新刊情報 一覧

2020年5月19日

【刊行予告】『「よりよい生存」ウェルビーイング学入門』、5月21日発売!

『「よりよい生存」ウェルビーイング学入門』『「よりよい生存」ウェルビーイング学入門 場所・関係・時間がつくる生』《生存科学叢書》

(藤原成一/著)

人間の究極の願いはウェルビーイング(よりよい生)である。最も基本の人間学・生存学「ウェルビーイング学」の構想を提起する。

2020年5月18日

【刊行予告】『労働法理論の探究』、5月20日発売!

『労働法理論の探究』『労働法理論の探究』

(西谷 敏・道幸哲也/編著)

企業パラダイムの変容を踏まえ、労働法の基礎理論を問い直す。法律時報誌の好評連載に書き下ろしを加えての書籍化。

2020年5月18日

【新刊】『いまこそ語ろう、それぞれのひきこもり』、本日5月18日発売!

『いまこそ語ろう、それぞれのひきこもり』『いまこそ語ろう、それぞれのひきこもり』《こころの科学増刊》

(林 恭子・斎藤 環/編 斎藤 環・松本俊彦・井原 裕/監修)

ひきこもり100万人時代にいかに向き合うか。これまでの支援にずれはないか。当事者・経験者の声に耳を傾けることから始めよう。《こころの科学 メンタル系サバイバルシリーズ》

2020年5月18日

【電子書籍配信予告】『監視社会をどうする!』他2冊、5月20日より配信開始!

Kindle版の配信を5月20日から開始致します。(Amazonのサイトからご注文下さい。)

『監視社会をどうする!』『監視社会をどうする! 「スノーデン」後のいま考える、私たちの自由と社会の安全』

(日本弁護士連合会第60回人権擁護大会シンポジウム第2分科会実行委員会/編)

スノーデンが参加した白熱のシンポジウム。
監視社会はなぜ問題なのか? 監視社会化の現在地点を明らかにし、それに対抗するために私たちには何ができるのかを考える。


『ストレングス・トーク』『ストレングス・トーク 行動の問題をもつ子どもを支え・育てる』

(井上祐紀/著)

4つの“隠れた強み”=本人への良い影響、周囲への良い影響、ねがいごと、不器用な対処から、子どもと大人の関係をつなぎ直す。


『LGBTのひろば ゲイの出会い編』『LGBTのひろば ゲイの出会い編』《こころの科学増刊》

(城戸健太郎/編)

どこに住んでいても安心して参加できる場所がほしい! これから出会いを求めて1歩を踏み出そうとしている人へのアドバイスが満載。【プリントレプリカ版】

2020年5月15日

【刊行予告】『労働法[第3版]』他2冊、5月19日発売!

『労働法[第3版]』『労働法[第3版]』

(西谷 敏/著)

労働法の定評ある基本書。「働き方改革」関連法などの法改正に対応。労働法の全体像を基本原理に立ち返ってわかりやすく解説。


『民事陪審裁判が日本を変える』『民事陪審裁判が日本を変える 沖縄に民事陪審裁判があった時代からの考察』

(陪審裁判を考える会/編)
(新倉 修・四宮 啓・福来 寛・飯 考行/編著)

沖縄基地問題、原発訴訟、なぜ民意は反映されないのか? かつて沖縄で行われていた陪審裁判の記録から、現代へのヒントを探る。


『高密度プラズマの物理』『高密度プラズマの物理 金属水素から中性子星・ブラックホールへ』

(一丸節夫/著、古田 治/訳)

太陽や中性子星、ブラックホールにおける高密度状態のプラズマ現象を扱う。プラズマ物理学の泰斗による原著を初邦訳。

2020年5月14日

【刊行予告】『いまこそ語ろう、それぞれのひきこもり』、5月18日発売!

『いまこそ語ろう、それぞれのひきこもり』『いまこそ語ろう、それぞれのひきこもり』《こころの科学増刊》

(林 恭子・斎藤 環/編 斎藤 環・松本俊彦・井原 裕/監修)

ひきこもり100万人時代にいかに向き合うか。これまでの支援にずれはないか。当事者・経験者の声に耳を傾けることから始めよう。《こころの科学 メンタル系サバイバルシリーズ》

2020年5月13日

【新刊】『楕円の思考と現代会計』、本日5月13日発売!

『楕円の思考と現代会計』『楕円の思考と現代会計 会計の世界で何が起きているか』

(石川純治/著)

大きく変貌している今日の企業会計の根本には何があるのか。実務レベルの解説に留まらず、理論的にその変貌の正体を明らかにする。

2020年5月12日

【新刊】『法学セミナー』『数学セミナー』2020年6月号、本日5月12日発売!

『法学セミナー2020年6月号』『法学セミナー2020年6月号』

特集=いま、社会のあり方を考える

法学の教科書によく登場する「市民社会」という言葉について、みなさんはじっくり考えたことがあるでしょうか。これから目指すべき「成熟した市民社会」とは何かを繙くことで、現在問題となっている新型コロナウイルスをはじめとしたグローバルな課題に対する法の役割を考えてみましょう。


『数学セミナー2020年6月号』『数学セミナー2020年6月号』

特集=統計学の質問箱

AIブームの中、関心が高まっている統計であるが、大学で学んでいく中でいくつかの疑問点が生じてくる。今回は、学生が抱きがちな質問を通じて、この分野の理解を深めよう。

2020年5月11日

【電子書籍新刊】『現代中央アジア―政治・経済・社会』、5月11日より配信開始!

Kindle版の配信を5月11日から開始致します。(Amazonのサイトからご注文下さい。)

『現代中央アジア』『現代中央アジア―政治・経済・社会』

(宇山智彦・樋渡雅人/編著)

『現代中央アジア論』(2004年)を発展させ、構成と執筆陣を一新。新たに社会編を加えて新版化。5カ国を横断的に分析する。

2020年5月11日

【刊行予告】『楕円の思考と現代会計』、5月13日発売!

『楕円の思考と現代会計』『楕円の思考と現代会計 会計の世界で何が起きているか』

(石川純治/著)

大きく変貌している今日の企業会計の根本には何があるのか。実務レベルの解説に留まらず、理論的にその変貌の正体を明らかにする。