書籍詳細:憲法講義[第3版]

憲法講義[第3版]

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 4,180円(本体価格 3,800円)
在庫あり
発刊年月
2022.03
ISBN
978-4-535-52563-4
判型
A5判
ページ数
560ページ
Cコード
C3032
ジャンル
難易度
テキスト:初級

内容紹介

条文・解釈・判例・学説を解説し、憲法状況を捉え、歴史をふまえ現実に立ち向かうツールとしての憲法理論を追求する教科書の第3版。

愛敬浩二・伊藤雅康・植松健一・植村勝慶・大河内美紀・塚田哲之・本 秀紀=著

目次


第1部 総論

第1章 憲法というものの考え方

第2章 歴史と比較のなかの憲法

  第1節 近代国家の形成と立憲主義
  第2節 近代市民革命と近代立憲主義
  第3節 近代立憲主義の現代的変容

第3章 日本の憲法

  第1節 大日本帝国憲法
  第2節 日本国憲法の成立
  第3節 日本国憲法の展開

第4章 国民主権と象徴天皇制度

  第1節 国民主権
  第2節 象徴天皇制度

第5章 非軍事平和主義

  第1節 日本国憲法の平和主義の特質
  第2節 憲法9条の解釈と運用
  第3節 1990年代以降の軍事的展開と憲法

第6章 憲法の変動と保障

  第1節 憲法の保障
  第2節 非常状況と憲法
  第3節 憲法の変動


第2部 統治の仕組み──各論(1)

第1章 統治の基本構造

第2章 政治部門

  第1節 民主政の全体像
  第2節 国民代表と政党民主政
  第3節 政治参加の権利と制度
  第4節 議院内閣制
  第5節 財政
  第6節 地方自治

第3章 司法部門

  第1節 司法権
  第2節 違憲審査制


第3部 権利の保障──各論(2)

第1章 人権総論

  第1節 人権とは何か(人権の観念)
  第2節 基本的人権の保障と日本国憲法第3章の構成
  第3節 人権の享有主体
  第4節 人権の妥当範囲

第2章 平等

第3章 精神的自由

  第1節 思想・良心の自由
  第2節 信教の自由
  第3節 表現の自由
  第4節 学問の自由

第4章 経済的自由

  第1節 職業の自由
  第2節 財産権
  第3節 居住、移転、外国移住、国籍離脱の自由

第5章 人身の自由と適正手続の保障

  第1節 人身の自由の意義
  第2節 適正手続の保障
  第3節 令状主義
  第4節 その他の刑事手続上の権利

第6章 現代的人権

  第1節 社会権
  第2節 家族をめぐる法と権利
  第3節 新しい人権