『経済セミナーe-book』(Kindle版)発売中!

『経済セミナー』各号の特集を集めた電子書籍(Amazon Kindle版、各550円(税込))を発売しています。コンテンツは随時追加予定。

学習に役立つコンテンツ、現実の問題に経済学で切り込む企画、新学期のガイダンス企画、各分野のホットトピックをナビゲートする企画など、さまざまなラインナップをお届けします。

ご案内特設サイトをオープン!【2020年2月1日】 【リンク】


KSeb1 KSeb2 KSeb3 KSeb4 KSeb5 KSeb6

KSeb7 KSeb8 KSeb9 KSeb10 ebook_no11_190924 ebook_no12_190924

ebook_no13_191025 ebook_no14_191025 ebook_no15_191210 ebook_no16_20200122 ebook_no17_20200210 ebook_no18_20200122 

ebook_no19_20200401 ebook_no20_20200513 ebook_no21_20200602

ナッジで社会は変わるのか(経済セミナー e-Book 21)

社会の様々な制度や仕組みに適用されつつあるナッジ。
政策やビジネス、日常生活の中に存在するさまざまな問題に、
ナッジはどう活かされているのか?
さまざまな実際の活用例を紹介しつつ、ナッジの可能性を考える。

・【鼎談】社会で活きるナッジの手法…竹内幹×星野崇宏×山根承子
・経済学としてのナッジ…竹内幹
・環境政策に活きるナッジ…牛房義明
・「他の人は○○しています」:医療・健康分野の社会比較ナッジの使い方…佐々木周作
・職場を活かすナッジ…黒川博文
・マーケティングに活きるナッジ…西尾チヅル

医療・健康と経済学(経済セミナー e-Book 20)

「エビデンスに基づく政策」が最も望まれるのは、医療・分野ではないか。
今回はとくに「健康」に焦点をあてた実証分析の成果を紹介しながら、
データが果たす役割の重要性についても考える。

・【対談】データを活かした医療政策を:20年後の社会を見据えて…西内 啓×野口晴子
・相対所得仮説とソーシャル・キャピタル:
   健康な社会環境整備に向けたエビデンス…近藤尚己
・出生体重が子どもの将来に与える影響:
   非実験データからわれわれは何を学ぶのか?…丸山士行
・ジェンダーが健康に与える間接的影響…本庄かおり
・アメリカの医療保険制度改革:
   オレゴン州の「実験」からわかること…飯塚敏晃
・健康とおカネは似ている?:医療現場と行動経済学…久坂部羊
   (大竹文雄氏とのディスカッションも収録)

 

実践で活きる経済学(経済セミナー e-Book 19)

経済学を「使う」にはどうすればよいのか?
経済学を使えるようになると、どんなキャリアが拓かれるのか?
また現在、政策やマネジメント、マーケティング等の現場ではどのように活用されているのか?
経済学を、研究と実践の両面からみつめてみよう。

・【鼎談】経済学でキャリアを創る…西尾昭彦×泉敦子×渡辺安虎
・テック企業は経済学をどう使う?…安井翔太
・人と組織を経済学で活かす…大湾秀雄
・マーケティングに活かす経済学…天野友道
・コーポレート・ファイナンス理論と企業価値評価の実務…鈴木一功
・【インタビュー】経済学で挑む新事業“CRAB":
   混雑緩和メカニズムの社会実装
   …池上慧・奥村恭平・松下旦・八下田聖峰

ファイナンスのすすめ (経済セミナー e-Book 18)

「ファイナンス」と呼ばれる分野は、大きく「キャピタルマーケット」と「コーポレートファイナンス」の2つに分類できます。それらは、どのような内容を学び、どんな問題意識で研究が進められているのでしょうか?

本書では、経済学で学ぶ内容と関連づけながら、ファイナンス理論の基礎から最近の動向まで、その全体像を詳しく解説!

【対談】ファイナンスの学び方……大橋和彦×竹原 均
資産運用論(インベストメント)とはどのような学問か……久保田敬一
金融リスク管理の基礎……細野薫
金融商品のプライシング:保険・投信・仕組債を考える……森平爽一郎
コーポレートファイナンスの現場:
  プライベート・エクイティ・ファンドとLBO……井上光太郎
コーポレート・ガバナンスは何を目指すか……宮島英昭
新規株式公開(IPO)にともなうアンダープライシング現象……忽那憲治

貧困削減のこれまでとこれから (経済セミナー e-Book 17)

「貧困とは何か?」「なぜ存在するのか?」「どうすれば削減できるのか?」これらの問いに、経済学は古くから挑んできた。巻頭では、研究・実務の両面でリードしてきたスティグリッツ氏が、これまでの歩みと展望を語る。

2019年ノーベル経済学賞受賞で実験アプローチに注目が集まる中、より幅広い視点で、過去から現在までの経済学が貧困問題どう向き合ってきたかを冷静な観点で見つめ直す。

2020年2・3月号の特集記事7本に加え、2019年ノーベル経済学賞が政策実践とアカデミアに与えた影響を解説した2本の記事も収録!

【インタビュー】グローバル化する世界における経済学者の役割とは
  ……ジョセフ・スティグリッツ、聞き手:島田剛
開発経済学の中で貧困はどのように捉えられてきたか?……絵所秀紀
開発経済学者は当事者か、評価者か?:開発経済学の変遷……山形辰史
よりよい政策評価に向けて:研究の質を高めるための近年の取り組み
  ……高橋和志
貧困問題と開発経済学……大塚啓二郎
貧困と雇用:アフリカにおける産業政策と経済学の役割……島田剛
貧困の計測手法:よりよい尺度を求めて……黒崎卓
RCT革命は開発政策の現場をどう変えたのか?……青柳恵太郎・小林庸平
研究と実践のサイクルを変えた技術革新:バナジー、デュフロ、
  クレマーのRCTアプローチ……手島健介

基礎から始める! ファイナンス理論 (経済セミナー e-Book 16)

「ファイナンス理論とは何か?」から始めて、「ファイナンス理論の全体像を俯瞰する」ことを目的とする。近寄りがたいイメージを抱きがちなファイナンス理論に一歩せまるための、「本格的入門」特集。

【対談】社会に役立つファイナンス理論:リスク社会を賢く生きる
  ……今野浩×森平爽一郎
ファイナンス理論の現在……楠岡成雄
ファイナンスに必要な数学:確率解析を中心に……藤田岳彦
デリバティブ価格理論の基礎……刈屋武昭
現代ポートフォリオ理論:不確実な将来にいかに備えるか……大橋和彦
行動ファイナンス理論入門:投資家心理を組み込んだ新たな分析へ……真壁昭夫

機械学習は経済学を変えるのか? (経済セミナー e-Book 15)

目覚ましく進化を遂げる機械学習。その影響は、社会をそして経済学をいかに変えるのか。実務・学界双方の目で展望を描く。

注意: 底本(2019年12・2020年1月号)特集のうち、上野山勝也・成田悠輔「対談:デジタル化と機械学習が社会を変える」は未収録です。また、710号(2019年10・11月号)より、上田路子「参議院選挙を予測してデータサイエンスを学ぶ」を収録しています。

経済分析のツールとしての機械学習……依田高典
機械学習に潜む公平性の問題 ……小宮山純平
機械学習はデータを解釈できるのか?……今泉允聡
機械学習は自然実験を作り出す……矢田紘平・成田悠輔
参議院選挙を予測してデータサイエンスを学ぶ:
  早稲田大学データサイエンスコンペティションを開催して……上田路子

しっかり入門・計量経済学:アドバンスト理論編(経済セミナー e-Book 14)

計量経済学の基礎を一通りマスターした人を対象に、発展分野の理論について概観する。「経済セミナー e-Book 11 しっかり入門・計量経済学:回帰分析編」の続編。

【対談】計量経済学の現在と将来:回帰分析の先にあるもの……沖本竜義×海道宏明
パネルデータ分析で活きるファクターモデル……奥井亮
マクロ経済政策の波及効果と時系列分析……新谷元嗣
ノンパラメトリックモデルで進む経済実証分析……西山慶彦
ベイズ計量経済分析入門:より柔軟なモデリングの実践に向けて……小暮厚之
ミクロ計量経済分析序説……松浦克己

世の中を変えよう! フィールド実験入門(経済セミナー e-Book 13)

開発・教育・医療・エネルギーなどの分野で「最強の経済学」として注目されるフィールド実験。実生活の中でランダム化比較試験(RCT)を行うフィールド実験の歴史から実際のやり方まで、わかりやすく解説する。

2019年ノーベル経済学賞を受賞したアビジット・バナジー、エステル・デュフロ、マイケル・クレマー各氏の実験アプローチによる業績も紹介!

【対談】フィールド実験のすすめ……依田高典×澤田康幸
フィールド実験への招待……伊藤公一朗
公共財の供給に関するフィールド実験……関絵里香
開発経済学におけるフィールド実験の潮流……高橋和志
電力消費のフィールド実験……田中誠
医療・健康分野でのフィールド実験を進めるために……重岡仁
ラボ実験とフィールド実験:学生相手の実験のどこが悪いのか……竹内幹

経済学でみる新しい決済と金融(経済セミナー e-Book 12)

いわゆる「キャッシュレス決済」や「暗号通貨」が脚光を浴びるいま、改めてキャッシュレス化の社会への影響を経済学の視点から考える。

【対談】キャッシュレス化は何を変えるのか?……瀧俊雄×戸村肇
キャッシュレス化推進のために何が必要か:消費者、小売・サービス事業者の視点から……中田真佐男
決済サービスを支える金融インフラの高度化:コスト削減から付加価値の創造へ……小早川周司
銀行はなくなるのか?:銀行の特殊性と異業種参入……戸村肇
キャッシュレス決済と消費者被害……三平剛
暗号資産の展開と規制:経済学の観点から……石田良・服部孝洋
「お金」の今昔物語……鎮目雅人

しっかり入門・計量経済学—回帰分析編(経済セミナー e-Book 11)

計量経済学を学びはじめる人向けの、理論の説明を中心とした入門特集。まずは、計量分析のなかでも特に重要な「回帰分析」をきちんと理解することを目標に掲げる。

【対談】計量経済学の魅力:データから広がる世界……永瀬伸子×縄田和満
計量経済分析序説……市村英彦
統計学と計量経済学……美添泰人
入門・回帰分析……白砂堤津耶
統計的仮説検定と回帰分析……鹿野繁樹
回帰分析の基礎:時系列データへの単一方程式法の適用……細谷雄三

消費税で入門!公共経済学(経済セミナー e-Book 10)

2019年10月に予定される消費税引き上げをめぐり景気への悪影響が懸念される一方、社会保障をはじめとする公共サービスの財源確保も重要な課題である。消費税率の改定を機に、税や政府の役割、さらには公共経済学の役割について、日本の事例やデータを紹介しつつ、考えたい。

【対談】消費税と社会保障のゆくえ……佐藤主光×鈴木亘
消費税は景気を悪くするのか?:税制とマクロ経済……平賀一希
消費税と地方財政の関係は?:安定財源としての地方消費税……上村敏之
なぜ消費税を上げるのは難しいのか?:消費増税の政治経済学……小林航
なぜ消費税を上げるのか?:最適課税理論と日本の選択肢……西村幸浩
行動経済学は税制を変えるのか?:行動経済学と税制……國枝繁樹

徹底マスター!最適化(経済セミナー e-Book 9)

経済数学の重要ポイントである最適化。初学者から上級まで、それぞれの段階の最適化問題を紹介しつつ、自分で解けるようにする。

【対談】数学からみる経済学:社会のモデル化と数学的手法……楠岡成雄×武隈愼一
経済数学事始め……丹野忠晋
制約付き最大化問題を解く……図斎大
経済学で出る包絡線定理……尾山大輔・安田洋祐
経済学と不動点定理……浦井憲
分離超平面定理とその応用……原千秋
マクロ経済学における動的最適化……上東貴志


統計の役割を考える(経済セミナー e-Book 8

統計データは、なぜ重要なのか? 社会や経済の多様な状態や動きを描き出し、政策・研究でも活用されてきた統計の役割を、さまざまな問題が指摘される今こそ、改めて考えたい。

「経済セミナー編集部ブログ」内の本号サポートページで、本号特集の各記事で触れられた統計・調査の情報を一覧でご覧頂けます。ぜひご利用ください。

【対談】統計が果たすべき役割と改善への道筋……北村行伸×重岡仁
【インタビュー】統計問題の本質……西村清彦
家計・消費統計と経済学……宇南山卓
企業行動と経済統計……宮川努
労働統計と経済学……山本勲
GDP統計と経済学……小巻泰之
物価統計における民間データの活用……渡辺努
日本の統計の質はどう評価できるのか?:経済学研究者の視点から……川口大司

経済学で疑問解決(経済セミナー e-Book 7)

経済学をこれから学ぶ人を対象とした経済学入門の特集。経済学を学ぶ意義を、具体的な社会問題を考えることで紹介!

オリンピック・パラリンピックにはどんな経済効果があるのか……牛島光一
財政赤字はなぜ問題なのか……中里透
軽減税率は導入すべきなのか……中田大悟
巨大デジタル・プラットフォーマーが問題視されるのはなぜか……黒田敏史
外国人労働者の受け入れは何が問題か……中島隆信
なぜ子どもの貧困は増加したのか……阿部彩
【座談会】「経済学の魅力と有用性:学ぶ側の視点から」
      ……東京大学公認学生団体UTEA
        小田原悠朗×金子雄祐×小林雅典×澤山健×中神響子


災害と経済学(経済セミナー e-Book 6)

地震、台風、大雨、噴火など、日本各地で多様な災害被害が発生している。これら自然災害に対して経済学は何ができるのか。

【対談】東日本大震災から何を学ぶか:想定外を想定する想像力……齊藤誠×星岳雄
 自然災害と経済成長……乾友彦 サプライチェーンを通じた災害の経済被害の波及……戸堂康之
 災害後の革新と創造:東日本大震災後の聞き書きから……上村麻子・星岳雄
 災害リスクとリスク管理……堀江進也・馬奈木俊介
 原発事故の被害拡大状況の推計……行武憲史
 自然災害は人々の選好にどのような影響を与えるか……澤田康幸・黒石悠介

検証:現代日本の金融政策(経済セミナー e-Book 5)

黒田総裁就任以降のこれまでの日銀の金融政策は、物価の上昇、日本の景気回復に対し、どのような効果があったのか。現段階でのデータをもとに経済学者が金融政策を分析するにあたり、確かな研究に基づいて言えることを紹介する。

【対談】異次元の金融緩和政策をどう評価するか……伊藤隆敏×塩路悦朗
黒田総裁以降の金融政策:これまでの歩みと出口への展望……福田慎一
非伝統的政策のマクロ効果:QQE以降何が変わったのか……小枝淳子
政策金利とフォワードガイダンスの効果……柴本昌彦
財政ファイナンス色を帯びてきた日銀の資産買い入れ……左三川郁子
量的緩和の出口と日銀損失の試算……戸村 肇

経済学を問い直す:経済学方法論への招待(経済セミナー e-Book 4)

なぜ経済学は抽象的なのか。なぜビジネスとの関わりが薄いのか。そもそも経済学とは「科学」なのか。経済学に寄せられるさまざまな批判に対して経済学方法論というツールがどのような役割を担い応えているのか、解説する。

【鼎談】経済学への疑問、批判、そして期待……有江大介×野原慎司×横山禎徳
【インタビュー】経済学の省察:幅広い科学論の適用を目指して
    ……D. ウェイド・ハンズ高見典和(聞き手・文)、野原慎司(聞き手)
科学方法論と経済学:経済学を哲学的に考える……原谷直樹
J. S. ミルの経済法則概論:その現代的意義……佐々木憲介
厳しさ(経済)と優しさ(福祉)の接点……小峯敦

いま知りたい開発経済学(経済セミナー e-Book 3)

貧富の差を埋める活動は、世界規模で、数多くの団体によって行われている。しかし、そのコストや問題点については、つねにさまざまな議論が交わされる。多様な意見や社会情勢の影響を受ける援助・開発の分野において、根拠をもった経済学の知見が果たす役割は大きい。「現場」に生きる経済学を、いまこそ見つめ直したい。

【鼎談】現場では何が問題となっているのか……青柳恵太郎×佐藤寛×高崎善人
開発経済学の功績……黒崎卓
開発経済学の潮流:データを切り口に……山﨑潤一
アフリカにおける緑の革命にむけて……中野優子
開発経済史:「途上国」日本からの学び……有本寛
行動経済学/実験経済学を用いた開発経済学の可能性:
    さぼり癖と義理人情と経済発展……庄司匡宏


賃金の決まり方を経済学で考える(経済セミナー e-Book 2)

「人手不足なのに賃金が上がらない」「同一労働でも正規雇用者と非正規雇用者での賃金に差がある」など、賃金をめぐる問題が近年注目を集めている。そもそも賃金とはどのようにして決まるのか。経済学での扱い方を解説することからはじめ、現実との相違点などを明らかにしていく。

【対談】産業構造の変化・グローバル化と賃金の動向……清田耕造×近藤絢子
人的資本と賃金の決まり方……横山泉
非正規雇用と賃金……鶴光太郎
男女間の賃金格差はなぜ生まれるのか……臼井恵美子
「どこで働くのか」が賃金を決める……近藤恵介
情報通信技術や人工知能で賃金・雇用はどう変わるか……久米功一

 経済学のリテラシーを高めよう(経済セミナー e-Book 1)

経済学には多様な分野がある。また、18世紀ごろから始まった比較的新しい学問ということもあり、いまでも新たな理論や分析手法が生まれ続けている。これから経済学を学ぶ人、かつて経済学を学んだ人へ、現在の経済学を活用するヒントを提供する。

【対談】知れば得する経済学……大竹文雄×小巻泰之
[ミクロ経済学]「需要曲線と供給曲線の交点で価格は決まる」
    なんて言われてもピンとこなかった人たちへ……市野泰和
[マクロ経済学・金融政策論]日本銀行の金融政策:その効果と限界……寺西勇生
[労働経済学]就職活動の仕組み:「情報の非対称性」をいかに解消するか……安藤至大
[環境経済学]環境問題を経済学で解決:排出量取引って何?……有村俊秀
[開発経済学]MDGsからSDGsへ:理想主義から一国中心主義へ……山形辰史
[法と経済学]法律は経済にどんな影響を与えるのか……柳川範之
[経済史学]江戸時代日本の経済分析からみえる経済史学の可能性……高槻泰郎
[社会保障・実証分析]福祉国家と社会保障の実証分析:日本についての研究を中心に……安藤道人