書籍詳細:代数学のレッスン

代数学のレッスン 計算体験を重視する入門

の画像の画像
  • 紙の書籍
  • 電子書籍
定価:税込 2,420円(本体価格 2,200円)
紙の書籍・POD・アーカイブズの価格を表示しています。
電子書籍の価格は各ネット書店でご確認ください。
在庫あり
発刊年月
2022.04(上旬)
ISBN
978-4-535-78957-9
判型
A5判
ページ数
248ページ
Cコード
C3041
ジャンル
難易度
テキスト:中級

内容紹介

代数学でつまずいた学生を想定して書かれた本。演習問題で計算体験を習得し、証明のパターンを身に着けることに主眼を置いた。

目次

はじめに

第0章 準備
0.1 集合                                  
0.2 写像                                  
0.3 自然数の素因数分解                          
0.4 多項式の剰余定理と因数定理                      
0.5 行列の掛け算の構造
                         
第1章 模様の規則性と変換群
1.1 模様の規則性・対称性と群                      
1.2 変換群と軌道
                             
第2章 群と軌道分解
2.1 群                                    
2.2 部分群                                
2.3 部分群による軌道分解                        
2.4 2面体群D_6の部分群の研究
                     
第3章 群の準同型写像
3.1 演算規則を保つ写像                          
3.2 軌道の団体行動と正規部分群
                     
第4章 対称群
4.1 対称群S_n                                
4.2 S_4の研究
                               
第5章 群の準同型写像と同型定理
5.1 同型定理と準同型写像の作り方                    
5.2 剰余群における部分群  
                     
第6章 群の直積
6.1 直積                                  
6.2 有限巡回群の構造  
                         
第7章 環と体
7.1 環と体                                
7.2 環の準同型写像
                           
第8章 環上の加群
8.1 ベクトル空間から環上の加群へ                    
8.2 加群の準同型写像と剰余加群                      
8.3 環上の加群特有の現象  
                       
第9章 イデアル
9.1 イデアルと剰余環                            
9.2 多項式環のイデアル                          
9.3 剰余環のイデアルと極大イデアル                    
9.4 孫子の剰余定理  
                           
第10章 有限体と多項式環
10.1 有限環と有限体                            
10.2 有限体上の多項式環                          
10.3 有限体の乗法群  
                           
第11章 有限体の応用
11.1 有限体上の幾何学                            
11.2 多項式環のイデアルと線形符号の一例
               
演習問題の解答
文献案内