書籍詳細:オープンダイアローグがひらく精神医療

オープンダイアローグがひらく精神医療

の画像の画像
  • 紙の書籍
  • 電子書籍
定価:税込 2,160円(本体価格 2,000円)
紙の書籍・POD・アーカイブズの価格を表示しています。
電子書籍の価格は各ネット書店でご確認ください。
在庫あり
発刊年月
2019.07
ISBN
978-4-535-98465-3
判型
A5判
ページ数
272ページ
Cコード
C3047
ジャンル

内容紹介

「開かれた対話」を通じて精神疾患にアプローチする。この画期的な手法であり思想を、日本に導入すべく奔走する著者の最新論集。

目次

1 オープンダイアローグの可能性
 1 オープンダイアローグ
 2 こころのトポスはどう変わったか
 3 「開かれた対話」と「人薬」
 4 反‐強度的治療としてのオープンダイアローグ
 5 心理職とオープンダイアローグの可能性

2 オープンダイアローグの現場から
 6 オープンダイアローグによる統合失調症への治療的アプローチ
 7 アウトリーチとオープンダイアローグ
 8 “コミュ障”は存在しない――開かれた対話と「コミュニケーション」
 9 「ほめる」こととリフレクティング

3 オープンダイアローグを読む
 10 SF的視点が可能にした精神医療への批評 
   宮内悠介『エクソダス症候群』
 11 二人であることの病? 青山七恵『繭』
 12 ポリフォニーを“聞き流す” 坂口恭平『家族の哲学』

4 人間回帰としてのオープンダイアローグ
 13 オープンダイアローグがひらく新しい生のプラットフォーム 
   村上靖彦×斎藤環
 14 オープンダイアローグの日本への導入に際して懸念されること