書籍詳細:公務員の法的地位に関する日独比較法研究

公務員の法的地位に関する日独比較法研究

の画像の画像
  • 紙の書籍
  • 電子書籍
定価:税込 6,820円(本体価格 6,200円)
紙の書籍・POD・アーカイブズの価格を表示しています。
電子書籍の価格は各ネット書店でご確認ください。
在庫あり
発刊年月
2022.02
ISBN
978-4-535-52614-3
判型
A5判
ページ数
372ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

雇用の不安や処遇格差が問題となっている公務員の非正規化について、日本とドイツの比較を通じてあるべき公務員の地位を探求する。

目次


はしがき

序 章

第1編 ドイツ法

 序
 
第1章 基本法下における「複線型」公務員制度の意義

 第2章 基本法下における職業官吏制度の基本理念と官吏の法的地位

 第3章 基本法下における公務被用者の法的地位

 第4章 「統一的」公勤務法と公務従事者の法的地位

 第5章 ドイツ法の整理・分析


第2編 日本法

 序

 第1章 日本法の検討に際して必要となる基本的視点

 第2章 雇用保障――「非正規」公務員を題材とした検討

 第3章 労働条件決定

終章 残された課題と今後の展望