書籍詳細:世界及び日本の情勢と民衆の視点

世界及び日本の情勢と民衆の視点

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 2,700円(本体価格 2,500円)
在庫なし
発刊年月
1999.03
旧ISBN
4-535-51170-5
ISBN
978-4-535-51170-5
判型
四六判
ページ数
320ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

満ち溢れる情報の洪水のなかで、我々は「木を見て、森を見失って」いないだろうか。反核運動を実践する法社会学者が、湾岸戦争に始まる90年代を総括し、21世紀へ向けて、「森を見る」視点を提示。

目次

1 世界及び日本の情勢と民衆の視点
    ─民主主義法学に期待されるもの
2 核・沖縄・安保
 1 世界の核兵器問題
 2 日本の政府は何をしてきたか
 3 核・安保と沖縄
3 民主主義法学の現代的課題
 1 現代日本の民主的改革を考える
    ─民主主義法学の課題
 2 戦後日本の民主主義と法社会学
    ─21世紀の法を見つめて
 3 戦後50年の家族と法
    ─私の家族法社会学研究史ノート
 4 あらためて司法改革を問う
 5 戦後50年と戦後補償