書籍詳細:追突

追突 雫石航空事故の真実

の画像の画像
  • 足立 東
  • 紙の書籍
定価:税込 1,944円(本体価格 1,800円)
在庫なし
発刊年月
1993.09
旧ISBN
4-535-58111-8
ISBN
978-4-535-58111-1
判型
四六判
ページ数
264ページ
Cコード
C36
ジャンル

内容紹介

自衛隊機と全日空機の衝突。報道は、判決は、自衛隊機の責任を追及した。しかし、自衛隊機に後方から全日空機が時速80kmの速度差で追突した、というのが事実であった。零戦操縦士だった著者の記者魂が真実に肉迫する。

目次

第1章 衝突

 新聞論調

 市川二曹はなぜ無罪か

 何が有罪と無罪を分けたか

 全日空機の航跡

 臨時訓練空域「盛岡」とはどこか

 自衛隊機の航跡

第2章 責任

 隈被告はなぜ有罪か

 控訴棄却と執行猶予

 接触地点はどこか

 接触時刻はいつか

 全日空機は市川機を視認したか

第3章 賠償

 互いに損害賠償を請求

 過失割合が変わったのはなぜか

 損害賠償額の確定

 最後の和解成立と雫石以後の整備

 結び