書籍詳細:外国人と共生するための実践ガイドブック

外国人と共生するための実践ガイドブック SDGs多文化共生へのエビデンス

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 1,870円(本体価格 1,700円)
在庫あり
発刊年月
2022.05
ISBN
978-4-535-54039-2
判型
四六判
ページ数
228ページ
Cコード
C3036
ジャンル

内容紹介

地域の中に外国人を受け入れて共生するために、どういった取り組みが有効なのか。学術的なエビデンスに基づいたヒントを提供する。

目次


序 章 どうして多文化共生を考えるのか

〔第1部 エビデンス編〕

第1章 教育関係のエビデンス
1 日本語による学習指導の困難さ
2 学校を中退する生徒が多い
3 学校生活における心の問題
4 経済的な不安による高校中退
5 先生と生徒の民族の違いが学力格差の原因?

第2章 行政事務・一般生活のエビデンス
1 SNSの情報を見てもらえない
2 行政サービスの利用が少ない
3 地域でのゴミ出しトラブル

第3章 労働関係のエビデンス
1 雇用機会に恵まれない
2 就職活動でストレスを抱えやすい
3 日本語学習の重要性を理解してもらえない
4 意思疎通の背景にある文化・慣習を知らない
5 せっかく就職した仕事を辞めてしまう
6 緊急事態による経済状況の悪化


〔第2部 実践編〕

第4章 教育関係の実践:学力向上や中退抑止のための学校生活
1 日本語による学習指導の困難さ
2 学校を中退する生徒が多い
3 学校生活における心の問題
4 経済的な不安による高校中退
5 先生と生徒の民族の違いが学力格差の原因?

第5章 行政事務・一般生活の実践:
      情報周知や地域トラブル解決のための工夫
1 SNSの情報を見てもらえない
2 行政サービスの利用が少ない
3 地域でのゴミ出しトラブル

第6章 労働関係の実践:効果的な就労支援や職場定着の促進 
1 雇用機会に恵まれない
2 就活でストレスを抱えやすい
3 コミュニケーション能力の欠如
4 せっかく就職した仕事を辞めてしまう
5 緊急事態による経済状況の悪化

終 章 エビデンスに基づいた有効な取り組みとは