書籍詳細:明日の法律家へ

明日の法律家へ

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 1,836円(本体価格 1,700円)
在庫なし
発刊年月
1997.05
旧ISBN
4-535-51087-3
ISBN
978-4-535-51087-6
判型
A5判
ページ数
256ページ
Cコード
C3032
ジャンル
難易度
テキスト:初級

内容紹介

何のために法律家をめざすのか。どういう法律家を社会は求めているのか。この疑問に、10人の論者がいろいろな社会問題、経験を通じて熱く語りかける講演集。法と社会の切り結びの中から明日の法律家像が見えてくる。

目次

薬害エイズ訴訟
沖縄からの発言
国際社会と日本国憲法
激動の時代の刑事裁判と弁護人の役割
 ─当番弁護士制度とオウム裁判を通して考える
私が検察官のころ
新たな核時代における平和と憲法
 ─ヒロシマ・オキナワ・ベルリンそしてチェルノブイリの現場から
君は知っているか
 ─4000人もいるフィリピン残留日本人 30000人もいる日本・フィリピン混血児
検察官の使命
落ちこぼれた者の生き方
隠されていた危険
あとがき