書籍詳細:冤罪を生む構造

冤罪を生む構造 アメリカ雪冤事件の実証研究

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 6,050円(本体価格 5,500円)
在庫僅少
発刊年月
2014.07(中旬刊)
ISBN
978-4-535-51929-9
判型
A5判
ページ数
440ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

なぜ冤罪が発生するのか。アメリカでDNA鑑定によって無実の罪を晴らした250人の事例を実証して冤罪を生む構造を明らかにする。

目次

第1章 はじめに

第2章 虚偽の自白

第3章 誤った目撃者

第4章 誤った科学的証拠

第5章 嘘をつくジェイルの情報提供者

第6章 有罪判決を言い渡してしまった裁判

第7章 救済手続の高い壁

第8章 雪冤に向けた闘い

第9章 刑事司法制度の改革

補遺



アメリカにおける冤罪究明運動の歴史と現状……笹倉香奈

本研究の意義――日本の誤判研究、刑事司法改革への示唆……豊崎七絵

書評掲載案内

■2014年9月19日付『朝日新聞』(3面)著者インタビュー掲載

■2014年9月24日付『毎日新聞』(1面)余録

■『法律時報』87巻2号(2015年2月号)71頁【B&Aレビュー】刑事法学の動き…辻本典央

■『季刊 刑事弁護 82号』(2015年夏号)評者:川崎英明氏(関西学院大学教授)

■『自由と正義Vol.66 No.7』(2015年7月号)評者:泉澤章氏(東京弁護士会会員)