書籍詳細:ホワイトカラーの社会史

ホワイトカラーの社会史

の画像の画像
  • 壽里 茂
  • 紙の書籍
定価:税込 5,400円(本体価格 5,000円)
在庫なし
発刊年月
1996.03
旧ISBN
4-535-58202-5
ISBN
978-4-535-58202-6
判型
A5判
ページ数
266ページ
Cコード
C3036
ジャンル

内容紹介

独におけるアンゲシュテルテ、英のブラックコート、仏のコール、米国等を中心に教育・社会構造と関連づけつつ、その生成と発展の歴史的・社会的事実を丹念に分析し、ホワイトカラー階層の社会史を鳥瞰する力作。

目次

第1章 序説
1 ホワイトカラー・イメージ形成
2 「職業のサラダ」
3 機能委任と権限委任
4 中心と周辺
5 社会(階層)史の試み
第2章 クラークシップとオフィス
1 クラークシップ
2 ブラックコートとキャリア形成
3 上昇移動の機会構造
4 社会的閉鎖性
5 管理意識と管理階層
第3章 ホワイトカラー階層の生成
1 「歴史の忘却」
2 「コモンマン」の時代
3 「中流」の社会構造
4 「成功神話」
5 ホワイトカラー市場の形成
6 ホワイトカラーと教育システム
7 中流価値へのアクセス
第4章 オフィスの時代
1 スカイクレーパー
2 法人資本主義の確立過程
3 「内部官僚制」の形成
4 専門経営者への道
5 人的資源動員
第5章 女性化への離陸
1 ホワイトブラウスの世界
2 女性化への離陸
3 機械化と女性化
4 ジェンダーとオフィス
5 性的分業
6 プロレタリア化論争
7 女性労働市場の拡大
第6章 比較的文脈
1 「私的官僚」
2 資格社会
3 「官僚制的統制」
4 社会立法
5 カードル階層の構造
6 カードル市場の構成
7 経営権力とカードル
第7章 公務員世界の構造
1 「官僚制化」への道
2 官僚制的後期家産制の展開
3 「シビルサービス」の形成
4 官職と「教養市民層」
5 「法服貴族」から「国家貴族」へ
6 アメリカ官僚制とスポイルズシステム
むすび