書籍詳細:マクロ経済学入門

シリーズ:トリアーデ経済学

[トリアーデ経済学3] マクロ経済学入門

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 2,808円(本体価格 2,600円)
在庫あり
発刊年月
2015.09(上旬刊)
ISBN
978-4-535-55838-0
判型
A5判
ページ数
304ページ
Cコード
C3033
ジャンル
難易度
テキスト:初級

内容紹介

『経済学ベーシック』(トリアーデ経済学1)を読んだあとに、マクロ経済学を一通り学習していくためのテキスト。

目次

はしがき



序 章 マクロ経済学をどう学ぶか

1  マクロ経済学とは

2  マクロ経済学の学び方

3  マクロ経済学で登場する重要な経済データ

コラム 経済学では自然対数を使う



第1章 GDPの基礎

1.1 GDPの定義

1.2 三面等価の原則



第2章 物価指数

2.1 はじめに

2.2 物価指数の測定

2.3 様々な物価指数

2.A 補論

コラム ラスパイレス式の応用



第3章 産業連関 表の基礎

3.1 産業連関表とは

3.2 産業連関分析

コラム 都道府県の産業連関表を使って経済効果を計算してみよう



第4章 国際収支、為替レートとマクロ経済

4.1 海外部門とマクロ経済

4.2 海外部門とマクロ経済モデル

4.3 マクロ経済における海外部門の考え方

4.4 経常収支と金融収支の関係

4.5 経常収支をマクロ経済の観点からとらえる

4.6 為替レート



第5章 GDPの決定:需要サイドからの分析

5.1 短期と長期

5.2 生産物市場における供給

5.3 生産物市場における需要

5.4 消費関数

5.5 生産物市場における均衡

5.6 均衡GDPの導出

5.7 インフレギャップとデフレギャップ

コラム 限界消費性向は一定か?



第6章 乗数分析

6.1 政府支出乗数

6.2 乗数の波及プロセス

6.3 租税乗数

6.4 投資乗数

6.5 均衡予算乗数

6.6 外国貿易を導入した場合の各乗数



第7章 貨幣市場

7.1 貨幣の定義

7.2 貨幣の需要と供給

7.3 株価と債券価格

7.4 貨幣の供給

7.5 貨幣市場の均衡



第8章 IS-LM分析

8.1 投資関数

8.2 IS曲線

8.3 LM曲線

8.4 生産物市場と貨幣市場の同時均衡

8.5 拡張的財政政策と拡張的金融政策の効果

8.6 流動性のわなにおける拡張的財政政策と拡張的金融政策の効果

8.7 総需要曲線



第9章 労働市場の分 析と総供給

9.1 はじめに

9.2 古典派の二分法

9.3 価格の硬直性

9.3 フィリップス曲線

9.4 総供給曲線

9.5 労働市場に対する考え方の違いと総供給曲線

コラム ラジア型賃金と長期雇用



第10章 総需要・総供給分析

10.1 はじめに

10.2 総需要曲線のシフト

10.3 総供給曲線のシフト

10.3 インフレーションとデフレーションが社会に与える影響

コラム オイルショック



第11章 消費と投資の決定理論

11.1 マクロ経済と消費支出・貯蓄

11.2 ケインズ型の消費関数と問題点

11.3 相対所得仮説

11.4 主な現代消費理論

11.5 留意点と消費理論の発展

11.6 マクロ経済と投資の役割

11.7 伝統的な投資理論

11.8 資本ストック調整原理を中心とする投資

11.9 トービンのq理論

11.10 投資理論についての留意点



第12章 財政政策

12.1 はじめに

12.2 財源調達の方法と財政政策の効果

12.3 財政赤字と持続性条件

コラム 予算編成プロセス



第13章 金融政策

13.1 日本の金融政策の決まり方

13.2 日銀のバランスシートとマネタリーベース

13.3 最近の日本の金融政策

13.4 ゼロ金利政策と量的緩和政策をIS-LM分析で解釈する

コラム テイラー・ルール



第14章 為替レートの 理論と開放経済

14.1 購買力平価

14.2 金利裁定式

14.3 為替レートの理論

14.4 為替レートの時系列的特徴

コラム ビッグマック指数



第15章 経済成長の理 論

15.1 各国の経済成長

15.2 ソローモデル

15.5 内生的経済成長モデル

コラム KLから一人当たり資本ストックの成長率⊿を求める方法



第16章 マクロ経済 学の新しい展開

16.1 マクロ経済学の課題

16.2 現代マクロ経済学への橋渡し

16.3  ケインズ経済学とマネタリズム

16.4 新しい古典派の台頭

16.5 合理的期待理論

16.6 ルーカス批判

16.7 サプライサイド経済学

16.8 リアル・ビジネスサイクル理論

16.9 ニュー・ケインジアン

16.10 金融危機とマクロ経済学の展望



練習問題解答

読書案内