書籍詳細:東映動画史論

東映動画史論 経営と創造の底流

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 3,520円(本体価格 3,200円)
在庫あり
発刊年月
2020.09
ISBN
978-4-535-55963-9
判型
A5判
ページ数
368ページ
Cコード
C3034
ジャンル

内容紹介

親会社をもしのぐ一大IP企業となった東映アニメーション。気鋭の研究者が発掘史料を駆使し、労使と創造を巡る苦闘の歩みに迫る。

目次

序章

  問題設定
  先行研究
  方法論と史料
  語句の用法
  本書の構成

第一章 発足と模索

  東映動画発足の背景
  初期作品における模索
  労働組合の成立

第二章 増産と蓄積

  劇場用作品
  テレビシリーズ制作とその影響
  労使関係

第三章 開花と破綻

  長編制作規模の縮小
  テレビシリーズの拡大と制作体制の合理化
  輸出と合作の実態
  経営危機と人員削減

第四章 改革と復興

  経営の再建
  市場と経営規模の拡大
  新人採用の再開へ

補章 東映アニメーションへ

  九〇年代以降の作品群
  雇用と教育
  フィリピン発注の開始と定着
  デジタル技術の開発と導入
  株式上場
  小括

終章

  理論との架橋
  普遍性と特殊性
  今後の課題