書籍詳細:私の科学者ライフ

私の科学者ライフ 猿橋賞受賞者からのメッセージ

の画像の画像
  • 女性科学者に明るい未来をの会
  • 紙の書籍
  • 電子書籍
定価:税込 2,090円(本体価格 1,900円)
紙の書籍・POD・アーカイブズの価格を表示しています。
電子書籍の価格は各ネット書店でご確認ください。
在庫あり
発刊年月
2021.03
ISBN
978-4-535-78930-2
判型
四六判
ページ数
296ページ
Cコード
C3040
ジャンル

内容紹介

優れた業績を挙げた女性科学者に贈られる「猿橋賞」。高校生・大学生や若手研究者に向けて、受賞者たちが研究者人生を語ります。

目次

はじめに

興味に支えられて/(第21回)永原裕子

猿橋先生との出会いそしてその後/(第22回)眞行寺千佳子

天命に任せて、その中で人事を尽くす/(第23回)深見希代子

三世代の衝突型加速器とともに/(第24回)小磯晴代

数学の時代到来?/(第25回)小谷元子

前例を作り、道を創る/(第26回)森 郁恵

発見のわくわくを糧に/(第27回)高薮 縁

若い女性研究者の方へ
  ーーもし参考になれば幸いです/(第28回)野崎京子

私のRNA研究と来し方行く末を語ってみる/(第29回)塩見美喜子

発生生物学とともに生きる楽しさ/(第30回)高橋淑子

古気候の謎に挑んで/(第32回)阿部彩子

原子核理論研究の楽しさ/(第33回)肥山詠美子

どこまでも私らしく/(第34回)一二三恵美

研究者としての道のり
  ーー植物の発生の謎に迫る/(第35回)鳥居啓子

古生物学者、猿橋賞をいただきました!/(第36回)佐藤たまき

見えないものに気づきたい/(第37回)石原安野

地殻の絶対応力場の推定を目指して/(第38回)寺川寿子

受賞者としての責務/(第39回)梅津理恵

私が素粒子物理学者になったわけ/(第40回)市川温子


おわりに
女性科学者に明るい未来をの会「猿橋賞」受賞者一覧