書籍詳細:金融構造の変化と不安定性の経済学

金融構造の変化と不安定性の経済学 理論と実証

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 6,820円(本体価格 6,200円)
在庫あり
発刊年月
2024.02
ISBN
978-4-535-54078-1
判型
A5判
ページ数
320ページ
Cコード
C3033
ジャンル

内容紹介

非線形経済動学の手法を用い、金融構造の変化と経済の不安定性の関係を検討し、構造VARモデルを適用して実証分析を行う。

目次

第1章 ポスト・ケインズ派マクロ動学分析の方法 

第2章 構造VARモデル分析の方法  

第3章 金融構造の変化とポスト・ケインズ派マクロ動学:展望  

第4章 構造変化と金融の不安定性  

第5章 Profit Sharing,労動シェア,及び金融構造  

第6章 我が国における金融の不安定性:負債,確信,及び金融構造  

第7章 金融資産の蓄積による金融化と経済の不安定性   

第8章 アメリカ経済における構造変化と金融の不安定性  

第9章 開放体系における構造変化と金融の不安定性   

第10章 量的・質的金融緩和と日本経済   

第11章 地域銀行の多様性戦略:実績と展望