◆8月号(92巻9号) 憲法と競争

★バックナンバーの購入はこちらから★

競争法の執行は、基本的人権や民主主義の保障に資するか。GAFA等の台頭を踏まえ、競争原理と憲法原理の接近を探究する。

 
<特集 「憲法と競争」より>

◆憲法と競争

 1 はじめに
 山本 本号では、「憲法と競争」という特集を組ませていただきました。その背景の1つには、GAFAに代表されるプラットフォームの台頭があります。それらは、これまで我々が社会的権力、経済的権力などと … (本誌より抜粋/本文内容一部参照できます!

 
 
 

—— 2020年8月号目次——

◇憲法と競争

[座談会]憲法と競争 … 岡田羊祐・伊永大輔・吉川智志・山本龍彦

「競争」の観念とその立憲的価値――競争法の視点から … 石岡克俊

思想の自由「市場」と国家――表現の自由の「環境」構築を考える … 水谷瑛嗣郎

公共放送の競争秩序上の位置づけ
――とくに公共メディアの問題系を中心として … 波多江悟史

選挙競争と憲法――試論的考察 … 吉川智志

地方自治と競争 … 飯島淳子

租税競争は手なずけられるのか?――OECDの挑戦 … 吉村政穂

 

▼小特集 感染症対策の正義と法

解題に代えて――コロナ問題はいかなる問題か … 米村滋人

危機管理能力なき無法国家――コロナ危機で露呈する日本の病巣 … 井上達夫

匿名の権力――感染症と憲法 … 江藤祥平

新型コロナウイルス感染症:“COVID-19”の科学論

――「疾病の認識」と「専門家の役割」 … 神里達博

新型コロナウイルス感染症にテストされる感染症法(上) … 太田匡彦

 

■特別企画 事業活動と公益をめぐる法の対話

――ノグチ・ルーム移設事件を題材に

私人による公益実現の位置づけ――有体物の利用への制約を例に … 渕 圭吾
「創作活動」「美術品」の産業的側面
――デジタル時代における考察の基礎 … 松井智予

 

公安委員会に属する事務を専決事項とすることの違法性
――沖縄高江への愛知県警機動隊派遣住民訴訟(名古屋地判2020年3月18日) … 稲葉一将

 

【新連載】
ミクロ憲法学の可能性
・1-1
新しい葬法の登場と「弔う秩序」 … 片桐直人

【新連載】行政法の基礎理論・1-1
企画趣旨 … 太田匡彦
情報技術の展開と行政法(上) … 原田大樹

【連載】新しい土地法・3-1
土地所有権と憲法(上)――土地基本法の制定・改正論議から考える … 平良小百合

【連載】消費者法の作り方――規範の基底価値・存在形式・内容・8
消費者法の規範・実現主体のベターミックスはいかにして可能か
――消費者契約法4条とその周辺を例として … 丸山絵美子

 

「接触確認アプリ」の導入問題から見える課題曽我部真裕 【法律時評】
(Web日本評論にて全文公開中。会員登録でお読みいただけます。登録は無料です)