書籍詳細:スタートライン民法総論[第4版]

スタートライン民法総論[第4版]

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 2,530円(本体価格 2,300円)
在庫あり
発刊年月
2024.01
ISBN
978-4-535-52768-3
判型
A5判
ページ数
298ページ
Cコード
C3032
ジャンル
難易度
テキスト:初級

内容紹介

第4課の家族法の概観をはじめ、最新の法改正に対応。同シリーズ『債権法』でおなじみのコラム「ルール創りの観点から」を導入。

目次

《ガイダンスと概観》

 読み始める前の「質問コーナー」 

 第1課 ガイダンス

  1 読者へのメッセージ
  2 学習の準備
  3 民法の対象範囲
  4 民法典の概観
  5 法体系の中の民法の位置づけ
  6 民法の特徴――意思自治(私的自治)の原則
  7 小括・民法の学習の考え方


 第2課 民法総則予告編

  1 民法総則予告編
  2 本書の使い方のガイダンス


 第3課 債権法の概観

  1 債権法の概観
  2 契約法の重点学習
  3 不法行為法の重点学習
  4 債権総論の概観


 第4課 物権法と親族・相続法の概観

  1 物権法の概観
  2 家族法の意義と位置づけ
  3 親族法の概観
  4 相続法の概観


《民法総則》

 第5課 意思表示と法律行為・人の法律上の能力

  1 意思表示と法律行為
  2 人の法律上の能力


 第6課 意思表示総論・各論
 
  1 意思表示総論
  2 意思表示各論(問題のある意思表示)
  3 意思表示の効力


 第7課 代理(1)

  1 代理の意義と構造


 第8課 代理(2)

  2 無権代理と表見代理


 第9課 無効・取消し


 第10課 条件・期限、住所・失踪

  1 条件・期限
  2 住所・失踪


 第11課 時効(1)・期間の計算


 第12課 時効(2)

  1 取得時効
  2 消滅時効


 第13課 法人


 第14課 補講

  1 民法典の歴史
  2 法律用語フラッシュ
  3 学習上のポイント
  4 試験の受け方
  5 民法学の旅路


 判例について
 事項索引
 条文索引
 判例索引
 アイテム索引