書籍詳細:数学文化 第36号

数学文化 第36号

の画像の画像
  • 日本数学協会
  • 編集
  • 紙の書籍
予価:税込 1,760円(本体価格 1,600円)
発刊年月
2021.08
ISBN
978-4-535-60266-3
判型
B5判
ページ数
112ページ
Cコード
C3041
ジャンル

内容紹介

論理的とはどういうことか? どうすれば身に付けられるのか? 論理と非論理をめぐって、さまざまな視点から論じる意欲的特集。

目次

_____________________________________________________

特集=数学の論理・社会の論理・日常の論理
_____________________________________________________

数学と論理をめぐって(仮題)……上野健爾
定義とは何であったか、何であり、何であるべきか
  ……長岡亮介
論理にとって「文学」とは何か……紅野謙介
論理の果ての現象……矢崎成俊
「奴隷の仕事」の復権……竹山美宏
  *
子どもの論理・子どもの感じ……谷口 隆
科学コミュニケーションと論理(仮題)……内田麻理香
論理 論理 論理……吉田弘幸
PCR検査の統計と論理……谷 克彦
  *
論理的思考のためのブック・ガイド……宮永 望
_____________________________________________________

●読み物
中日数学の近代化の歩みが意味するもの……薩日娜 
早川学而と「初等数学」……松田康雄

●歴史小説[第14回]……鳴海 風

●遠山啓『数学入門』を読む[12]……宮永 望

●巻頭言/記号から概念へ……清水勇二

●エッセイ……寺尾憲二・宮城清次郎

●数学月間だより……谷 克彦