書籍詳細:遺伝子社会学の試み

遺伝子社会学の試み 社会学的生物学嫌バイオフォビアいを超えて

の画像の画像
  • 紙の書籍
  • 電子書籍
定価:税込 5,720円(本体価格 5,200円)
紙の書籍・POD・アーカイブズの価格を表示しています。
電子書籍の価格は各ネット書店でご確認ください。
在庫あり
発刊年月
2021.03
ISBN
978-4-535-58756-4
判型
A5判
ページ数
264ページ
Cコード
C3030
ジャンル

内容紹介

個人の遺伝子属性と社会的行動との関連を分析。日本の社会学がバイオフォビアを克服する上でのマイルストーンとなる画期的業績。

目次

まえがき――バイオフォビア・ボーナスを求めて

●第一部 遺伝子社会学の試み
_________________________________

1 ツイッター遺伝子の発見?
  ――SNP(遺伝子一塩基多型)rs53576解析による遺伝子社会学の試み
   ……桜井芳生・西谷 篤・赤川 学・尾上正人・安宅弘司・丸田直子
_________________________________

目的 

方法 

結果

議論

展望
_________________________________

2 現代若者「生きにくさ」に対する、
  セロトニントランスポーター遺伝子多型5-HTTLPRの効果
    ……桜井芳生・西谷 篤・尾上正人
_________________________________

はじめに

方法と対象

結果

議論
_________________________________

3 (補論)セロトニントランスポーター遺伝子多型における
  ヘテロ二本鎖解析の検討 ……西谷 篤・桜井芳生
_________________________________

目的

方法

結果

考察
_________________________________

4 日本若年層の「スマホゲーム」頻度に対する、
  遺伝子一塩基多型(SNP)rs4680の看過しがたい効果
    ……桜井芳生・西谷 篤・尾上正人・赤川 学
_________________________________

はじめに 

方法と対象

結果

議論


●第二部 社会学的生物学嫌バイオフォビアいを超えて
_________________________________

5 「社会学の危機」から、「バイオダーウィニスト」の「理解」社会学へ
     ……桜井芳生
_________________________________

はじめに:社会学の危機?

コスミデスとトゥービーによる、「標準的社会科学モデル」批判

現代バイオダーウィニズム援用による、理解社会学の再位置づけ

(理解)社会学への懐疑

セオリーオブセオリーとセオリーオブマインド

理解社会学「も」。しかし、バイオフォビア「ではなく」

同時同一対象二種認知の困難性:仮説

社会学的バイオフォビアからの自覚的脱却
_________________________________

6 高田少子化論の進化論的基盤 ……赤川 学
_________________________________
はじめに

高田保馬の少子化論

高田少子化論の進化論的意味

格差婚における進化時間と歴史・文化時間

おわりに
_________________________________

7 育ち(Nurture)の社会生物学に向けて
  ――共進化とエピジェネティクスから見た社会構築主義
    ……尾上正人
_________________________________

はじめに:「生まれ」から「育ち」へ

社会生物学から共進化説へ

エピジェネティクスの問題系

社会構築主義をどう評価すべきか

おわりに:「育ち」の社会生物学に向けて
_________________________________

8 進化社会学的想像力
  ――3つの進化社会学ハンドブックの検討と進化社会学的総合
    ……三原武司
_________________________________

はじめに

進化社会学のハンドブックとその概要

進化社会学における論点

進化社会学的想像力

_________________________________

9 「女性特有の病気だから」という理由で沈黙せざるを得ない父親たち
  ――ターナー症候群の娘を持つ父親たちの「生きづらさ」とは何か
    ……高口僚太朗
_________________________________

問題設定及び目的と方法

ターナー症候群とは

Aさんの事例

Bさんの事例

Cさんの事例

聞き取りの結果と分析

結語
_________________________________

10 バイオダーウィニズムによる〈文化〉理論
  ――なんの腹の足しにもならないのに、、、
    ……桜井芳生
_________________________________

イントロダクション

〈文化〉の定義

イメージメーキングのための、ケーススタディ(計量研究)

第一・第二成分の検算的解釈と第三成分の解釈修正。
「方面」とそれへの「3つの対処」

3つめの手

枠組み・理論の構図

一戦線モデルと全戦線モデル

〈文化的〉満足とは?

マイナー定義による〈文化〉

バイオダーウィニズムにおけるミスマッチ論

現代社会学における「理論」とは

この理論は、ユニークである
_________________________________

11 「待ち時間」としてのヒトの長い長い子ども期
   ――社会化説、アリエス、そして生活史不変則へ
     ……尾上正人
_________________________________

はじめに:「何のために?」という問いの危険性

社会化説

アリエス説:子ども期の意味の歴史的相対化

チャーノフの生活史不変則

長い長い子ども期の帰結

おわりに:子どもは育てるよりもまず、育つもの
_________________________________

12 ある種の両性生殖生物のオス(たとえばヒトの男)は、
  なぜ母子を扶養するのか――岸田秀を超えて
    ……桜井芳生
_________________________________

要約

扶養するオス

岸田秀のセックス=扶養対価サービス説

わたしの答案

タダ乗りの余地

メスの利害状況はオスとはまったく異なる

「タカ-ハト」ゲーム的、「野武士とお百姓さん」ゲーム的 

岸田説再考

諸帰結

本稿、第二の結論
_________________________________

13 高緯度化と農耕を通じた女の隷属
  ――性分業・家父長制への新たな視座
    ……尾上正人
_________________________________

はじめに:元始、女性は太陽ではなかったとしても…

母権制・「家母長制」は存在しなかった

メス独自の階層形成と権力:霊長類学の知見から

本源的な性分業とその解体

おわりに:自然主義の誤謬と道徳主義の誤謬
_________________________________

14 若者の若者文化離れ仮説への、ホルモン時系列推移の状況証拠
    ……桜井芳生
_________________________________

要約

サトシ・カナザワの「年齢とともに生産性が低下する理由:
犯罪と天才のつながり」

若年男性の犯罪(率)も、男性の文化的創造性も、
そのかなりの部分が「性的淘汰への適応物」か

わたし(ヒトのオス)もあなた(ヒトのオス)も、ムシキング! 仮説

○○ッターは、バカッター?!

「コロナ・チャレンジ」も同断?

若者の、若者文化離れ・仮説=その1、事実仮説

若者の、若者文化離れ・仮説:説明仮説その1=環境ホルモン説再考

若者の、若者文化離れ・仮説:説明仮説その2=恋愛や結婚、

コスパ悪すぎる、仮説

若者の若者文化離れ仮説への、ホルモン時系列推移の状況証拠


あとがき――われわれはなぜ「実験」にこだわったのか?

書評掲載案内

■「日刊サイゾー」2020年4月14日 (10:00)にて掲載
「優生学に直結する」と思考停止するほうが問題だ! 「遺伝子社会学」が追究する“格差”の正体とは? 」(文=飯田一史氏)
https://www.cyzo.com/2021/04/post_274499_entry.html