書籍詳細:光る生き物の科学

生態系の情報世界 光る生き物の科学 発光生物学への招待

の画像の画像
  • 紙の書籍
  • 電子書籍
定価:税込 3,520円(本体価格 3,200円)
紙の書籍・POD・アーカイブズの価格を表示しています。
電子書籍の価格は各ネット書店でご確認ください。
在庫あり
発刊年月
2021.06(中旬)
ISBN
978-4-535-80511-8
判型
A5判
ページ数
232ページ
Cコード
C3045
ジャンル
難易度
テキスト:中級

内容紹介

古来人々の好奇の対象でありつづけてきた生物の発光。進化を軸に体系化された「発光生物学」がその謎に迫る。新シリーズ刊行開始。

目次

序章 発光生物学とは
    ――発光生物の研究が「学」になるまで

間章 レジェンドたちの横顔

第1部 発光生物学概論

第1章 発光生物の定義

第2章 発光生物の博物学

第3章 生息環境と発光の意義

第4章 光のコントロール

第5章 発光メカニズム、自力と他力


第2部 発光生物たちの進化劇

第6章 FACS起源仮説

第7章 ウミホタルが浅海発光魚を進化させた

第8章 カイアシ類が深海発光生物の多様性をもたらした

終章 生物進化から見た発光生物学

参考文献
おわりに

書評掲載案内

■『中日新聞(愛知県版)』2021年12月21日(火)17面にて掲載
「「発光生物が光る謎」へご招待」
「仕組みや研究史紹介 「若い人に踏み込んでもらえたら」」

参考リンク

YouTube(生物紹介)

公式YouTubeチャンネルで本書に登場する発光生物の動画を一部公開中です。