書籍詳細:現代中央アジア論

現代中央アジア論 変貌する政治・経済の深層

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 3,240円(本体価格 3,000円)
在庫なし
発刊年月
2004.08
旧ISBN
4-535-55318-1
ISBN
978-4-535-55318-7
判型
A5判
ページ数
328ページ
Cコード
C3033
ジャンル

内容紹介

新生独立国家としての自立と経済的豊かさへの道を懸命に模索している中央アジア諸国(ウズベキスタン共和国、カザフスタン共和国、クルグズ共和国、タジキスタン共和国およびトルクメニスタン)の現状を立体的に描く。

目次

総 論 中央アジアの眺望/小松久男

1 はじめに

2 テュルク化とイスラーム化

3 帝政ロシア治下の中央アジア

4 ソ連のなかの中央アジア

5 おわりに

第1部 政治編―独立国家建設の試練

第1章 ソ連時代の共和国政治/地田徹朗

第2章 政治制度と政治体制/宇山智彦

第3章 民族と政治/岡 奈津子

第4章 宗教と征治/帯谷知可

第5章 国際関係と安全保障/湯浅 剛

第2部 経済編―計画から市場へ

第6章 ソ連時代の共和国経済/中村泰三

第7章 市場経済移行とマクロ経済実績/岩崎一郎

第8章 農業改革/錦見浩司

第9章 環境問題/片山博文

第10章 世界経済への統合/輪島実樹

・推薦文献

・インターネット情報検索リスト

・年表