書籍詳細:ウーマン・ライフ

ウーマン・ライフ ジェンダーはいかにして形成されるか

の画像の画像
  • バーニス・ロット
  • 西村 恕彦
  • 山田 恭子
  • 栗田 道子
  • 入野田 千壽子
  • 監訳・訳
  • 紙の書籍
定価:税込 5,076円(本体価格 4,700円)
在庫なし
発刊年月
1998.05
旧ISBN
4-535-56072-2
ISBN
978-4-535-56072-7
判型
A5判
ページ数
728ページ
Cコード
C3036
ジャンル

内容紹介

性差は、教育・マスコミ・文化などの社会的装置によって、日常的に形成され固定観念となっていく。その装置を細部まで丹念に点検し「女性化」の全システムを暴き出す。米国女性心理学会出版特別賞作品の第2版の翻訳。

目次

第1章 序論
     ─「わたしは女ではないのか」
第2章 「女のお子さんですよ」
     ─少女の本質
第3章 幼児期と幼少期
     ─どのようにして女の子になるかを学ぶ
第4章 青年期
     ─混在するメッセージと真の選択
第5章 月経
     ─力か呪いか自然のリズムか
第6章 セクシュアリティ
第7章 結びつき
     ─愛、結婚、その他の選択
第8章 成人女性と少女に対する暴力
第9章 受胎調節、妊娠、出産
第10章 子育て
第11章 家庭の外での仕事
     ─不平等と挑戦
第12章 成人の人格と幸福
     ─文化の期待
第13章 中年以降
     ─変化と満足
第14章 女性が望むこと
     ─新しい方向と戦略