経済学」サポート

経済セミナー連載(2020年8・9月号よりスタート)

石原章史伊藤秀史「関係的契約の経済学」

ウェブ付録・特設サイトのご案内


このページでは、石原章史先生(東京大学社会科学研究所准教授)と、伊藤秀史先生(早稲田大学大学院経営管理研究科教授)による『経済セミナー』連載、「関係的契約の経済学」のサポートウェブサイトをご案内しています。

本連載では、各回の内容の補足資料や、関連文献などを紹介するウェブ付録を、以下の特設サイトで提供しています。本誌とあわせて、ぜひご利用ください!


★特設サイト →【リンク】


 

■連載ラインナップ【各回の付録ページへの直リンク】

  • 第1回:「公式契約と関係的契約」(2020年8・9月号)【リンク】
  • 第2回:「関係的契約でのインセンティブの与え方」(2020年10・11月号)【リンク】
  • 第3回:「関係的契約下での競争と協調」(2020年12月号・2021年1月号)【リンク】
  • 第4回:「公式契約と関係的契約の相互作用」(2021年2・3月号)【リンク】
  • 第5回:「主観的業績評価」(2021年4・5月号)【リンク】
  • 第6回:「レントと後払い報酬」(2021年8・9月号掲載)の付録【リンク】

★以下連載継続中!


■著者紹介
石原章史(いしはら・あきふみ)

東京大学社会科学研究所准教授。
2012年、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス博士課程修了(Ph.D. )。
アーヘン工科大学博士研究員、京都大学大学院経済学研究科講師、政策研究大学院大学助教授、同准教授を経て、2019年より現職。
主著:“Role of Information Rents in Relational Contracts,” (Journal of Economics & Management Strategy, 25(4): 936-957, 2016); “Relational Contracting and Endogenous Formation of Teamwork,” (RAND Journal of Economics, 48(2): 335-357, 2017).

伊藤秀史(いとう・ひでし)

早稲田大学大学院経営管理研究科教授。
1988年、スタンフォード大学ビジネス・スクール博士課程修了(Ph.D. )。
京都大学経済学部助教授、大阪大学社会経済研究所助教授、一橋大学大学院商学研究科教授等を経て、2017年より現職。
主著:『ひたすら読むエコノミクス』(有斐閣、2012年); 『組織の経済学』(小林創、宮原泰之と共著、有斐閣、2019 年); “Formal Contracts, Relational Contracts, and the Threat-Point Effect,”(with H. Morita, American Economic Journal: Microeconomics, 7: 318-346, 2015).