書籍詳細:中年期における夫婦関係の研究

中年期における夫婦関係の研究 個人化・個別化・統合の視点から

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 6,048円(本体価格 5,600円)
在庫なし
発刊年月
2007.11
ISBN
978-4-535-58513-3
判型
A5判
ページ数
276ページ
Cコード
C3036
ジャンル

内容紹介

熟年離婚増加の背景を、個人中心パラダイムへの転換という視点から計量分析と事例分析をふまえて解明し、再統合の道を探る。

目次

序 章 研究の目的と章構成
第1章 中年期というステージと夫婦の関係性
第2章 家族の個人化・個別化と統合概念の整理および研究枠組
第3章 中年期夫婦の個人化・個別化と統合
第4章 中年期における妻の夫婦間ディストレス
第5章 中年後期における夫婦の再統合
第6章 中年後期における夫婦の再統合
第7章 中年後期におけるパーソナル・ネットワークと夫婦の統合
第8章 中年期夫婦は夫婦関係経歴で生じた危機をどのように乗り越えてきたか
第9章 結論と今後の課題