大事なおしらせ 一覧

2017年10月4日

ノーベル物理学賞決定!『重力(上)(下)』ほか「重力波」を扱う書籍のご紹介

2017年のノーベル物理学賞は重力波を初観測したアメリカの研究者3名に贈られました。
弊社の書籍で重力波を扱っているものはいくつかあります。
その中で、観測装置LIGOのことも含めて扱っているものをご紹介します。

『人類の住む宇宙[第2版]』書影『人類の住む宇宙[第2版]』(シリーズ 現代の天文学 第1巻) 

(岡村定矩・池内 了・海部宣男・佐藤勝彦・永原裕子/編)
本文中で言及しています。

 


『超新星』書影『超新星』(新天文学ライブラリー第4巻)
(山田章一/著)
本書も本文中で言及しています。

 


14歳からの天文学書影『14歳からの天文学』
(福江 純/著)
中学生以上を対象に入門的な解説をしています。

 


相対性理論書影" 『相対性理論』(日評ベーシック・シリーズ)
(小林 努/著)
標準的な解説をしています。

 


重力書影" 『重力(上・下)』
(ジェームズ・B・ハートル/著 牧野伸義/訳)
重力波をしっかり解説。特に下巻で詳しく解説しています。

 

2017年10月3日

『アメリカの資本蓄積と社会保障』アメリカ経済史学会賞受賞!

hondahirokuni_photo1s

著者近影

2016年12月に刊行した本田浩邦著『アメリカの資本蓄積と社会保障』が、2017年度のアメリカ経済史学会賞を受賞しました。

『アメリカの資本蓄積と社会保障』
財貨・労働市場が過剰となる一方、多数が基本的ニーズに不足する現代の「分裂」。米国の経済不均衡の淵源をたどり解消策を探る。

2017年10月2日

【新刊】『新基本法コンメンタール 民事訴訟法2』本日発売!

『新基本法コンメンタール 民事訴訟法2』書影本日2日刊行です。
『新基本法コンメンタール 民事訴訟法2』
(別冊法学セミナー)
(加藤新太郎・松下淳一/編)
最新の判例等に対応した逐条解説。本巻では「第2編第4章 証拠」以下(第179条~)を扱う。学習・実務の手引として最適。
2017年9月30日

【新刊】『現代朝鮮経済─挫折と再生への歩み』本日発売!

『現代朝鮮経済』書影本日9月30日刊行です。
『現代朝鮮経済─挫折と再生への歩み』
[ERINA北東アジア研究叢書6]
(三村光弘/著)
日本による朝鮮統治からの解放、金日成政権による共産主義下を経て現在に至るまでの北朝鮮の経済史を制約された資料から描く。
2017年9月28日

千葉逸人先生、鈴木咲衣先生出演「又吉直樹のヘウレーカ!」今夜0時30分再放送

今年度の『数学セミナー』の巻頭「Coffee Break」を担当しているうちの千葉逸人先生(九州大学)と鈴木咲衣先生(京都大学白眉センター 数理解析研究所助教、『圏論の歩き方』第3章著者)が、出演して話題となった「又吉直樹のヘウレーカ!」が本日深夜再放送されます。

NHK Eテレで、本日深夜(日付は変わって29日(金))0:30~1:45に放映予定です。

人生に効く数学の話を聞かせてもらえればコーヒー代はタダという風変わりなカフェに千葉先生が来店、鈴木先生はアルバイト店員役です。ぜひご覧下さい。

番組ウェブサイト「又吉直樹のヘウレーカ!」はこちらです。

2017年9月27日

【新刊】『数学の二つの心』『探検! 数の密林・数論の迷宮』ほか、計7冊本日発売!

『数学の二つの心』書影『数学の二つの心』
(長岡亮介/著)
学校数学には二つの心がある。《表の心》と《裏の心》。そして《裏の心》こそ数学の本質で面白い。数学をまなぶすべての人の必読書!

 


『探検! 数の密林・数論の迷宮』書影『探検! 数の密林・数論の迷宮』
(橋本喜一朗/著)
素数にまつわる数学を主題に、数論の世界の名所や踏み込むと危ない場所などを「探検」しながら紹介します。

 


『沖縄の米軍基地過重負担と土地所有権─辺野古の海の光を観る』(阿波連正一/著)
『債権総論』(平野裕之/著)
『有資源国の経済学─アフリカのいま』(中臣 久/著)
『台湾半導体企業の競争戦略─戦略の進化と能力構築』(岸本千佳司/著)
『経済数学入門─初歩から一歩ずつ』(丹野忠晋/著)

2017年9月27日

『法律時報10月号』『経済セミナー10・11月号』本日発売!

『法律時報10月号』書影『法律時報10月号』
特集=相続法の分析と構築

現在改正に向けて議論が進められている相続法。本特集では、日本の相続法における構造的不備を捉え、この相続法の改正に関わる基本問題をテーマに抜本的な議論を試みる。

 


『経済セミナー10・11月号』書影『経済セミナー10・11月号』
特集=競争政策の経済学

現実の競争政策分析において、近年急速に経済理論・経済学のツールが応用されてきている。具体的にどのような進展がみられるのか。いま最も注目されている競争政策上の問題は何か。
2017年9月26日

9月27日 Eテレ「又吉直樹のヘウレーカ!」に著者出演予定

NHK Eテレで、明日9月27日22:00~22:45に放映予定の「又吉直樹のヘウレーカ!」に、今年度の『数学セミナー』の巻頭「Coffee Break」を担当しているうちの千葉逸人先生(九州大学)と鈴木咲衣先生(京都大学,『圏論の歩き方』第3章著者)が、出演予定です。

人生に効く数学の話を聞かせてもらえればコーヒー代はタダという風変わりなカフェに数学者のお二人が来店します。さてどんな話が展開されるのか…。ぜひご覧下さい。

番組ウェブサイト「又吉直樹のヘウレーカ!」はこちらです。

2017年9月26日

渋谷のMARUZEN&ジュンク堂書店で「秋の版元対抗フェア」開催中!


M&J-1 M&J-2

渋谷のMARUZEN&ジュンク堂書店で「秋の版元対抗フェア」開催中!

9月1日より、渋谷のMARUZEN&ジュンク堂書店で「秋の版元対抗フェア:この秋読みたい、本当に面白くてためになる一冊」を開催中です。

あさ出版、朝日出版社、海と月社、NHK出版ほか21社の版元で作る充実したフェアです。各社イチオシの書籍を、ポップ付きで紹介しています。お近くにいらっしゃった際など、よろしければぜひお立ち寄り下さい。

2017年9月25日

【新刊】『新基本法コンメンタール刑法[第2版]』『LGBTのひろば』ほか、計3冊本日発売!

『新基本法コンメンタール刑法[第2版]』書影『新基本法コンメンタール刑法[第2版]』
(浅田和茂・井田良/編)
2017年通常国会で成立した性犯罪規定の改正までを反映した最新の刑法コンメンタール。第1版以降の判例・学説の動きもフォロー。

 

 


『LGBTのひろば』書影『LGBTのひろば』
(大塚隆史・城戸健太郎/編)
セクシュアリティのバリアを超えて。彼らは社会、そして家族のなかで何を感じ、生きのびたのか――メディア(SNS)では伝わってこない“叫び”“揺らぎ”が1冊に紡がれた!さまざまな年代による執筆陣の声と物語――「家族とはなにか」「生きるってどういうこと?」「セックスや出産、子育ての“あるべき”常識に私たちはとらわれすぎていない?」たくさんの考え続けていきたいテーマが満載!

 


速報判例解説Vol.21『新・判例解説Watch【2017年10月】』(新・判例解説編集委員会/編)