書籍詳細:担保物権法

担保物権法

の画像の画像
  • 紙の書籍
  • 電子書籍
定価:税込 3,672円(本体価格 3,400円)
紙の書籍・POD・アーカイブズの価格を表示しています。
電子書籍の価格は各ネット書店でご確認ください。
在庫あり
発刊年月
2017.03
ISBN
978-4-535-52241-1
判型
A5判
ページ数
332ページ
Cコード
C3032
ジャンル
難易度
テキスト:中級

内容紹介

学力の向上に合わせ段階的に学習ができるような構成を内容・レイアウトともに意識した。詳細な記述と判例を多数織り込む充実の1冊。

目次

第1章 担保法および担保物権法総論
  1 債権者平等の原則と担保
  2 担保物権総論
第2章 抵当権――約定担保物権[1]
  1 抵当権の意義
  2 わが国における抵当権に関する諸原則
  3 抵当権設定契約
  4 被担保債権および抵当権の効力の及ぶ目的物
  5 抵当権の侵害に対する効力
  6 物上代位
  7 抵当権の目的不動産の用益権者の保護
  8 法定地上権および一括競売権
  9 抵当不動産の第三取得者の法的保護
  10 抵当権の処分
  11 共同抵当権
  12 根抵当権
  13 抵当権の消滅時効および抵当不動産の取得時効
  14 抵当権の実行
  15 特別法上の抵当権
第3章 質権――約定担保物権[2]
  1 動産質および不動産質抵当権の意義
  2 権利質(債権質)
第4章 譲渡担保・所有権留保および仮登記担保
  1 動産および不動産譲渡担保(譲渡担保権[1])
  2 債権譲渡担保(譲渡担保権[2])
  3 代理受領および振込指定
  4 所有権留保
  5 仮登記担保
第5章 留置権――法定担保物権[1]
  1 留置権の意義
  2 留置権の成立要件
  3 留置権の効力
  4 留置権の消滅原因
第6章 先取特権――法定担保物権[2]
  1 先取特権の意義
  2 一般先取特権
  3 動産先取特権
  4 不動産先取特権