書籍詳細:痴漢を弁護する理由

痴漢を弁護する理由

の画像の画像
  • 紙の書籍
予価:税込 2,420円(本体価格 2,200円)
発刊年月
2022.09(中旬)
ISBN
978-4-535-52486-6
判型
四六判
ページ数
352ページ
ジャンル

内容紹介

「痴漢」という犯罪に関わる者の苦悩と葛藤を通して、痴漢事件の内実、日本の刑事司法の問題を描き出す小説。

目次


はしがき
物語にでてくる主な刑事手続について

第一話

被害者・井藤果歩──一〇月三日
 事件との遭遇
 はじめての警察署

弁護士・新橋将男――一〇月三日
 事件の配点
 厚すぎるアクリル板
 認めなければ、出ることはできない!?
 「黙秘します」とだけ答えてください
 時間との闘い

弁護士・新橋将男――一〇月四日、一〇月五日
 裁判所の判断

検察官・江藤恭介――一〇月四日
 ありふれた事件
 事件性、犯人性
 おびえきった表情

弁護士・新橋将男――一〇月五日(勾留決定から公判準備)
 海の底のため息
 弁護人にしかできないこと

検察官・江藤恭介――一〇月九日
 被害者の涙

検察官・江藤恭介――一〇月一二日(勾留期間の延長請求)

検察官・江藤恭介――一〇月一八日
 被害者の嗚咽
 わずかな可能性

検察官・江藤恭介――一〇月一九日
 被疑者の確信・検察官の迷い
 小説や映画と事件処理は違う

検察官・江藤恭介――一〇月二二日
 導き出した結論

被害者・伊藤果歩――一〇月五日
 家族の気遣い

被害者・伊藤果歩――一〇月九日
 検察庁での動揺

被害者・伊藤果歩――一〇月一九日
 もう、怖がる必要はない

弁護士・新橋将男――一一月五日(起訴、そして裁判へ)
 薄い証拠のファイル
 勝負は反対尋問

弁護士・新橋将男――一二月七日
 初公判

弁護士・新橋将男――平成三一年一月九日
 被害者尋問

弁護士・新橋将男――平成三一年一月一九日
 思いがけず見つかった「武器」

裁判官・和久田真美――平成三一年一月九日
 誤判という深淵
 合議の潮目

裁判官・和久田真美――平成三一年一月一九日
 司法という巨大装置

裁判官・和久田真美――平成三一年一月三〇日
 上の空の裁判官

裁判官・和久田真美――平成三一年二月一日
 被害者の見たものは……
 裁判官・和久田真美――平成三一年二月二四日
 ジャンプ!

裁判官・和久田真美――平成三一年三月三日
 二つの判決文――オセロの駒

裁判官・和久田真実――平成三一年三月八日
 裁判官室だけに灯る明かり

裁判官・和久田真美――東京地方裁判所・平成三一年三月二二日
 判決日の朝

裁判官・和久田真美――平成三一年三月二四日
 いつか法廷で

検察官・江藤恭介――令和一年五月一七日


第二話

加害者・岡貫宏――九月一日
 抑えきれない衝動と後悔
 慣れてしまった取り調べ
 警視庁武蔵野署一三番
 きっかけは「清涼感」

加害者の妻・岡貫久美――事件の連絡から相談まで
 警察からの電話
 弁護士へのはじめての相談

弁護士・山下燎――出勤

加害者・岡貫宏――検察庁での取り調べ
 検察庁立川支部・同行室

弁護士・山下燎――接見室
 アクリル板越しの世界
 知らされた知りたくない事実
 勝負は勾留決定
 勾留請求の結果
 妹弁に叱られる兄弁

被疑者・杜多佑子――弁護士事務所での示談

弁護士・山下燎――示談交渉と依存症治療を知る
 叩き割られた家族写真
 トラウマ
 専門家によるカウンセリング
 石原医師との面会
 痴漢は「生きがい」
 性嗜好障害治療の実際
 受容と共感

加害者の妻・岡貫久美――夫の釈放、そしてプログラムへ
 カウンセリングで知った夫の過去
 医師からの助言

弁護士・山下燎――石原医師との再会
 被害者との二回目の示談交渉

被害者・杜多佑子――示談の締結

加害者・岡貫宏――その後

弁護士・山下燎――事件を終えて