法セミ総目次2023年度~

総目次(2023年度~)

【法学者の本棚】(毎号掲載)
◆2023年度
◆2024年度

【#ゼミを語ろう】(不定期掲載)

【ここに弁護士がいてよかった】 2021年9月号~現在(2024年4月より不定期掲載)

とある元裁判官の随想録(2024年4月号~現在)

【論説】
◆2023年度
◆2024年度

【特集】
◆2023年度
◆2024年度

【特別企画】(不定期掲載)

【連載】

FOCUS 憲法Ⅳ(リレー連載) (2023年6月号~2024年3月号)

◆憲法へようこそPartⅡ(2023年2月号~2023年5月号)

◆憲法へようこそPartⅢ(2024年4月号~現在)

◆憲法よりもまだ深く(2024年4月号~現在)

◆憲法と行政法の交差点(リレー連載) (2022年4月号~現在)

◆主張立証構造からアプローチする基本民法判例(2024年4月号~現在)

紛争類型で学ぶ民法演習(千葉惠美子)  (2020年4月号~現在)

契約法を考える(山城一真) (2021年4月号~2023年9月号)

家族法のアラカルト(石綿はる美)(2022年11月号~現在)

新しい刑事政策(2024年4月号~現在)

歴史に学ぶ商法・会社法(高田晴仁) (2021年12月号~現在)

◆くらべてわかる会社法(2024年4月号~現在)

◆新しい刑事政策(2024年4月号~現在)


裁判実務と対話する刑法理論(リレー連載) (2021年4月号~現在)

入門刑法Ⅰ[総論](大塚裕史) (2023年4月号~現在)

◇その他
Law of IoB インターネット・オブ・ブレインズの法 (2022年4月号~2024年3月号)

誰ひとり取り残さない――スタッフ弁護士の実践 (2023年4月号~2023年6月号)

【最新裁判例研究】
◆憲法
◆行政法
◆民法
◆商法
◆民事訴訟法
◆知的財産法
◆刑法
◆刑事訴訟法
◆労働法
◆経済法
◆租税法

REPORT(不定期掲載)

【書評】
◆2023年度
◆2024年度

【法学セミナーe-book】
◆2023年度
◆2024年度

法学者の本棚
◆2023年度
2023年 4月号 あなたの行動を指示するのは誰?‥‥‥田岡絵理子
――スタンレー・ミルグラム『服従の心理』1頁
2023年 5月号 難しそうな本にチゃレンジしては?‥‥‥村上裕章
――室井 力 『特別権力関係論』1頁
2023年 6月号 可能性感覚を求めて‥‥‥近藤圭介
――大川 勇『可能性感覚――中欧におけるもうひとつの精神史』1頁
2023年 7月号 大学で古典を読み、教わったこと‥‥‥木下和朗
――ロック『市民政府論』1頁
2023年 8月号 砂金掘りの愉しみ‥‥‥若松良樹
――パスカル『パンセ』1頁
2023年 9月号 さあ、作りましょう‥‥‥八田卓也
――財団法人ベターホーム協会 編『ベターホームのお料理二年生――定番料理を絶対おいしく作る基本とコツ』 1頁
2023年 10月号 希望の処方‥‥‥許 末恵
――中井久夫『こんなとき私はどうしてきたか』1頁
2023年 11月号 法で人間の本質を覗き込む‥‥‥三輪まどか
――宮部みゆき『火車』1頁
2023年 12月号 読書がくれるもの‥‥‥川崎友巳
 ――阿部謹也『ハーメルンの笛吹き男――伝説とその世界』1頁
2024年 1月号 信託を学ぶと元気になる・・‥‥名津井吉裕
――友松義信『信託の世界史――10のテーマで学ぶ信託とフィデューシャリー・デューティーの起源』1頁

2024年 2月号 土偶を読むを読むを読む‥‥‥仲野武志
――望月昭秀 編『土偶を読むを読む』 1頁
2024年 3月号 生きること それがただちに 人生なのだ――山下和美著『天才 柳沢教授の生活』・・‥‥北方喜宣 1頁
◆2024年度
2024年 4月号・法律学との和解――ジャン=ポール・サルトル『嘔吐』‥‥‥野田 進 1頁

ゼミを語ろう(不定期掲載)
◆2023年度
2023年 4月号  愛媛大学法文学部 小田敬美ゼミ(民事訴訟法)  2頁
2023年 5月号  大阪市立大学法学部 金澤真理ゼミ(刑事法)  2頁
2023年 10月号 関西大学政策創造学部 山中友理ゼミ(刑法)  2頁
2023年 11月号 長崎大学多文化社会学部 河村有教ゼミ(国際公共政策(法学))2頁
2023年 1月号 早稲田大学法学部 松原芳博ゼミ(刑事法) 2頁

ここに弁護士がいてよかった
◆2023年度
2023年 4月号  (19) ひまわり赴任経験という「基盤」‥‥‥平岡路子 66頁
2023年 5月号  (20) 飲み会クイーンと呼ばれて‥‥‥笹森真紀子 46頁
2023年 6月号  (21) ひまわり基金弁護士を訪ねて‥‥‥加賀山 瞭 46頁
2023年 7月号  (22) Road to Awajishima ・・‥‥星野拓哉 46頁
2023年 9月号  (23) 最北端の町で弁護士をするということ‥‥‥池田慎介 44頁
2023年 10月号(24) 司法過疎地から企業内弁護士へ‥‥‥長田智己 62頁
2023年 11月号(25) 遠野の人々に支えられて・・‥‥相髙宏太 60頁
2024年 1月号  (26) 弁護士としての「自立」を目指して――登録10年目、キャリアプランを立てずに歩んだらこうなりました・・‥‥佐々木久実 56頁

2024年 2月号  (27)ひまわり基金弁護士のキャリアパス・・‥‥加賀山 瞭  60頁

とある元裁判官の随想録
・2024年 4月号 第1回 裁判官生活の始まり――37年間のスタートを振り返って 2頁

論説
◆2023年度
・2023年 4月号 日本における内密出産制度の展望‥‥‥床谷文雄 52頁
・2023年 5月号 霊感商法・寄附の不当勧誘と新たな法規制――消費者契約法の改正と寄附不当勧誘防止法の制定‥‥‥宮下修一 38頁
・2023年 6月号 鑑定留置制度の現状と課題‥‥‥笹倉香奈 53頁
・子どもの権利条約と自治体子ども施策――朝鮮学校への東京都補助金「凍結」問題を題材に考える‥‥‥松原拓郎 60頁
・2023年 7月号 法学部生を念頭に置いた「ChatGPT等のAIとの賢い付き合い方」――AI時代のキャリアデザインを踏まえて‥‥‥松尾剛行 48頁
・2023年 8月号 「改正」入管法が成立、露呈した難民認定制度の構造的な課題‥‥‥小田川綾音 42頁
・制度のリアリズム──規制は力ある者たちのためにある‥‥‥仮屋広郷  50頁
・2023年 9月号 GPS型電子監視を使用した保釈――刑事司法の転換点‥‥‥甘利航司  46頁
・LGBT理解増進法の何が問題なのか‥‥‥ 鈴木 賢  56頁
・トランスジェンダー女性問題から見える社会の歪み――経済産業省職員事件‥‥‥立石結夏 62頁
・2023年 10月号 こども家庭庁・こども基本法・生徒指導提要(改訂版)からみた総合的子ども法制論の基本問題‥‥‥宮盛邦友 56頁
・2023年 11月号 大麻使用罪の創設をめぐる議論から「その人らしく生きる」を考える・・‥‥丸山泰弘 44頁
・デジタルプラットフォームはCookie(クッキー)で何をしているのか?・・‥‥坂倉陽一郎 51頁
・2023年 12月号 マイナンバー制度とは?‥‥‥實原隆志 44頁
・2024年 1月号  生成するAIとせいせいしない著作権法・・‥‥金子敏哉 49頁
・2024年 2月号 最高裁による性同一性障害特例法の違憲決定‥‥‥河嶋春菜  40頁
・憲法53条後段による臨時国会の召集要求と司法審査
――最高裁令和5年9月12日判決の意義‥‥‥橋本基弘  47頁
・2023年ガザ戦争と国際人道法
――紛争の性格付けはなぜ重要か?‥‥‥新井 京  52頁
・2024年 3月号 最高裁における弁論――「宮本から君へ」訴訟上告審判決を見る視点・・‥‥蟻川恒正 45頁
・日本版DBSの課題と展望・・‥‥高平奇恵 52頁
◆2024年度
・2024年 4月号 閉鎖会社のガバナンスにおける課題と近年の動き‥‥‥松井智予 49頁

特集
◆2023年度
2023年 4月号 法学入門2023――いま法を学ぶ意味
【憲法】人権のダイナミズム・・‥‥巻 美矢紀 10頁
【民法】民法の規定の背景にあるもの――売主の契約不適合責任を素材として‥‥‥田中 洋 16頁
【刑法】情報化社会において刑法を学ぶ意‥‥‥…渡邊卓也 22頁
【民事訴訟法】「タイパ」からの民事訴訟法入門‥‥‥棚橋洋平 28頁
【刑事訴訟法】条文の背景にある歴史や社会をみる――被疑者取調べをめぐるダイナミズム・・‥‥京 明 34頁
【会社法】会社法の変遷とそのダイナミズム・・‥‥髙橋陽一 40頁
【国際法】いま、国際法への信念を問う――ダイナミズムを生み出す(脱)学習‥‥‥根岸陽太 46頁

2023年 5月号 憲法を生かす
主権者としての受刑者――在外国民審査権訴訟から受刑者選挙権訴訟への軌跡‥‥‥吉田京子 6頁
在外国民審査権訴訟――公共訴訟のススメ‥‥‥井桁大介 12頁
強制送還と裁判を受ける権利‥‥‥児玉晃一 19頁
「表現の自由」の基盤としてのインターネット――コインハイブ事件最高裁無罪判決‥‥‥平野 敬 25頁
技能実習性孤立死産「死体遺棄」事件――孤立出産に対する懲罰的態度から福祉への転換に向けて‥‥‥石黒大貴 31頁

2023年 6月号 続・刑法の「通説」
暴行罪の「通説」に潜む問題とその乗り越え方――本企画が目指すもの‥‥‥樋口亮介 4頁
名誉概念の「通説」‥‥‥嘉門 優 12頁
領得罪の「通説」‥‥‥穴沢大輔 19頁
財産的損害をめぐる「通説」――実質的個別財産説に潜む問題‥‥‥冨川雅満 25頁
文書偽造罪の「通説」‥‥‥成瀬幸典 32頁
刑法の「通説」と判例――最高裁調査官の経験を踏まえて‥‥‥藤井敏明 38頁

2023年 7月号 責任はどこから――責任原則とその展開
民法上の責任に関する原則‥‥‥野澤正充 4頁
責任無能力者の行為に基づく監督者の責任はどこから?‥‥‥白石友行 10頁
専門家の責任――医師の責任を中心に‥‥‥山口斉昭 16頁
国家賠償法1条1項に基づく責任の根拠と公務員の個人責任の位置づけ‥‥‥津田智成 22頁
製造物責任における無過失責任――製造物責任法の課題と展望‥‥‥永下泰之 28頁
デジタルプラットフォームにおける無過失責任――製造物責任法の課題と展望 ・・‥‥カライスコス アントニオス 34頁
災害と免責事由――契約責任における帰責事由?免責事由?‥‥‥廣峰正子(廣は广に黄) 40頁

2023年 8月号 試験というコミュニケーション
企画趣旨‥‥‥御幸聖樹 3頁
【憲法】事案に即して「悩み」を見せる――憲法の試験で求められるコミュニケーション‥‥‥御幸聖樹 4頁
【民法】事例解決のための思考プロセスを身につける──請求権を起点とした規範構造の把握とその活用‥‥‥林 耕平 10頁
【刑法】刑法の事例問題の作り方──どのように架空事例を創造しているのか?‥‥‥上田正基 17頁
【行政法】規範と事実の間を埋める──個別行政法分析のススメ‥‥‥須田 守 23頁
【会社法】会社法の規定内容が試験で問われる――権限分配・行為の手続・利害調整・救済ルール‥‥‥山下徹哉 29頁
【民事訴訟法】抽象的文言に注意――空中戦の落とし穴‥‥‥浅野雄太 35頁

2023年 9月号 いまこそ知りたい「税法」入門
企画趣旨‥‥‥髙橋祐介 5頁
戦争と租税――租税の役割、性質、限界事例‥‥‥佐藤英明 6頁
どうすれば税負担を減らせる?――就職後を見据えて‥‥‥倉見智亮 12頁
働く若者と租税‥‥‥田中晶国 18頁
租税からみた家族・性・子ども‥‥‥加藤友佳 25頁
富裕層はつらいよ!?――資産と租税‥‥‥辻󠄀 美枝 31頁
デジタル社会と租税――「税」網伭々疎にして漏らさず‥‥‥安井栄二 37頁

2023年 10月号 戦争犯罪に立ち向かう
ロシアによるウクライナ侵攻に対する国際刑事法のアプローチ――誰により、どのように研究されているのか‥‥‥越智 萌 4頁
戦争犯罪はどこから来たのか 戦争犯罪は何か 戦争犯罪はどこへ行くのか――その保護法益を手掛かりに‥‥‥松山沙織 10頁
戦争犯罪の主体──通常犯罪との関係性も見据えて‥‥‥久保田 隆 16頁
戦争犯罪の指導者処罰と刑事責任の形態‥‥‥横濱和弥 22頁
戦争犯罪の捜査‥‥‥藤原広人 28頁
国際刑事裁判所における戦争犯罪被害者の手続参加と救済‥‥‥齋藤デビッド宥雅 34頁

2023年 11月号 特別刑法の世界
特別刑法の調べ方、学び方、その面白さ・・‥‥仲道祐樹 4頁
特別刑法と人身犯――正当防衛事例との関連を中心に・・‥‥山本和輝 10頁
特別刑法と財産犯その他・・‥‥品田智史 16頁
特別刑法と故意・・‥‥小池直希 23頁
特別刑法と共同正犯・・‥‥金子 博 30頁
特別刑法と刑事弁護――脱税事件を中心に・・‥‥中村和洋 38頁

2023年 12月号 デジタル世代の消費者法
デジタルプラットフォーム取引と消費者保護――消費者法のデジタル化への対応‥‥‥中田邦博 2頁
デジタル広告と消費者保護――景品表示法を中心に‥‥‥鹿野菜穂子 12頁
デジタル・サブスクリプション――サブスク経済の進展と消費者トラブル‥‥‥川村尚子 19頁
ネット上の取引におけるキャッシュレス決済とその安全性への課題――利用者である消費者の視点から‥‥‥寺川 永 25頁
マルチ商法被害の現状と法規制‥‥‥永岩慧子 31頁
美容関連サービスの特徴と法規制‥‥‥高嶌英弘 38頁

2024年 1月号  ポストコロナと労働法
企画趣旨・・‥‥和田 肇 4頁
コロナ禍・ポストコロナ禍における在宅テレワークと労働法・・‥‥細川 良 6頁
コロナ禍における非正規雇用と労働法上の課題・・‥‥國武英生 12頁
フリーランスのセーフティネットに関する一考察――労働法学の視点から・・‥‥河合 塁 18頁
学生アルバイトと業務上の損害・費用負担及び休業時の賃金保障・・‥‥細谷越史 25頁
パンデミック下の職場での健康確保・・‥‥石﨑由希子 31頁
経営危機と解雇・休業・・‥‥鈴木俊晴 38頁
コロナ禍における労働弁護士の働き方・・‥‥竹村和也 43頁

2024年 2月号 若者の困窮
いま、若者の権利を考える――企画趣旨にかえて‥‥‥木下秀雄 2頁
家族をケアしながら学ぶ若者の困窮
――ヤングケアラーを取り巻く現代的課題‥‥‥鈴木 靜 4頁
大学生と生活保護‥‥‥嶋田佳広 10頁
障害とともに生きる家族と子ども・若者‥‥‥矢嶋里絵 16頁
不利の連鎖を断ち切れるか
――ひとり親家庭の福祉法政策‥‥‥金川めぐみ 22頁
家族を前提にできない子どもたち
――社会的養護‥‥‥根岸 弓 28頁
「仕事ガチャ」をどうする?
――若者の働き方と労働法‥‥‥丸山亜子 34頁

2024年 3月号 最高裁判決2023――弁護士が語る
プロバイダ責任制限法に基づく電話番号の開示請求と改正の時際法的解釈・・‥‥中澤佑一 2頁
大阪西中島納骨堂経営許可等取消請求事件・・‥‥豊永泰雄 8頁
「宮本から君へ」事件――民法34条を起爆剤とする給付行政に係る行政裁量の壁の突破・・‥‥平 裕介 16頁
性同一性障害特例法の第3条1項4号を違憲無効とした最高裁大法廷決定・・‥‥南 和行=吉田昌史 23頁
刑事施設におけるカルテ不開示決定に対する国家賠償請求事件・・‥‥浦城知子 30頁
参議院議員定数是正訴訟・・‥‥山口邦明 37頁

◆2024年度
2024年 4月号 法学入門2024――条文に親しむ
[憲法]憲法における条文の意義‥‥‥西村裕一 4頁
[民法]民法における条文学習のポイント――条文の仕組みと使われ方・・‥‥三枝健治 11頁
[刑法]立法者の意思を探る・・‥‥只木 誠 17頁
[民事訴訟法]過程を味わおう――No Process No Eureka!・・‥‥安西明子 24頁
[刑事訴訟法]刑事訴訟法の条文をミクロ、マクロの各視点からみてみよう・・‥‥榎本雅記 30頁
[行政法]趣味を活かして行政法を学ぶ・・‥‥大久保規子 36頁
[国際法]国際法における「条文」・・‥‥岩月直樹 42頁

特別企画(不定期掲載)
2023年 10月号 未成年者の性被害と法の動向
企画趣旨――性的グルーミングとは何か‥‥‥上宮 愛=佐藤陽子 40頁
現行刑法における未成年者の保護――性的グルーミング事例を題材に‥‥‥佐藤陽子 41頁
未成年者の性被害における被害開示の難しさと司法面接の有効性‥‥‥上宮 愛 49頁

【連載】
◇憲法
◆FOCUS 憲法Ⅳ(リレー連載) (松本和彦=片桐直人=伊藤 建=村西良太=木下智史)
2023年 6月号  (1) 外国籍の志望所得をめぐる事例分析[判例解説編]――国籍法11条1項違憲訴訟‥‥‥松本和彦 66頁
2023年 7月号  (2) 外国籍の志望取得をめぐる事例分析[問題解説編]‥‥‥伊藤 建 65頁
2023年 8月号  (3) 外国人の退去強制と適正手続の保障をめぐる事例分析[判例解説編]――難民不認定処分を受けた不法滞在者の裁判を受ける権利‥‥‥村西良太 64頁
2023年 9月号  (4) 外国人の退去強制と適正手続の保障をめぐる事例分析[問題解説編]――裁判を受ける権利をめぐる憲法思考‥‥‥伊藤 建 77頁
2023年 10月号(5) 将来にわたる環境保全を目的とする職業制約と損失補償[判例解説編]――遊佐町水循環条例事件(最判2022〔令4〕・1・25判例自治485号49頁)‥‥‥片桐直人 71頁
2023年 11月号(6) 将来に渡る環境保全を目的とする職業制約と損失補償[問題解説編]――経済的自由をめぐる憲法思考‥‥‥伊藤 建 71頁
2023年 12月号(7) 集会の自由と執行停止の要件[判例解説編]――「表現の不自由展かんさい」事件(大阪地決2021〔令3〕・7・9判タ1490号89頁)‥‥‥木下智史 57頁
2024年 1月号  (8) 集会の自由と執行停止の要件[問題解説編]――集会の自由をめぐる憲法思考・・‥‥伊藤 建 69頁
2024年 2月号  (9) [座談会] 判決の射程の評価と学説の判例への向き合い方(1)・・‥‥木下智史=松本和彦 村西良太=片桐直人=伊藤 建 72頁
2024年 3月号 (最終回・10) [座談会]判決の射程の評価と学説の判例への向き合い方(2)・・‥‥木下智史=松本和彦=村西良太=片桐直人=伊藤 建  70頁

憲法へようこそPartⅡリレー連載 (片桐直人=柴田尭史=宮村教平=笛木 淳)
2023年 2月号 (Unit1) 鶏肉は食べられない!―ー思想・信条に基づく行為とその制約・・‥‥片桐直人 60頁
2023年 3月号 (Unit2) More Freely!――生存権とその可能性・・‥‥宮村教平 56頁
2023年 4月号 (Unit3) リーダーは君だ!――国会・内閣・議員内閣制・・‥‥柴田暁史 68頁
2023年 5月号 (Unit4・最終回) 市民会館を使わせて!――集会の自由と「公の施設」・・‥‥笛木 淳 60頁

憲法へようこそPartⅢ リレー連載 (片桐直人=柴田尭史=宮村教平=笛木 淳)
2024年 4月号 (Unit1) 逢いたくなったときに君はここにいない‥‥片桐直人 55頁

憲法よりもまだ深く(江藤祥平)
2024年 4月号 第1回 世界の終わりと始まり 63頁

◇憲法・行政法
◆憲法と行政法の交差点リレー連載 (神橋一彦=櫻井智章=鵜澤 剛=栗島智明)
2023年 4月号  【第13回】〔座談会〕連載1年を振り返って(上)――表現の自由・経済的自由‥‥‥神橋一彦=櫻井智章=鵜澤 剛=栗島智章 53頁
2023年 5月号  【第14回】〔座談会〕連載1年を振り返って(下)――憲法と行政法の関係‥‥‥神橋一彦=櫻井智章=鵜澤 剛=栗島智章 77頁
2023年 6月号  【第15回】 立法裁量と行政裁量‥‥‥鵜澤 剛 79頁
2023年 7月号  【第16回】 裁量をめぐる憲法論‥‥‥櫻井智章 79頁
2023年 8月号  【第17回】 基本権審査と比例原則‥‥‥栗島智明 69頁
2023年 9月号  【第18回】 行政法における比例原則‥‥‥神橋一彦 82頁
2023年 10月号 【第19回】 地方議会と憲法学‥‥‥櫻井智章 76頁
2023年 11月号 【第20回】 地方分権と地方議会の機能・・‥‥鵜澤 剛 77頁
2023年 12月号 【第21回】 防衛作用の特殊性と行政法――自衛隊関係の行政判例を中心に‥‥‥神橋一彦 62頁
2024年 1月号  【第22回】 防衛組織の民主的統制(文民統制)‥‥‥栗島智明 75頁
2024年 2月号  【第23回】 公務員の職務上の義務と国家賠償の機能――公務員の法解釈を中心に・・‥‥鵜澤 剛  79頁
2024年 3月号  【第24回】立法国賠訴訟における憲法判断の先行――付随的違憲審査制の黄昏? ・・‥‥栗島智明 75頁
2024年 4月号 【第25回】憲法原理と行政法――憲法原理とその活かし方‥‥‥櫻井智章 68頁

主張立証構造からアプローチする基本民法判例 (髙 秀成)
2024年 4月号 第1回 意思表示の解釈・契約の解釈(前編)――最三小判昭和30年10月4日 民集9巻11号1521頁(土蔵敷地除外合意事件) 76頁

民法
◆紛争類型で学ぶ民法演習 (千葉惠美子)
2023年 4月号 (35) 共有関係の解紛について学ぶ(応用編)
――通常共有と遺産共有が併存し2次相続が発生している事例を素材に 103頁
2024年 4月号 (36) 共同相続・遺産分割と登記(発展編)――相続財産を構成する不動産の処分と取引の安全① 85頁

◆契約法を考える (山城一真)
2023年 4月号 (25) 賃貸型契約 95頁
2023年 5月号 (26) 役務提供型契約 89頁
2023年 6月号 (27) 無償契約 87頁
2023年 7月号 (28) 組合 79頁
2023年 8月号 (29) 給付に還元されない利益 78頁
2023年 9月号 (最終回・30) 給付によらない契約の分類 90頁

◆家族法のアラカルト  (石綿はる美)
2023年 4月号  (6) 嫡出推定・否認制度の見直しをめぐって (その4)――「推定の及ばない子」と立法されなかった論点 111頁
2023年 5月号  (7) 認知制度の見直しをめぐって (上)――嫡出でない子の身分関係の安定の実現に向けて 97頁
2023年 7月号  (8) 認知制度の見直しをめぐって (下)――嫡出でない子の身分関係の安定の実現に向けて 87頁
2023年 11月号 (9) 第三者提供精子を用いた生殖補助医療により生まれた子の父子関係に関する見直しをめぐって(上)――「夫の同意」の意味 85頁
2023年 12月号 (10) 第三者提供精子を用いた生殖補助医療により生まれた子の父子関係に関する見直しをめぐって(下)――「夫の同意」の意味 71頁
2024年 1月号  (11) 内密出産の取扱いに関する通知をめぐって――母子関係の成立や子の養育 85頁
2024年 4月号 (12)親権の辞任などをめぐって(上)――親権者の地位の特徴と所有権との比較 95頁

◇会社法
◆ 歴史に学ぶ商法・会社法 (高田晴仁)
2023年 5月号   (15) 株式会社役員の選任行為 108頁
2023年 6月号   (16) 取締役の利益相反 96頁
2023年 7月号   (17) 利益相反取引の規制(その1) 96頁
2023年 8月号   (18) 利益相反取引の規制(その2) 86頁
2023年 10月号 (19) 株式会社役員の責任(その1) 84頁
2023年 11月号 (20) 株式会社役員の責任(その2) 93頁
2024年 1月号   (21) 株式会社役員の責任(その3) 94頁

◆くらべてわかる会社法(山下徹哉)
2024年 4月号 【第1回】支配株主の異動を伴う募集株式の発行等の効力 103頁

◇刑法
◆新しい刑事政策 リレー連載
2024年 4月号 【プロローグ】 連載にあたって‥‥‥甘利航司 110頁
2024年 4月号 【第1回】 拘禁刑‥‥‥中村悠人 111頁

◆裁判実務と対話する刑法理論 リレー連載 (池田直人=嶋矢貴之=小池信太郎=芥川正洋=伊藤嘉亮=樋口亮介)
2023年 4月号  【第23回】保護責任者遺棄罪の実行行為とその故意(その2)‥‥‥池田直人 120頁
2023年 5月号  【第24回】保護責任者遺棄罪の実行行為とその故意(その3)‥‥‥池田直人 111頁
2023年 6月号  【第25回】保護責任者遺棄罪の実行行為とその故意(その4・完)‥‥‥池田直人 101頁
2023年 8月号  【第26回】急迫性等の正当防衛前提状況について(その1)‥‥‥嶋矢貴之   92頁
2023年 9月号  【第27回】急迫性等の正当防衛前提状況について(その2)‥‥‥嶋矢貴之   98頁
2023年 10月号【第28回】急迫性等の正当防衛前提状況について(その3)‥‥‥嶋矢貴之   90頁
2023年 11月号【第29回】急迫性等の正当防衛前提状況について(その4)‥‥‥嶋矢貴之    98頁
2023年 12月号【第30回】急迫性等の正当防衛前提状況について(その5)‥‥‥嶋矢貴之 79頁

2024年 1月号  【第31回】急迫性等の正当防衛前提状況について(その6)‥‥‥嶋矢貴之 100頁
2024年 3月号  【第32回】急迫性等の正当防衛前提状況について(その7)‥‥‥嶋矢貴之    87頁
2024年 4月号  【第33回】急迫性等の正当防衛前提状況について(その8)‥‥‥嶋矢貴之    119頁
法学セミナー特設ページに判例一覧公開中 特設ページ【第33回】裁判実務と対話する刑法理論・判例一覧

◆入門刑法Ⅰ[総論] (大塚裕史)
2023年 4月号   (1) 刑法解釈論の本質 58頁
2023年 5月号   (2) 犯罪論の基礎 53頁
2023年 6月号   (3) 実行行為と不作為犯 112頁
2023年 7月号   (4) 因果関係 (その1)101頁
2023年 8月号   (5) 因果関係 (その2) 103頁
2023年 9月号   (6) 故意論 105頁
2023年 10月号 (7) 事実の錯誤論(1) 100頁
2023年 11月号 (8) 事実の錯誤論(2) 105頁
2023年 12月号 (9) 過失犯論 88頁
2024年 1月号  (10) 正当防衛論(1) 106頁
2024年 2月号  (11) 正当防衛論(2)  89頁
2024年 3月号  (12) 責任論 102頁
2024年 4月号  (13) 未遂犯論(1) 128頁

◇その他
◆Law of IoB インターネット・オブ・ブレインズの法
2023年 4月号 【第12回】出力型BMIによるドローン・レース [事例研究1前編:事案とコメント]‥‥‥駒村圭吾=松尾剛行=小久保智淳  75頁
2023年 5月号 【第13回】出力型BMIによるドローン・レース [事例研究1後編:ディスカッション]‥‥‥駒村圭吾=松尾剛行=小久保智淳=大島義則=西村友海=福士珠美=小久保智淳=酒井麻千子=数藤雅彦=成原 慧=斉藤邦史=横大道 聡  67頁
2023年 6月号 【第14回】人工神経接続手術による運動機能再建 [事例研究2前編:事例とコメント]‥‥‥小久保智淳  72頁
2023年 7月号 【第15回】人工神経接続手術による運動機能再建 [事例研究2後編:コメントとディスカッション]‥‥‥駒村圭吾=松尾剛行=小久保智淳=大島義則=西村友海=福士珠美=小久保智淳=数藤雅彦=成原 慧=横大道 聡  56頁
2023年 8月号 【第16回】エンハンスメント問題――脳神経科学技術による認知機能増強をめぐって [事例研究3 前編:事例とコメント]‥‥‥松尾剛行=小久保智淳 57頁
2023年 9月号 【第17回】エンハンスメント問題――脳神経科学技術による認知機能増強をめぐって [事例研究3 後編:ディスカッション]‥‥‥大島義則=松尾剛行=数藤雅彦=小久保智淳=成原 慧=駒村圭吾=横大道 聡=福士珠美=斉藤邦史=西村友海   68頁

2023年 10月号【第18回】脳死と神経科学――脳死体の脳機能回復?[事例研究4 前編:事例とコメント]‥‥‥大島義則=小久保智淳 64頁
2023年 11月号【第19回】脳死と神経科学――脳死体の脳機能回復?[事例研究4 後編:ディスカッション]・・‥‥駒村圭吾=大島義則=松尾剛行=横大道 聡=西村友海=小久保智淳=福士珠美=酒井麻千子   62頁
2023年 12月号【第20回】従業員の脳波情報[事例研究5 前編:事例とコメント]‥‥‥数藤雅彦=小久保智淳 50頁
2024年 1月号  【第21回】従業員の脳波情報と神経科学[事例研究5 後編:ディスカッション]・・‥‥大島義則=数藤雅彦=松尾剛行=西村友海=成原慧=駒村圭吾=福士珠美=小久保智淳=齊藤邦史=横大道聡 58頁
2024年 2月号 【第22回】脳神経技術と民主主義――ニューロマーケティングを素材として[事例研究6前編:事例とコメント]・・‥‥大島義則=小久保智淳  62頁
2024年 3月号【最終回・第23回】脳神経技術と民主主義――ニューロマーケティングを素材として[事例研究6 後編:ディスカッション]‥‥‥大島義則=松尾剛行=駒村圭吾=斉藤邦史=数藤雅彦=成原 慧=福士珠美=小久保智淳=西村友海=酒井麻千子  59頁

誰ひとり取り残さない――スタッフ弁護士の実践
2023年 4月号【第1回】より多くの被災地へ、より早い法律相談を――広島豪雨災害での取組から‥‥‥工藤舞子=村山勇輔 4頁
2023年 5月号【第2回】福祉の現場で法が力を発揮するために――高齢者・障がい者のための「司法ソーシャルワーク」の展開‥‥‥柿木 翼=村山勇輔 48頁
2023年 6月号【最終回・第3回】外国人支援――支援者とともに司法アクセスの「壁」を乗り越える‥‥‥藤原 愛=村山勇輔 48頁

【最新裁判例研究】
最新裁判例研究 憲法
・2023年 4月号 同性婚東京第一次訴訟
[東京地裁令和4・11・30 (LEX/DB:25593967)]‥‥‥石塚壮太郎 130頁

・2023年 8月号 金沢市庁舎前広場事件─市庁舎前広場の集会目的使用の不許可[最三小判令和5・2・21 (判タ1509号64頁)]‥‥‥岡野誠樹 112頁
・2023年 10月号「いのちのとりで裁判」大阪高裁判決
[大阪高判令和5・4・14( LEX/DB:25572834)]‥‥‥石塚壮太郎 110頁
・2024年  2月号 大学の講義における使用言語と教授の自由[高松高判令和4・4・7(LEX/DB25592341)]・・・・‥岡野誠樹  96頁
・2024年 4月号 同性パートナーへの犯罪被害者給付金不支給事件[名古屋高判令和4・8・26 LEX/DB:25572344]・・‥‥石塚壮太郎 136頁

最新裁判例研究 行政法
・2023年 6月号 「被扶養者に該当しない旨の通知」に対する不服申し立て
[最三判令和4・12・13(LEX/DB:文献番号25572483)]‥‥‥児玉 弘 124頁
・2023年 12月号 納骨堂経営許可処分を争う周辺住民の原告適格
[最三小判令和5・5・9(民集77巻4号859頁)]・・‥‥児玉 弘 100頁

最新裁判例研究 民法
・2023年 4月号 家賃債務保障業者が定める家賃滞納に伴う無催告解除条項と明渡しみなし条項が消費者契約法10条に該当するとして、適格消費者団体による同法12条に基づく差止請求が認められた事案[最一判令和4・12・12(判タ1507号41頁)]‥‥‥中野邦保 132頁
・2023年 6月号 ツイッターの運営者に対してプライバシ―に属する事実を適示するツイートの削除を請求することが認められるか
[最二小判令和4・6・24(民集76巻5号1170頁)]‥‥‥谷本陽一 120頁
・2023年 8月号 インターネット・オークションにおける売買契約成立時期
[横浜地判令和4・6・17(判時2540号43頁)]‥‥‥深川裕佳 114頁
・2023年 10月号 定期賃貸借契約において賃借人の中途解約を理由に約定の解除権を行使した賃貸人に説明義務違反があった場合の違約金請求の可否
[高松高判令和3・3・17(判時2539号38頁)]‥‥‥中野邦保 112頁
・2023年 12月号 割合的包括遺贈が放棄された場合におけるその受遺分の帰属
[最二小判令和5・5・19(判タ1511号107頁)]・・‥‥谷本陽一 96頁
・2024年 2月号 芸能人養成スクールにおける入学時諸費用不返還条項の効力[東京高判令和5・4・18(消費者庁ウェブサイト)]・・‥‥深川裕佳  98頁
・2024年 4月号 高層マンションの売買契約において免震部材の法令適合性に疑義がないとする買主の動機に錯誤があった場合の要素の錯誤の成否[東京地判令和4・3・29判時2565号61頁]‥‥‥中野邦保 138頁

最新裁判例研究 商法
・2023年 5月号 証券化・流動化取引における海外SPCの「擬似外国会社」該当性
[金沢地判令和4・5・26 (金判1653号2頁)]‥‥‥藤林大地  124頁
・2023年 7月号 持株会社取締役としての適格性と取締役解任の正当な理由
[東京高判令和4・9・7 (資料版商事法務465号103頁)]‥‥‥清水円香  112頁
・2023年 11月号 会計上の見積りの適正性の評価
[東京地判令和5・3・28 (資料版商事法務473号87頁)〔東芝事件〕]・・‥‥藤林大地 118頁
・2024年 1月号 株式公開買付け後の株式併合に係る株式買取請求と公正な価格

[東京地決令和5・3・23 (資料版商事法務470号130頁)]・・‥‥清水円香  124頁

最新裁判例研究 民事訴訟法
・2023年 7月号 全部勝訴当事者が直接主義違反を理由として上訴をする場合の上訴の利益
[最二小判令和5・3・24裁判所ウェブサイト(民集77巻3号803頁)]‥‥‥安永祐司 110頁
・2024年 1月号 両当事者が口頭弁論期日に2回連続で出頭しなかった場合の訴えの取り下げの擬制[最三小決令和5・9・27(LEX/DB:25573079)]・・‥‥安永祐司 122頁

最新裁判例研究 刑法
・2023年 4月号 東京都迷惑防止条例5条1項3号にいう「卑わいな言動」の意義と判断方法
[最一小決令和4・12・5(裁時1805号7頁)]‥‥‥天田 悠 134頁

・2023年 6月号 組織的犯罪処罰法上の没収と暗号資産
[東京高判令和4・6・23(D1-Law.com:28302279)]‥‥‥橋本広大 122頁
・2023年 8月号 死亡後まもないえい児の死体を隠匿した行為が死体遺棄罪の「遺棄」にあたるか [最二小判令和5・3・24 (判タ1510号163頁)]‥‥‥山本高子 116頁
・2023年 10月号 専門医によるPTSD鑑定と刑法上の「傷害」概念
[東京高判令和4・9・8( LEX/DB:25593733)]‥‥‥天田 悠 114頁
・2023年 12月号 放火を手段とした殺人罪における実行の着手
[東京地立川支判令和5・7・31( LEX/DB25573010)]・・‥‥橋本広大 98頁
・2024年 2月号 東京電力の旧経営陣に対し津波による原子力発電所事故の予見可能性が認められるか [東京高判令和5・1・18(裁判所ウェブサイト)]・・‥‥山本高子 100頁
・2024年 4月号 囲障の外側に位置する石段部分への立入りと住居侵入罪の客体としての「囲繞地」
[大阪高判令和5・5・15判タ1513号137頁]‥‥‥天田 悠 140頁

最新裁判例研究 刑事訴訟法
・2023年 7月号 被疑者方のビルに立ち入り玄関ドアにスリッパを挟む等した警察官らの行為の違法性の程度を判断するために原裁判所に差し戻した事例
[名古屋高判令和4・11・28 (LEX/DB:25594118)]‥‥‥河村有数 108頁
・2024年 1月号 逮捕された被疑者から当番弁護士の派遣要請を受けた警察官はできる限り速やかに弁護士会にその旨を通知する義務を負うとされた事例
[大阪地判令和4・12・23(判タ1507号116頁)]・・‥‥河村有教 120頁

最新裁判例研究 労働法
・2023年 5月号 国・中央労基署長(クラレ)事件
[東京高判令和3・12・2 (LEX:DB25595661 令3(行コ)125号)]‥‥‥井川志郎 120頁
・2023年 9月号 アメックス事件
[東京高判令和5・4・27 (労働判例ジャーナル136号2頁)]‥‥‥石田信平 116頁
・2023年 11月号 国・人事院(経産省職員)事件
[最三小判令和5・7・11(労働判例ジャーナル138号2頁)]・・‥‥井川志郎  114頁
・2024年 3月号 住友生命保険事件 [京都地判令和5・1・26 労判1282号19頁]・・‥‥石田信平 116頁

最新裁判例研究 租税法
・2023年 9月号 国家賠償訴訟における固定資産評価審査委員会の委員の職務上の注意義務 [最一小判令和4・9・8 (判タ1504号18頁)]‥‥‥藤原健太郎 114頁
・2024年 3月号 消費税法における「課税対応課税仕入れ」と「共通対応課税仕入れ」の区分 [最一小判令和5・3・6 民集77巻3号440頁]・・‥‥藤原健太郎 114頁

最新裁判例研究 経済法
・2023年 9月号 黙示の合意が推認された価格カルテル事例
〔東京高裁令和4・9・16 (LEX/DB:25593484)〕‥‥‥田平 恵 112頁
・2024年 3月号 排除の意図・目的が考慮された私的独占事例[東京高裁令和5・1・25 審決集69巻254頁]・・‥田平 恵 112頁

最新裁判例研究 知的財産法
・2023年 5月号 音楽教室における演奏の主体
[最判令4・10・24 (判タ1505号37頁)]‥‥‥宮脇正晴 122頁
・2023年 11月号 特許発明の構成要素であるサーバからのデータ送信が日本国外からなされる場合の特許権侵害の成否[知財高大判令和5・5・26(LEX/DB:25572920)]・・‥‥宮脇正晴 116頁

REPORT
・2023年 8月号 生きづらさに寄り添う「地域のチカラ」――第73回〝社会を明るくする運動〟‥‥‥法務省保護局 111頁
・2023年 10月号 第10回 守屋賞‥‥‥ERCJ事務局 108頁

書評
2023年度
2023年 4月号 山下慎一著『社会保障のトリセツ―――医療・年金・介護・失業・障がい・子育て・社会保障 困ったときに役所の窓口に持っていく本』‥‥‥横田明美 128頁
2023年 5月号 ジョン・ロールズ著・中山竜一訳『万民の法』‥‥‥西 平等 126頁
2023年 6月号 大澤 彩著『消費者法』‥‥‥河上正二 126頁
2023年 7月号 小坂田裕子=深山直子=丸山淳子=守谷賢輔著『考えてみよう 先住民族と法』‥‥‥根岸陽太 114頁
2023年 8月号 大塚裕史 著『応用刑法Ⅰ――総論』‥‥‥北川佳世子 118頁
2023年 9月号 中原茂樹 著『基本行政法判例演習』‥‥‥野呂 充 120頁
2023年 11月号 飯孝行 編『子どもたちの命と生きる――大川小学校津波事故を見つめて』‥‥‥高村学人 120頁
山村淳平 著『入管解体新書――外国人収容所、その闇の奥』‥‥‥坂東雄介 122頁
2023年 12月号 原田大樹 著『ファーストステップ演習 行政法』・・‥‥興津征雄 102頁
2024年 1月号 スーザン・バンディズ 編、橋本祐子 監訳『法と感情の哲学』・・‥‥関 良徳 118頁
2024年 2月号 原田正治=松本麗華 著 岩波書店『被害者家族と加害者家族――死刑をめぐる対話』・・‥‥前田 朗 102頁
2024年 3月号 飯田 高=近藤絢子=砂原庸介=丸山里美編「世の中を知る、考える、変えていく――高校生からの社会科学講義」・・‥‥板垣勝彦 118頁
◆2024年度
2024年 4月号『行政法Ⅰ 行政法総論』興津征雄 著‥‥‥曽和俊文 142頁

法学セミナー電子書籍バックナンバー

2023年度

◆2023年度
・no41『差別問題のいま――法は差別とどう向き合うのか』
玉蟲由樹=堀口悟郎=松原俊介=新井 誠=茂木明奈=森 悠一郎
・no42『法学入門2023――いま法を学ぶ意味』
巻 美矢紀=田中 洋=渡邊卓也=棚橋洋平=京 明=髙橋陽一=根岸陽太
・no43『憲法を生かす』
吉田京子=井桁大介=児玉晃一=平野 敬=石黒大貴
・no44『続・刑法の「通説」――そこに潜む問題』
樋口亮介=嘉門 優=穴沢大輔=冨川雅満=成瀬幸典=藤井敏明
・no45『責任はどこから――責任原則とその展開』
野澤正充=白石友行=山口斉昭=津田智成=永下泰之=カライスコス アントニオス=廣峰正子
・no46『試験というコミュニケーション』
御幸聖樹=林 耕平=上田正基=須田 守=山下徹哉=浅野雄太
・no47『いまこそ知りたい「税法」入門』
髙橋祐介=佐藤英明=倉見智亮=田中晶国=加藤友佳=辻󠄀 美枝=安井栄二
・no48『戦争犯罪に立ち向かう』
越智 萌=松山沙織=久保田 隆=横濱和弥=藤原広人=齋藤 デビッド 宥雅
・no49『特別刑法の世界』
仲道祐樹=山本和輝=品田智史=小池直希=金子 博=中村和洋
・no50『デジタル世代の消費者法』
中田邦博=鹿野菜穂子=川村尚子=寺川 永=永岩慧子=髙嶌英弘
・no51『ポストコロナと労働法』
和田 肇=石﨑由希子=國武英生=鈴木俊晴=細川 良=河合 塁=細谷越史
=竹村和也
・no52『若者の困窮』
木下秀雄=鈴木 靜=嶋田佳広=矢嶋里絵=金川めぐみ=根岸 弓=丸山亜子
◆2024年度
・no53『最高裁判決2023――弁護士が語る』
中澤佑一=豊永泰雄=平 裕介=南 和行=吉田昌史=浦城知子=山口邦明
・no54『法学入門2024――条文に親しむ』
西村裕一=三枝健治=只木 誠=安西明子=榎本雅記=大久保規子=岩月直樹