書籍詳細:環状島へようこそ

環状島へようこそ トラウマのポリフォニー

の画像の画像
  • 紙の書籍
  • 電子書籍
定価:税込 2,420円(本体価格 2,200円)
紙の書籍・POD・アーカイブズの価格を表示しています。
電子書籍の価格は各ネット書店でご確認ください。
在庫あり
発刊年月
2021.04
ISBN
978-4-535-56395-7
判型
四六判
ページ数
256ページ
Cコード
C3047
ジャンル

内容紹介

トラウマを抱える当事者、加害者、支援者の立ち位置を示したモデル「環状島」。その新たな可能性を7人の対話者とともに探る。

目次

序章 環状島とはなにか………宮地尚子

第1章 臨床における秘密と嘘――環状島から考える
      ……(対話者)森 茂起

第2章 こころの内海に潜る――スキーマ療法と環状島
      ……(対話者)伊藤絵美

第3章 「ボーダー」・治療者・環状島……(対話者)林 直樹

第4章 「被害」と「加害」の螺旋を超えて
      ――『プリズン・サークル』から考える
               ……(対話者)坂上 香

第5章 トラウマと声・身体……(対話者)斎藤 環

第6章 トラウマインフォームドケアと環状島……(対話者)野坂祐子

第7章 トラウマと依存症臨床の未来……(対話者)松本俊彦

終章  トラウマを語るということ……宮地尚子

書評掲載案内

■『図書新聞』2021年7月24日(木) 7面にて掲載
2021年上半期読書アンケート
評者:金平茂紀(TVジャーナリスト)