書籍詳細:文系のための統計学入門

文系のための統計学入門 データサイエンスの基礎

の画像の画像
  • 紙の書籍
予価:税込 3,080円(本体価格 2,800円)
発刊年月
2021.07
ISBN
978-4-535-55998-1
判型
A5判
ページ数
260ページ
Cコード
C3033
ジャンル
難易度
テキスト:初級

内容紹介

大学1・2年生や数学に苦手意識を持つ社会人を対象にした、「グラフ」による統計学の入門書。数式を使わずに、統計学の本質を理解できる。

目次

第1章 統計学の基礎知識の体系(本書のガイダンス)

第2章 何でも平均値で大丈夫なのか(代表値と散布度)

第3章 確率的に生きるか確定的に生きるか(確率論と期待値)

第4章 学業成績の確率分布と偏差値(正規分布)

第5章 街頭アンケートはあてになるのか(母集団と標本)

第6章 台風の予報円は信じてよいのか(標本変動と信頼区間)

第7章 隠れた浮気を見破る方法(背理法と帰無仮説)

第8章 薬品の含有量はきちんと守られているのか(母平均の検定)

第9章 健康食品で血圧は下がるのか(2つの平均値の検定)

第10章 チョコレートを食べるとノーベル賞が取れるのか
    (散布図と相関係数)

第11章 広告費を増額すると売上高はどうなるか(単回帰分析)

第12章 いろいろあるけれど、一番の原因は何なのか(重回帰分析)

第13章 足したり掛けたりできない数字(尺度とクロス集計表)

第14章 クロス集計表の数値を検定する(カイ二乗検定)

第15章 人工知能(AI)の母は統計学なのか
    (本書のまとめから機械学習へ)