書籍詳細:いのちの電話を支える

いのちの電話を支える ボランティア実践の方法

の画像の画像
  • 紙の書籍
予価:税込 2,200円(本体価格 2,000円)
発刊年月
2021.07(上旬)
ISBN
978-4-535-56402-2
判型
四六判
ページ数
192ページ
ジャンル

内容紹介

非専門家のボランティアによって支えられるいのちの電話。傾聴のありかた、研修の方法など相談員を続けるための心構えを伝授する。

目次

第一部 いのちの電話とは

1. ボランティアによる電話相談――その特徴
 1 はじめに
 2 電話でのコミュニケーションの特徴
 3 専門家と非専門家ボランティアの違い
 4 かけ手との絆をつくるための基本的な態度
 5 傾聴の姿勢と支援のあり方

2. 電話相談としてのいのちの電話活動の基本
 1 はじめに
 2 ボランティアであることの三つの契約
 3 いのちの電話の基本線

3. 対応に困難を感じる電話
 1 いのちの電話における危機介入について
 2 自殺関連電話について
 3 性と電話――セックステレフォンに関わって
 4 その他の対応に困難を感じる電話


第二部 いのちの電話の相談員になって

1. いのちの電話で研修を続ける意義
 1 はじめに
 2 いのちの電話で研修が必要なわけ
 3 傾聴力を高めるための研修とは

2. グループ研修について
 1 はじめに
 2 グループ研修に参加すること
 3 グループ研修でのファシリテーターについて
 4 ロールプレイの多様性
 5 いのちの電話のロールプレイの原則から離れてみる

3. スーパービジョンについて
 1 はじめに
 2 いのちの電話でのスーパービジョンとは
 3 いのちの電話におけるスーパービジョンの役割
 4 いのちの電話でスーパービジョンが必要なわけ
 5 自分のくせについて気づくために
 6 スーパービジョンの実施の仕方(一対一のとき)
 7 いのちの電話の電話相談としての特殊性、限界性とスーパービジョン

4. 相談員の傾聴力を高めるための研修
 1 相談員の傾聴力を高める条件
 2 自分の傾聴力に気づく方法
 3 傾聴力を高めるための研修
 4 傾聴力とロールプレイ


第三部 いのちの電話の相談員を取り巻く活動

1. いのちの電話でのファシリテーターの役割
 1 はじめに
 2 ファシリテーターとは何か
 3 ファシリテーターの心得七か条
 4 ファシリテーターの働き
 5 いのちの電話のグループ研修におけるファシリテーターの役割
 6 いのちの電話におけるスーパーバイザーとグループ研修における
   ファシリテーターの役割の共通性と違い

2. 安心・安全な場をつくること
 1 はじめに――安心と心理的な安全な風土の必要性
 2 自分の心に注意を向ける――気づきを妨げる心の働き

3. 相談員を続けることとやめること
 1 電話相談員の継続について
 2 相談員をやめたいと思ったことについての調査

4. 日本の電話相談の発展――いのちの電話と電話相談学会を中心に
 1 はじめに
 2 電話相談の実践と研究の展開

おわりに
参考・引用文献