書籍詳細:アフリカの零細鉱業をめぐる社会構造

アフリカの零細鉱業をめぐる社会構造 貧困解消に向けたタンザニアの零細鉱業支援のあり方

の画像の画像
  • 紙の書籍
予価:税込 8,250円(本体価格 7,500円)
発刊年月
2021.12
ISBN
978-4-535-54020-0
判型
A5判
ページ数
232ページ
Cコード
C3033
ジャンル
難易度
テキスト:中級

内容紹介

アフリカにおいて零細鉱業は貧困層の重要な生計手段である。零細鉱業が社会にもたらす影響性を踏まえ、あるべき支援の方途を探る。

目次

1 研究の枠組と意義

序章 問題の所在
 1.1 零細鉱業とはなにか
 1.2 零細鉱業のインフォーマル性と貧困の罠
 1.3 零細鉱業への国際社会と政府の対応、そしてその限界
 1.4 本書のねらいと仮説

第2章 零細鉱業を取り巻く行政・社会構造-既往研究のレビューから
 2.1 貧困解消に向けた零細鉱業支援の隘路
 2.2 地域の実態をどう捉えるか-零細鉱業と脱農業化
 2.3 零細鉱業者のモビリティをどう捉えるか
 2.4 社会性をどう捉えるか-零細鉱業の社会的な機能
 2.5 小活-既往研究に照らした本書の意義


2 タンザニア国ゲイタ県の零細金鉱業

第3章 タンザニアの零細鉱業とその立場の変化
 3.1 タンザニアの零細鉱業
 3.2 タンザニアにおける金鉱山開発の成り立ちと零細金鉱業の立場
 3.3 タンザニア政府による制度的・政策的対応
 3.4 小活

第4章 ゲイタ県の零細金鉱業-調査対象地における零細鉱業活動
 4.1 ゲイタ県の鉱業活動と零細金鉱業
 4.2 ゲイタ県の零細金鉱業システム
 4.3 ゲイタ県の零細金鉱業の主要アクターの結びつき
 4.4 小括


3 零細鉱業の経済・社会的紐帯

第5章 零細金鉱業における経済的・社会的接続
 5.1 零細金鉱業の組織性とメリット
 5.2 零細金鉱業に内在する社会的セーフティネット
 5.3 小括

第6章 零細鉱業者の多様性と経済的・社会的接続
 6.1 ニャルグス郡とルワンガサ郡の調査対象者の特徴
 6.2 出身地と零細鉱業者の経済的・社会的の接続の関係
 6.3 零細金鉱業の経済的・社会的接続と地域社会とのかかわり
 6.4 小活


4 零細鉱業者の脱農業化と地域社会とのかかわり

第7章 脱農業化と農民の零細鉱業へのかかわり
 7.1 零細鉱業者は鉱業を安定的と捉えているのか
 7.2 零細鉱業を生計手段としてどう活用しているのか
 7.3 調査対象者は農業にどのようにかかわっているのか
 7.4 小活

第8章 脱農業化と社会変容         
 8.1 脱農業化と農民の地域コミュニティへのかかわり
 8.2 脱農業化がもたらす社会変容の可能性‐分析からいえる顕著な点
 8.3 小括

第9章 脱農業化と零細鉱業者の地域とのつながり
 9.1 零細鉱業者のルワンガサ地区への定着度
 9.2 零細鉱業者のルワンガサ地区への定着度と地域への関わり
 9.3 零細鉱業者の地域とのつながりと背景要因
 9.4 小活


5 零細鉱業への支援のあり方を考える

第10章 タンザニアの零細鉱業に対するタンザニア政府の対応
 10.1 零細鉱業のフォーマル化に向けた制度上の構造要因
 10.2 小活

第11章 タンザニアの農村自治体を通じた零細鉱業支援の可能性
 11.1 タンザニアの鉱業行政機構と地方自治機構
 11.2 零細鉱業者の農村自治体への帰属意識
 11.3 零細鉱業者の農村自治体との関係
 11.4 零細鉱業者の村との関係性から見える中央行政に対する認識
 11.5 小活

第12章 タンザニアの貧困解消に向けた零細鉱業支援
 12.1 零細鉱業における生産と家計収入の関係
 12.2 生産無のグループを支援対象とすることの妥当性
 12.3 考察と政策的含意
 12.4 小活

終章