書籍詳細:労働者派遣と法

労働者派遣と法

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 5,400円(本体価格 5,000円)
在庫あり
発刊年月
2013.06
ISBN
978-4-535-51851-3
判型
A5判
ページ数
416ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

立法の流れ、松下PDP最高裁判決などの判例理論、比較法考察など研究者・弁護士の総力を結集した、労働者派遣法の本格的研究書。

目次

第1章 労働者派遣法の制定と改正
 第1節 労働者派遣法の前史と制定過程……………中島正雄
 第2節 労働者派遣法の改正過程……………………名古道功・中村和雄
 第3節 2012年改正労働者派遣法の概要とその検討………沼田雅之

第2章 労働者派遣法の理論課題
 第1節 職安法44条、労基法6条と労働者派遣法の関係…………根本 到
 第2節 労働者派遣の法構造…………………………西谷 敏
 第3節 特定行為の禁止と紹介予定派遣……………野田 進
 第4節 政令26業務の内容と意義……………………伊須慎一郎・三浦直子
 第5節 派遣期間の制限と直接雇用申込義務…………萬井隆令
 第6節 労働者派遣と労基法…………………………武井 寛
 第7節 労働組合法における派遣先企業の使用者性…緒方桂子

第3章 労働者派遣裁判例の分析
 第1節 違法派遣・偽装請負と黙示の労働契約の成否
  一 松下PDP事件…………………………豊川義明・萬井隆令
  二 伊予銀行・いよぎんスタッフサービス事件……中野麻美
  三 松下PDP事件最高裁判決以前の下級審裁判例… 井上幸夫・竪十萌子・和田 肇
  四 松下PDP事件最高裁判決後の下級審裁判例……………………塩見卓也
 第2節 重要裁判例の検討
  一 派遣労働者の採用内定取消………………………………………河村 学
     パソナ・ヨドバシカメラ事件・大阪地判平成16・6・9
  二 一般労働者派遣事業許可取消……………………………………山川和義
     東京地判平成18・10・20
  三 許可された業務以外での労働者派遣と派遣法33条2項違反の効力
             ……………………………………………藤内和公
     ホクトエンジニアリング事件・東京地判平成9・11・26
  四 労働者派遣契約の解除を理由とする派遣労働契約の中途解約の有効性
       と賃金請求権の帰趨……………………………………緒方桂子
     三都企画建設事件・大阪地判平成18・1・6
  五 労働者派遣契約における派遣元の債務………………………濱畑芳和
     テンブロス・ベルシステム事件・東京地判平成5・10・22ほか
  六 労組労供における供給先と労働者の法的関係………………武井 寛
     泰進交通事件・東京地判平成19・11・1
  七 派遣労働者の過労自殺と偽装請負関係企業(派遣元企業・派遣先企業)
       の法的責任………………………………………………唐津 博
     アテスト(ニコン熊谷製作所)事件・東京高判平成21・7・28

第4章 諸外国の労働者派遣法
  第1節 ドイツの労働者派遣法……………………………………大橋範雄
  第2節 フランスの労働者派遣法…………………………………矢野昌浩
  第3節 韓国の労働者派遣法………………………………………脇田 滋

第5章 労働者派遣の法規制に関する総括的分析……………………和田 肇

資料
 1 労働者派遣相談の現場から……………………村田浩治・中西 基
 2 労働者派遣の実態分析…………………………山川和義