書籍詳細:体制転換における国家と市場の相克

体制転換における国家と市場の相克 ロシア、中国、中欧

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 6,160円(本体価格 5,600円)
在庫あり
発刊年月
2021.03
ISBN
978-4-535-55991-2
判型
A5判
ページ数
320ページ
Cコード
C3033
ジャンル

内容紹介

1989年ベルリンの壁崩壊から30年を振り返り、中国、ロシア、中欧の体制転換を概観。特に政治と経済の関係、国家の役割に着目する。

目次

序にかえて

第1部 総論
第1章 体制転換の分析視覚と課題ーー国家と経済の関係をどう捉えるか……盛田常夫・タテヤマ・ハンガリー顧問(元法政大学教授)
第2章 ロシアから見た体制転換と国家浸透経済……溝端佐登史・京都大学経済研究所所長
第3章 移行経済論4つの教訓……岩﨑一郎・一橋大学経済研究所教授
第4章 指令経済から(周辺)資本主義へーハンガリーでの30年にわたる社会・経済面の以降からの教訓……ボッド・ピーテル・アーコシュ/コルビヌス大学教授(元中銀総裁、元経済相) 日臺健雄 和光大学准教授翻訳
第5章 ポスト協賛主義期のチェコにおける国家と市場
    ……マルチン・ポチュチェク/カレル大学教授
   (元年金改革政府特別委員会議長) 
   日臺健雄/和光大学准教授 翻訳

第2部 各論
第6章 「緊縮と反緊縮」からみた中国の経済体制……梶谷懐/神戸大学教授
第7章 中国の国家と資本……渡邉真理子/学習院大学教授
第8章 ロシア国家資本主義と知識経済への転換
    ……溝端佐登史/京都大学経済研究所所長&杉浦史和/帝京大学教授
第9章 新興国のキャッチアップと国家資本主義論……日臺健雄/和光大学准教授
第10章 欧州新興市場国におけるキャッチアップ戦略……池本修一/日本大学教授
第11章 ハンガリーの生産とイノベーション……田中宏/立命館大学教授
第12章 ポーランドの体制転換……田口雅弘/岡山大学教授

書評掲載案内

■『週刊ダイヤモンド』2021年4/10号 P80
ブックレビュー:「知を磨く読書 第389回」にて紹介。
評者:佐藤 優(作家・元外務省主任分析官)