書籍詳細:開かれた入管・難民法をめざして

開かれた入管・難民法をめざして 入管法「改正」の問題点

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 2,310円(本体価格 2,100円)
在庫あり
発刊年月
2024.02
ISBN
978-4-535-52762-1
判型
A5判
ページ数
232ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

2023年の入管法の「改正」にはどのような問題があったのか。日本の入管法、難民認定制度の問題を明らかにし改善の提案をする。

目次

1 入管法はなぜ改正されたか?――問題の背景……北村泰三

2 難民とはどのような人?――広がる難民概念……北村泰三

3 送り返してはいけない?――ノン・ルフールマン原則……安藤由香里

4 だれがどのようにして認める?――難民認定手続……北村泰三

5 公正な審査は保障されているのか?――難民認定機関の独立性……中坂恵美子

6 難民以外は保護されないのか?――補完的保護……中坂恵美子

7 帰国したくない人を罰する?――退去を拒む人への刑事罰の導入……安藤由香里

8 滞在する資格のない外国人はどうなる?――入管収容……小坂田裕子

9 収容されない場合もある?――仮放免・監理措置……小坂田裕子

10 難民申請中の暮らしはどうなる?――難民申請者の待遇……安藤由香里・中坂恵美子・小坂田裕子

11 家族との「きずな」などのため帰国できない人は?――在留特別許可……北村泰三

あとがき
文献一覧
入管・難民法関係年表