書籍詳細:三上義夫著作集 第2巻

三上義夫著作集 第2巻 関孝和研究

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 10,800円(本体価格 10,000円)
在庫あり
発刊年月
2017.01
ISBN
978-4-535-60216-8
判型
A5判
ページ数
464ページ
Cコード
C3341
ジャンル

内容紹介

関孝和の研究を“伝説上の人物”から実在した“生身の数学者”として批判的歴史学の対象とした画期的論考を集成。学位論文も収録。

目次

●目次:見出し2ランク分まで
一 関孝和伝研究
1.関孝和先生伝に就いて
2.再び関孝和先生伝に就いて
3.関孝和伝論評
4.関孝和伝について
5.沢口一之と関孝和の関係
6.川北朝鄰と関孝和伝

二 関流形成史論考
7.関孝和の業績と京阪算家並に支那の算法との関係及び比較
8.関流数学の免許段階の制定と変遷
9.関流数学の免許段階の制定と変遷に就いて――長沢規矩也氏に答う

三 円理史論
10.円理の発明に関する論証――日本数学史上の難問題
11.円理の発明について
12.関孝和と微分学
13.宅間流の円理

四 史料批判論
14.歴史の考察に対する科学的批判の態度

解説 (小林龍彦)

書評掲載案内

■『週間読書人』2017年4月21日号 評者:森本光生氏(四日市大学関孝和数学研究所)