書籍詳細:原発再稼働と公法

原発再稼働と公法

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 6,600円(本体価格 6,000円)
在庫あり
発刊年月
2021.02
ISBN
978-4-535-52533-7
判型
A5判
ページ数
282ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

原発の再稼働に際し、原子力法制はいかにあるべきか。憲法・行政法・環境法の視点から新たな法システムの提言をする。

目次

第1部 総 論
第1章 原子力法制度に求められる機能とは何か……山下竜一
第2章 脱原発と財産権……小山 剛

第2部 制度論
第3章 原子力規制委員会に関する一考察
     ーー行政法学におけるアカウンタビリティ試論……深澤龍一郎
第4章 規制基準とリスクの社会的受容性……黒川哲志
第5章 新規制基準における原子力安全の論理
     ーー継続的更新性・科学的客観性・民主的正統性・
     公益適合性確保の視点からの検討……岸本太樹
第6章 伝統的許可制度の現代的変容
     ーー原子炉設置許可とバックフィット命令を素材にして
     ……米田雅宏
第7章 原子炉等規制法における新たな規制制度に関するノート
     ……川合敏樹
第8章 自治体の関与の正統性と法的根拠
     ーー安全規制への周辺自治体の関与を中心に……中嶋直木
第9章 わが国における原子力災害対策の過去と現在……小澤久仁男
第10章 原発再稼働とバックエンド問題……亘理 格

第3部 訴訟論
第11章 福島第一原発事故国家賠償請求訴訟の現状と展望……児玉 弘
第12章 原発訴訟における地方自治権の裁判的保護
     ーードイツ原発訴訟から観た大間原発訴訟の原告適格論
     ……白藤博行