書籍詳細:社会に最先端の数学が求められるワケ(1)

社会に最先端の数学が求められるワケ(1) 新しい数学と産業の協奏

の画像の画像
  • 紙の書籍
  • 電子書籍
定価:税込 2,750円(本体価格 2,500円)
紙の書籍・POD・アーカイブズの価格を表示しています。
電子書籍の価格は各ネット書店でご確認ください。
在庫あり
発刊年月
2022.03
ISBN
978-4-535-78959-3
判型
四六判
ページ数
232ページ
Cコード
C3041
ジャンル

内容紹介

社会のさまざまな問題を解決するために、どのような数学が必要なのか。第1巻では数学と産業界で交差する研究を紹介する。

目次

座談会 産業と数学におけるキャリアパスと人材育成
 ……小磯深幸+佐古和恵+高田 章+高橋桂子+若山正人+
   吉脇理雄+高島洋典(司会)

序章 数学の展開に期待して――人類の知識財産の活用(若山正人)

第1章 社会、産業と最適化

第2章 量子情報処理

第3章 耐量子計算機暗号

第4章 数理ファイナンスと金融工学

第5章 力学系と安定性、制御、感染症の数理

第6章 不確実性:数学・数理科学の視点から

第7章 ネットワーク、グラフとSNS

第8章 数学のひろがり――行列式と因数分解の視点から

書評掲載案内

■『日経サイエンス』2022年7月号 P110にて掲載