書籍詳細:肥田舜太郎が語る いま、どうしても伝えておきたいこと

肥田舜太郎が語る いま、どうしても伝えておきたいこと 内部被曝とたたかい、自らのいのちを生かすために

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 1,512円(本体価格 1,400円)
在庫なし
発刊年月
2013.02
ISBN
978-4-535-58611-6
判型
四六判
ページ数
200ページ
Cコード
C1036
ジャンル

内容紹介

自らも広島で被爆し、被爆者医療に生涯をかけた医師が、福島第一原発事故を経験し、改めて内部被曝問題と命の生かしかたを語る。

目次

 はじめに



 序 章 内部被曝の実相──いまをどう生きるか



第1部 原爆症、そして内部被曝への確信



 第1章 原爆症との出会いまで

 第2章 原爆治療からその原因究明へ

 第3章 1970年代半ば、国連へ、そして国際シンポジウム

 第4章 スターングラス博士との出会い──「内部被曝」への確信



第2部 核兵器廃絶運動から得た確信



 第5章 なぜ、核兵器廃絶運動に取り組んだのか

 第6章 海外で被爆の実相を訴える中で、得たもの、感じたもの

 第7章 核兵器廃絶と内部被曝問題を訴え続ける意味



 終 章 いま、どうしても伝えておきたいこと

正誤情報

2013.04.04 errata58611-1_1.txt

正誤情報のファイル名=凡例

errata12345-m_n.txt
ファイル名の「m_n」は、その書籍の「第 m 版第 n 刷」の正誤表であるかを示しています。
PDFファイルになっている正誤情報をご覧になるには、Adobe Reader(無償)が必要です。
ソフトが必要な方はAdobe Reader公式サイトをご覧下さい。