メディア掲載 一覧

2017年11月1日

本日20時からのハートネットTV「シリーズ依存症」に松本俊彦・精神科医が出演予定

昨日から、NHK Eテレ ハートネットTVでは「シリーズ依存症」が始まりました。
本日11月1日(水)20時からの第2回「クレプトマニア —罰だけでなく治療を—」には、弊社で『くすりにたよらない精神医学』『自傷行為の理解と援助』など多くの編著書がある精神科医の松本俊彦氏が出演予定です。ぜひご覧下さい。

詳しくはこちらの番組のウェブサイトをご覧下さい。

2017年11月1日

「週刊東洋経済」11/4号に『現代朝鮮経済』著者、三村光弘氏登場

171104toyokeizai-mimura10月30日発売の「週刊東洋経済」11/4号“Books & Trends”で、『現代朝鮮経済——挫折と再生への歩み』著者の三村光弘・環日本海経済研究所調査研究部主任研究員のインタビュー記事が掲載されました。北朝鮮の経済構造を概観するテキストである本書を詳しく紹介していただきました。聞き手は「週刊東洋経済」編集部の福田恵介氏。ありがとうございます。

2017年10月30日

10/28付日本経済新聞・読書面で『健康格差』紹介!

『健康格差』書影10/28付「日本経済新聞」読書面で、マイケル・マーモット著『健康格差』を紹介していただきました。

「不公平を糾す科学的な議論」
評者:根井雅弘・京都大学教授

「健康格差を医療の問題にとどめず、教育、雇用、貿易など各方面との関連を追究した優れた啓蒙書である。」

ありがとうございました。

2017年10月23日

10/21付日本経済新聞・読書面で『働き方改革の経済学』紹介!

10/21付「日本経済新聞」読書面で、八代尚宏著『働き方改革の経済学——少子高齢化社会の人事管理』を紹介していただきました。

9784535_55887_8_obi

「議論の忘れ物を鋭く指摘」

ありがとうございました。

 

2017年9月28日

千葉逸人先生、鈴木咲衣先生出演「又吉直樹のヘウレーカ!」今夜0時30分再放送

今年度の『数学セミナー』の巻頭「Coffee Break」を担当しているうちの千葉逸人先生(九州大学)と鈴木咲衣先生(京都大学白眉センター 数理解析研究所助教、『圏論の歩き方』第3章著者)が、出演して話題となった「又吉直樹のヘウレーカ!」が本日深夜再放送されます。

NHK Eテレで、本日深夜(日付は変わって29日(金))0:30~1:45に放映予定です。

人生に効く数学の話を聞かせてもらえればコーヒー代はタダという風変わりなカフェに千葉先生が来店、鈴木先生はアルバイト店員役です。ぜひご覧下さい。

番組ウェブサイト「又吉直樹のヘウレーカ!」はこちらです。

2017年9月26日

9月27日 Eテレ「又吉直樹のヘウレーカ!」に著者出演予定

NHK Eテレで、明日9月27日22:00~22:45に放映予定の「又吉直樹のヘウレーカ!」に、今年度の『数学セミナー』の巻頭「Coffee Break」を担当しているうちの千葉逸人先生(九州大学)と鈴木咲衣先生(京都大学,『圏論の歩き方』第3章著者)が、出演予定です。

人生に効く数学の話を聞かせてもらえればコーヒー代はタダという風変わりなカフェに数学者のお二人が来店します。さてどんな話が展開されるのか…。ぜひご覧下さい。

番組ウェブサイト「又吉直樹のヘウレーカ!」はこちらです。

2017年9月13日

【14日(木)再放送】ハートネットTV「精神科病院の“身体拘束”を考える」

先週9月7日に放送され、大きな反響のあったNHK Eテレ ハートネットTV WEB連動企画チエノバ「精神科病院の“身体拘束”を考える」が、明日14日(木)13時05分〜13時34分に再放送される予定です。

弊社『精神科医療の隔離・身体拘束』著者の長谷川利夫・杏林大学教授が始めた「精神科医療の身体拘束を考える会」の取り組みも紹介されました。

ぜひご覧下さい。
詳しい内容は下記のリンク先をご覧下さい。

★放送内容
ハートネットTV 9月7日「チエノバ」

フェイスブックのPR動画

★番組HPに寄せられた、“身体拘束された経験がある”などのカキコミをブログにまとめた記事はこちら

2017年4月28日

【お知らせ】Eテレ『オリガミの魔女と博士の四角い時間』4/29、30再放送

滝藤賢一さんほか出演の、NHK Eテレ『オリガミの魔女と博士の四角い時間』第1回が4/29午後10時45分から再放送予定。この番組には『折る幾何学』の前川淳氏が取材協力しています。この第1回には前川氏ご自身も出演されています。ぜひご覧下さい。

2017年4月18日

4/17「読売新聞」で『人間の安全保障と平和構築』と東大作准教授が紹介。

170417yomiuri-HIGASHI-w

4月17日付「読売新聞」文化面で、3月の新刊『人間の安全保障と平和構築』の刊行に寄せて、編著者を務めた上智大学・グローバル教育センターの東大作准教授の記事が掲載されました。
「今後の日本外交について、これまでの支援活動で得た世界からの信頼を生かし、人間の安全保障を柱とした「ファシリテーター(対話の促進者)を目指すべきだ」と提唱する。」(記事は小林佑基記者)

2017年2月16日

本日2/16午後1時5分から再放送:ハートネットTV “チエノバ”「暮らしと憲法」

女性、外国人、障害者、被災者と4回にわたって現場からの声を伝え、憲法について考えてきたNHK ETV:ハートネットTV、シリーズ「暮らしと憲法」。先週、まとめの回として放映された「WEB連動企画“チエノバ”暮らしと憲法」が、本日午後1時5分から再放送予定です。
出演:南野森・九州大学教授、荻上チキ氏(評論家・ニュースサイト編集長)、山田 賢治アナウンサー、塚原 愛アナウンサー。

詳しくはハートネットTVのサイトをご覧下さい。