書籍詳細:信託制度と預り資産の倒産隔離

信託制度と預り資産の倒産隔離

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 7,344円(本体価格 6,800円)
在庫なし
発刊年月
2007.10
ISBN
978-4-535-51587-1
判型
A5判
ページ数
312ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

財産を預かった者がその預かり資産を自己の財産と混淆させたまま倒産した場合の、預けた者への物権的保護を理論的に考究した労作。

目次

第1編 英米独における救済法理

第1章 英米法における救済
第2章 クイストクローズ信託
第3章 カリフォルニア州金融法におけるエスクロー
第4章 ドイツにおけるトロイハント
第5章 考察――日本法への示唆

第2編 金銭ドグマと預金債権の帰属にかかる基本問題

第6章 金銭ドグマ
第7章 預金債権の帰属

第3編 混蔵保管と特定性

第8章 混蔵寄託
第9章 混和と識別不能
第10章 特定性の基本問題

第4編 最二小判平15・2・21における倒産隔離理論

第11章 本件預金債権の実質的帰属者
第12章 客観説からのアプローチ
第13章 本件預金債権と代理店の責任財産
第14章 信託構成の可否

第5編 分別管理と倒産隔離

第15章 信託法における分別管理義務
第16章 金銭の分別管理と倒産隔離

終 章

補 論 セール&リースバック形式の不動産流動化スキームにおける信託の機能